職場のいつも忙しそうな人に話しかけるコツには何がある? | HSP、生きてるだけですごいよね?
仕事の対処法

職場のいつも忙しそうな人に話しかけるコツには何がある?

職場にいる、いつも忙しそうな人。

 

話しかけるのって難しいですよね。

 

いいタイミングが見つからなくて、焦ったりもします。

 

実は私の職場には、そんな「いつも忙しそうな人」が、けっこういました。

 

そして、私自身も「いつも忙しそうな人」だったことがあるんです。

 

 

そこで、これまでの経験をもとに、

 

  • 職場のいつも忙しそうな人に話しかけるコツ

 

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

職場のいつも忙しそうな人に話しかけるコツは?

職場のいつも忙しそうな人には、どう話しかけたらいいか?

 

ぷーこ
ぷーこ
難しいですよね。

 

それは次のとおりです。

 

 

話す内容を簡潔にまとめておく

まずは、話す内容を簡潔にまとめておくのがいいです。

 

 

いつも忙しい人は、ダラダラと話をされるのを嫌います。

 

「何が言いたいか?わからない」と思われると、イライラされるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「結論は?」と言われます。

 

 

そのため、まずは話す内容を簡潔にまとめる。

 

そうすると、いつも忙しい人に話すときに、イライラされないですよ。

 

 

「○○の件で〇分だけいいですか?」

また、「話したい内容」と「必要な時間」をあらかじめ伝えるのもいいです。

 

 

いつも忙しそうな人は、たくさんの仕事をかかえています。

 

そのため、仕事の優先順位をつねに考えているんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
どうしたら時間内に仕事を終えれるか?を考えています。

 

 

だから、いつも忙しそうな人に話しかけるときは、「○○の件で〇分だけいいですか?」と言う。

 

そうすると、話しかけても嫌な顔をされないですよ。

 

 

ハキハキとスピーディーに話す

また、しゃべるときは、「ハキハキ」と「スピーディー」に話すといいです。

 

 

いつも忙しい人は、常に時間に追われています。

 

そのため、小さな声でゆっくり話すと、ちょっとイライラされます。

 

ぷーこ
ぷーこ
「もっとハッキリ話して!」と思われます。

 

 

そのため、いつも忙しい人と話すときは、「ハキハキ」と「スピーディー」にしゃべる。

 

そうすると、スムーズに会話が進みますよ。

 

 

無理と言われたら引き下がる

また、いつも忙しい人に話しかけて、「今は無理」と言われたら。

 

すぐに引き下がる方がいいです。

 

 

というのも、仕事が忙しいときって、本当に「今は無理」ってことがあるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
お客様の対応をしているときや、どうしても集中したいときなど、いろいろあります。

 

 

そのため、「今は無理」と言われたら、すぐに引き下がる。

 

そのようにする方がいいですよ。

 

 

ただそうすると、次にいつ話しかければいいか?迷いますよね。

 

 

その場合は、

 

  • 「お時間があるときに、声をかけてください」
  • 「メールで送るので、見ておいてください」

 

 

このように、伝えてるといいです。

 

 

いつも忙しそうな人に話しかけるタイミングはいつがいい?

では、いつも忙しそうな人に話しかけるタイミングは、いつがいいのか?

 

 

正直なところ、これは本当に難しいです。

 

というのも、本当にいいタイミングというのは、その人にしか分からないんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
集中しているように見えても、「今なら大丈夫」ってときもあります。

 

 

そのため、いつも忙しそうな人には、とりあえず話しかけてみる。

 

いいタイミングがほとんどないので、話しかける勇気をもつ。

 

 

このことが、大切になってきます。

 

ぷーこ
ぷーこ
いいタイミングがないので、とりあえず話しかけてみます。

 

 

そしてもし、「今は無理」だと言われたら、「では、ご都合がいいときに声を掛けてもらえますか?」と伝える。

 

 

そうすると、いつも忙しい人にとって、いいタイミングで話しかけてくれるはずですよ。

 

 

 

とはいえ、できるなら、少しでもタイミングがいいときに話しかけたいですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
ちょっとでもマシなときに、話しかけたいです。

 

 

その場合は、いつも忙しい人が、集中して仕事をする前。

 

例えば、トイレから戻ったときや、簡単な打ち合わせの直後。

 

 

これらのタイミングで話しかけると、嫌な顔をされる可能性は低いですよ。

 

スポンサーリンク

いつも忙しそうな人に話しかけてはいけないタイミングは?

ただそうとはいえ、「このタイミングでは話しかけない方がいい」というのもあります。

 

 

それは、

 

  • 会議や外出の直前
  • トラブル対応の途中
  • 個人の客に対応しているとき

 

 

これらのタイミングでは、話しかけない方がいいです。

 

言うまでもないですが、これらの場合は、まさに時間がないときですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「今は無理」ってときです。

 

 

そのため、仮に話しかけても「後にして」と言われるので、話しかけない方がいいです。

 

 

それどころか、「時間がないのがわかっているのに、なぜ話しかけるんだ!」と思われる可能性もあります。

 

 

だから、いつも忙しい人には、とりあえず話しかけてみる。

 

そんな勇気も必要ですが、あきらかに大変な状況のときや、時間がないときは避けた方がいいですよ。

 

 

 

いつも忙しそうな人って、本当に話しかけづらいですよね。

 

でも実は、本人も「自分は話しかけづらい存在だ」と気づいているときもあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
自覚している場合もあります。

 

 

ただそれでも、本当に仕事が忙しくて、バタバタしてしまう。

 

いつも忙しそうな人は、そんな状態だったりします。

 

 

だから、忙しそうに見えても、思い切って話かけてみる。

 

そうすると、優しく応じてくれる場合も多いです。

 

 

そのため、話しかける勇気を、少しもってみてほしいなと思います。

 

 

職場のいつも忙しそうな人に話しかけるコツには何がある?―おわりに―

いつも忙しそうな人を見ると、少しは落ち着いてほしいって思いますよね。

 

でも本当に時間がないときって、落ち着くのは難しいです。

 

だから、忙しそうな人は、常にイライラしている。

 

そう思われるかもしれませんが、意外と焦っているだけの場合もあります。

 

それに、「話しかけづらい雰囲気を出して、ごめん」と思っていたりもしますよ。

 

そのため、思い切って話かけると、優しく対応してくれた。

 

なんてことも、あったりします。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村