子ども時代

親に言いたいことを言えないまま育った経験から見る内向的な子への接し方

私も小2の娘も、内向的で繊細な性格です。傷つきやすくて、疲れやすく、怖がりで心配性で緊張をしやすく、不安を感じやすい気質です。

 

ぷーこ
ぷーこ
だから子育てでは、自分がお母さんに
こうして欲しかったな
こんなことして欲しくなかったな
と思うことを意識して、娘に接しています。

それが正解かは分かりません。でも、「お母さんの一言」が、繊細な性格の私には、けっこう重いもので、大人になった今も影響を感じます。

 

ただそれって、悪い影響だけではなく、良い影響を残す事ができる、という事でもあると思うんです。だから、自分の子供の頃の気持ちを、娘の子育てに活かしています。その内容についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

お母さんにして欲しくなかったこと

母親にして欲しくなかったこと、と言うと、一番はこれです。

 

ぷーこ
ぷーこ
私が言うことを否定すること。

ただ否定することそのものが嫌だったのではなく、「言い方」が問題だったと思います。例えば、私が小学4年生の頃、

 

小4ぷーこ
小4ぷーこ
この色付きのリップクリーム欲しいな・・・

と言った時、

 

母親
母親
う~ん、まだちょっと早いかな?
もう少し大きくなったらね。

と言われていたら、それ程傷つかなかったと思います。でもうちの母親は、

 

母親
母親
えっ!?やめてよ、そんな事言うの。

と、「色付きのリップクリームを欲しいと思った感情そのもの」を否定する言い方をしたのです。だから私は、私自身を否定された気がして、とても傷つきました。

 

もし私の性格が、もっと強ければ、「え~、でもかわいいし欲しい」なんて言えたと思います。でも、そんな気力は全くありませんでした。

 

そして、この事と似たような事を繰り返していくうちに、私は親に言いたいことが言えなくなりました。

 

うちの母親は真面目な性格で、おそらくずっと真面目に生きてきて、大きな失敗をする事なく過ごしてきたので、「予想外の事」が苦手のようです。だから私が思ってもいない事を言うと、必ず「えっ!?」と大きな声で驚いて、「そんな事はあり得ない」という雰囲気で否定の言葉を言いいました。

 

ぷーこ
ぷーこ
その言葉を聞くのが嫌で、ほとんど母親と話さなくなりました。

ただでさえ傷つきやすい性格なので、母親の否定の言葉が、本当に怖かったんです。

 

でも、母親が悪いお母さんだったかと言えば、決してそうではありません。むしろ良い母親だと思います。おそらく、「時代」のせいだと思います。その当時は、それが普通のことで、母親が特別言葉が悪かった訳ではありません。

 

そして私が気にしすぎなだけです。普通であれば、それほど重く受け止めなくてよい言葉を、重く受け止めすぎていたのです。今ではそれが分かるのですが、子供の頃は、

 

ぷーこ
ぷーこ
お母さんに否定されるのが怖い。
お母さんは私が必要ないのかな。
愛情を感じれない・・・

などと思っていました。だから、どんなに辛いことがあっても、自分で解決できないような問題があっても、親に本当のことは言えませんでした。何も問題はなく、無事に学生生活を送っている、という姿しか見せれませんでした。

 

今思えば、そうやって、私は人に甘える事ができなくなったのかな、と思います。悩みや困った事を1人で抱えて、辛い辛いと言っているように思います。

 

でもこんな生き方って、しんどいんですよね。生きてる意味って何だろう?なんて哲学的な事をしょっちゅう思ってしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
娘には、そんな風になって欲しくない。

心からそう思います。だから、娘が何を言っても、否定だけはしないようにしています。娘の要求を叶える事が出来ないことはあります。でも、「こうしたい」と思った気持ちそのものは、絶対に否定しないようにしています。

 

そして、娘が、「もう無理だ」「何もしたくない」など、マイナスの感情を言った時も、絶対に否定はしません。私は母親に、「もう無理だ」などマイナスな言葉を言えませんでしたが、もし言って否定をされたら、とても深く傷ついたと思うからです。

 

スポンサーリンク

お母さんにして欲しかったこと

私は、母に否定された事から、言いたい事が言えなくなってしまいましたが、原因はそれだけではありません。

 

これは「母にして欲しかったこと」でもあるのですが、

 

ぷーこ
ぷーこ
もっと自分の「したいこと」を言って欲しかった。

母は、自分のわがまま、したい事、をほとんど言わなかったんです。

 

私から見た母の印象は、「家事と育児を耐え忍んで頑張っている」というものです。何かを楽しんだり、趣味に没頭したり、楽しそうに笑っている印象があまりないんです。

 

例えば、家族で外食に行く、となった時、母は「○○に行きたい」と一回も言った事がありません。

 

ぷーこ
ぷーこ
お母さんに、もっと素直な感情を出して欲しかった。
「家事がめんどくさい」とか、
「ご飯作るの嫌だからお惣菜にした」などダメな部分や、
「今日の外食は絶対に焼き肉が良い!」とか、ワガママな事を言って欲しかった。

もし母親が、そのように素直な感情を見せてくれたら、私も素直な気持ちを言いやすかったと思います。

 

母が我慢して、「子供に見せれる正しい姿」ばかり見せていたので、子供の私も「子供として正しい姿」しか見せれなかったんだと思います。ただその「正しい姿」は、そこまでギチギチしたものではなかったのですが、「ある一定の大きな枠」ではあったと思います。

 

ただその「ある一定の大きな枠」は、必要でもあると思います。それがないとダラダラし過ぎてしまいますし…。でも、繊細すぎる私にとっては、その枠をたまには越えて、ダメな部分も見せて欲しかった。

 

母親っぽくないことを言うお母さん

子供みたいな事を言うお母さん

 

そんなお母さんも、内気で内向的な私には必要でした。と言うより、そんなお母さんの方が安心できたと思います。

 

だから、私は娘に対して、規則正しくない部分も見せています。

 

ぷーこ
ぷーこ
お風呂入るの面倒だね~、とか
ダラダラするのって良いよね、とか
ここのケーキ屋さん行こうよ、とか
お母さんっぽくないことも言っています。

このことが本当に正しいのか…正解は分かりません。でも娘が家ではリラックスして過ごせているようなので、良かったかなと思います。感情を素直に表現し、親からの愛情を受けていると実感しているようなので、その点は良かったです。

 

娘には人生を楽しんでほしい

 

それが私の子育ての目標です。「人生を楽しんでほしい」と思いますが、決して「楽をしてほしい」わけではありません。だから、甘やかして育てたいわけではないのですが、無理をし過ぎて欲しくもない。

 

ぷーこ
ぷーこ
だから今の子育ての仕方で良いのか、迷うこともあります。

そして、どんなお子さんでも、このような方法が良いとは思いません。ただ、うちの娘にとっては、「安心できること」とか「愛情を感じること」が、何よりも大切だと感じます。

 

そして私自身の子供の頃を振り返って、「こうして欲しかった」と思います。だから、迷うこともありますが、私なりの子育てをがんばっていこうと思います。

 

親に言いたいことを言えないまま育った経験から見る内向的な子への接し方―おわりに―

私は高校の頃は、母に言いたいことが言えず、否定されるのが怖いと思いながらも、一緒に買い物をしたり、ご飯を食べに行ったり、そんな仲が良い親子に憧れも持っていました。でも母は、そんな私の気持ちには全く気付いていなかったと思います。

きっと「どう接したら良いのかな?」と思っていたと思います。母なりに悩んだだろうし、私に対して「素直に甘えてくれたらよいのに」と感じていたと思います。

 

娘と私はこれからどのような関係性になるか。今は娘は「ずっと一緒に暮らそう」なんて言ってくれますが、きっと変わっていきますよね。今の娘との時間を大切にしようと思います。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村