仕事の対処法

仕事を精神的な理由で休む時の伝え方ってどうしたらいい?

精神的な理由で仕事を休みたい。

 

でもその時はどのように上司に伝えたらいいか?ちょっと迷いますよね。

 

それに風邪をひいて熱が出たわけでもないのに、仕事を休んで良いか悩みます。

 

実は私は、精神的な理由で仕事を休んだ事があるのですが、今思えば、あの時仕事を休んで良かったです。

 

というのも、その次の日からはスッキリした気持ちで仕事に行けたからです。

 

そこで、私が精神的な理由で仕事を休んだ時どのように職場に伝えたか?また休んだ日はどのように過ごしたか?をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

精神的に疲れたから休みたい…で休んでもいい?

私が精神的な理由で仕事を休んだ時は、正直なところ、休むことに迷いはありませんでした。

 

ぷーこ
ぷーこ
もう無理だ…と思ったので、前日から休むことを決めていました。

 

病院に行くほど限界ではなかったですが、ずっと心身ともに疲れていたところに、理不尽な出来事が重なって、もう無理だと思ったんです。

 

だから、「もう明日は休もう」と前日から休むことを決めていました。

 

そして予定通り次の日は休みました。

 

でも、あの時は休んで良かったと思っています。

 

ぷーこ
ぷーこ
というのも、理不尽な出来事もこれでチャラになったような気になったからです。

 

そして結果的に、その次の日はスッキリした気持ちで仕事に向かうことができました。

 

だから、精神的な理由であっても、仕事は休んでいいと思うんですよね。

 

もちろん、できるだけ他の人に迷惑は掛けないようにした方がいいですが、誰だって仕事ができない精神状態になることはあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
もう無理だ!って時は誰にでもありますよね。

 

それに、そこで無理をしたら、本当に精神的に辛くなって、長期で休職することになるかもしれません。

 

そのような状態になる前に、早めに休んで回復する方が、職場の人には迷惑を掛けません。

 

だから、精神的な理由であっても、仕事を休んでリフレッシュし、また仕事を頑張るようにしたらいいと思います。

 

精神的な理由で休む時の伝え方どうしたらいい?

ただそのような場合、上司になんと言って仕事を休んだらいいか迷いますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「精神的に疲れたので休みます」と言ったら、必要以上に心配を掛けてしまいそうです。

 

だから、素直に「メンタル的な不調なので休みます」とは言わない方が無難です。

 

とはいえ、嘘をついて休むのは、何となく罪悪感がありますよね。

 

そんな時は、

 

  • 体調不良でお休みさせていただきます。
  • 朝から体調が悪いので、お休みさせてください。

 

と言えばOKです。

 

精神的なものであれ、身体的なものであれ、体調が悪いことには変わりないですよね。

 

だから、精神的な理由で仕事を休む時は「体調不良」と伝えても嘘にはなりません。

 

ただ職場によっては、仕事を休む理由が「体調不良」だと、ザックリし過ぎてると思われるかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
どのように体調が悪いの?と思う上司がいるかもしれません。

 

そのような場合は、精神的にしんどい事からくる身体的な症状があれば、そのことを伝えるといいです。

 

例えば、頭痛やめまい・吐き気など、メンタル的な不調で体調を崩すことってありますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
私の場合、吐き気があったので、「気分が悪くて吐き気がするのでお休みします」と伝えました。

 

そうすると上司はすぐ納得してくれたので、具体的にしんどい身体的な症状を伝えるといいですよ。

 

スポンサーリンク

休む連絡をしたらどう過ごす?

ただせっかく休んだのに、ゆっくり過ごさなければ意味がありません。

 

精神的な理由で仕事を休むと、「頑張れば仕事に行けたかも」と罪悪感をもってしまいがちです。

 

でも、罪悪感を覚えてしまうと、せっかく休んだのに意味がなくなってしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
意味がないどころか、心苦しいまま一日を過ごして、精神的な不調が悪化してしまいます。

 

それでは、仕事は休んでも「休み」になっていませんよね。

 

だから、せっかく仕事を休んだのなら、「休むこと」に専念すべきです。

 

ぷーこ
ぷーこ
「休むこと」が仕事だと思って、自分の心が回復するように過ごします。

 

例えば、買い物に出掛けたり、カフェでゆっくりしたり、家にこもって好きなドラマを見たり。

 

ぷーこ
ぷーこ
私は家にこもってドラマを見ていました。

 

仕事を休んで好きな事をすると、何だか悪いことをしている気になりますよね。

 

でも、それで回復して次の日に元気に仕事に行けるなら、それはそれで良いと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
休んだ意味がありますよね。

 

だから仕事を休んだ日は、「明日には元気に仕事ができる状態にもっていくのが今日の仕事」と思って、その仕事を全うしたら良いと思います。

 

長い間 仕事をしていたら、精神的にしんどくなって休みたくなることは誰だってあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事をしていたら、精神的に参ってしまうことってありますよね。

 

何年も働き続けようと思ったら、そんな時は仕事を休む自分を許す甘さも必要だと思うんですよね。

 

だから仕事を休んだのなら、思いっきり休むことに専念するといいと思います。

 

そしてその方が、次の日にはスッキリした気持ちで仕事に向かうことができますよ。

 

仕事を精神的な理由で休む時の伝え方ってどうしたらいい?―おわりに―

仕事をしていると、本当に心身ともに疲れてしまう時ってありますよね。

 

何日もそのような不調が続くようであれば病院に行った方がいいですが、それほどではない疲れもあります。

 

そんな時は、早めに休みをとって、身体の調子を整える方がいいです。

 

体の健康だけでなく、心の健康も大事ですよね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村