HSC子育て

親に言いたいことが言えない子供の心理って?どう接したら本音が言える?

私には小2の娘がいます。

 

娘も私も、内向的で繊細な性格です。

 

そして傷つきやすくて、怖がりで心配性で、不安を感じやすい気質です。

 

だから、子育てでは「自分がお母さんにしてほしかったこと」「お母さんにしてほしくなかったこと」を意識して娘に接しています。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分の子供時代の経験を、子育てに活かしています。

 

正直なところ、それが正解かは分かりません。

 

でも繊細な性格の子どもには、「お母さんのひと言」が、とても影響すると思うんですよね。

 

だから、自分の子どもの頃の気持ちを、とても意識しています。

 

 

そこで今回は、子供の頃の経験をもとに、

 

  • 親に言いたいことが言えない子供の心理
  • 親に本音が言えない子への接し方

 

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

親に本音が言えない子供の心理って?

親に言いたいことが言えない子供。

 

そもそも、なぜ本音が言えなくなってしまうのか?

 

 

実は私の場合は、親に「否定されたこと」が始まりです。

 

 

例えば、私が小学4年生の頃。

 

いとこの家に遊びに行った時に、こんなことを言ったんです。

 

子供時代の私
子供時代の私
この色付きのリップクリーム欲しいな・・・

 

すると母親は、

 

母親
母親
えっ!?やめてよ、そんなこと言うの。

 

このように「色付きのリップクリームを欲しいと思った感情そのもの」を、否定する言い方をしたのです。

 

だから繊細な子供だった私は、自分自身を否定された気がして、とても傷つきました。

 

 

もし私の性格がもっと強ければ、「え~、でもかわいいし欲しい」なんて言えたと思います。

 

でも、そんなことは言えるはずもなく、ただただ傷ついてしまいました。

 

 

今思えば、もし母が次のように言ってくれていたら、それほど傷つかなかったと思います。

 

母親
母親
う~ん、まだちょっと早いかな?もう少し大きくなったらね。

 

 

でも私の母親は真面目な性格で、大きな失敗をすることなく過ごしてきたので、予想外のことが苦手だったんですよね。

 

 

だから、私が思ってもいないことを言ったので、「えっ!?」と大きな声で驚いたんだと思います。

 

そして「そんなことはあり得ない」という雰囲気で、否定の言葉を言ってしまったんだと感じます。

 

 

それから、このことと似たようなことが何度も繰り返されて、私は親に言いたいことが言えなくなりました。

 

ぷーこ
ぷーこ
その言葉を聞くのが嫌で、ほとんど母親と話さなくなりました。

 

 

ただでさえ傷つきやすい性格なので、母親の否定の言葉が、本当に怖かったんです。

 

 

でも、母親が悪いお母さんだったかと言えば、決してそうではありません。

 

むしろ良い母親だと思います。

 

 

おそらく「時代」の影響もあったし、私が繊細すぎたせいでもあります。

 

普通であれば、それほど重く受け止めなくてよい言葉を、重く受け止めすぎていたのです。

 

 

今ではそれが分かるのですが、子供の頃は、

 

子供時代の私
子供時代の私
お母さんに否定されるのが怖い。
お母さんは私が必要ないのかな。
愛情を感じれない・・・

 

と思っていました。

 

 

だから、どんなに辛いことがあっても、親に本音は言えませんでした。

 

何も問題はなく、無事に学生生活を送っている、という姿しか見せれなかったんですよね。

 

今思えば、そうやって、私は人に甘えることができなくなったのかな、と思います。

 

悩みや困ったことを1人で抱えて、辛い辛いと言っているように思います。

 

 

でもこんな生き方って、しんどいんですよね。

 

生きてる意味って何だろう?なんて哲学的なことをしょっちゅう思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

親に言いたいことが言えない子供にはどう接する?

私は、母に否定されたことから、言いたいことが言えなくなってしまいました。

 

でも、親に本音が言えなくなった原因は、それだけではありません。

 

 

それは、母がいつも「自分の本音を言わず我慢していたから」でもあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
母は「わがまま」や「自分のしたいこと」を、全く言わなかったんです。

 

 

なんというか、私から見た母の印象は「家事と育児を耐え忍んで頑張っている」というものです。

 

何かを楽しんだり、趣味に没頭したり、楽しそうに笑っている印象があまりないんですよね。

 

 

例えば、家族で外食に行く時、母は「○○に行きたい」と一度も言ったことがありません。

 

 

だから子供の頃の私は、

 

ぷーこ
ぷーこ
お母さんに、もっと素直な感情を出してほしい。

 

そう思っていました。

 

 

そして、

 

  • 家事がめんどくさい
  • ご飯作るの嫌だからお惣菜にした
  • 今日の外食は絶対に焼き肉がいい!

 

など、ダメな部分やわがままなことを言ってほしかったって思うんです。

 

 

なぜなら、もし母が素直な感情を見せてくれてたら、私も素直な気持ちを言いやすかったからです。

 

 

母はいつも「正しい姿」しか見せてくれなかったので、子供の私も「子供として正しい姿」しか見せれませんでした。

 

その「正しい姿」は、そこまでギチギチしたものではなかったのですが、私にとっては「しんどいもの」だったんです。

 

 

だから私にとっては、

 

  • 母親っぽくないことを言うお母さん
  • 子供みたいなことを言うお母さん

 

 

そんなお母さんが、繊細な性格の私には必要でした。

 

というより、そんなお母さんの方が安心できたと思います。

 

 

だから、私は娘に対して、規則正しくない部分も見せています。

 

ぷーこ
ぷーこ
お風呂入るの面倒だね~、とか
ダラダラするのって良いよね、とか
ここのケーキ屋さん行こうよ、とか
お母さんっぽくないことも言っています。

 

 

このことが、本当に正しいのかは分かりません。

 

でも私と同じ繊細な娘が、家ではリラックスして過ごせているようなので、これでいいのかな?思っています。

 

 

 

繊細で内気な性格の私は、とても傷つきやすい子供でした。

 

 

母からの些細なひと言で、人格を否定されたかのようにショックを受けていたんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
今思えば、傷つきすぎです。

 

 

でも、自分の子供時代を振り返ると、ほんの些細な言葉でも「お母さんの言葉」は重いものだったんですよね。

 

 

だから、親に本音が言えなくなってしまった子には、何を言っても否定をせず優しく受け止めるといいのかな?と思います。

 

 

そして、親自身も子供に本音を見せるといいと思うんですよね。

 

そうしてくれたら、子供だって本音を言いやすいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
私は母にそうしてほしかったです。

 

 

子育てって正解がないので、本当に難しいですよね。

 

だから、戸惑うことはたくさんあります。

 

 

でも、少しずつ子供と一緒に成長していけたら、いいですよね。

親に言いたいことが言えない子供の心理って?どう接したら本音が言える?―おわりに―

私は高校の頃は、母に言いたいことが言えず、否定されるのが怖いと思いながらも、一緒に買い物をしたり、ご飯を食べに行ったり、そんな仲が良い親子に憧れも持っていました。

 

でも母は、そんな私の気持ちには全く気付いていなかったと思います。

 

きっと「どう接したら良いのかな?」と思っていたと思います。

 

母なりに悩んだだろうし、私に対して「素直に甘えてくれたらよいのに」と感じていたと思います。

 

娘と私はこれからどのような関係性になるか。

 

今は娘は「ずっと一緒に暮らそう」なんて言ってくれますが、きっと変わっていきますよね。

 

今の娘との時間を大切にしようと思います。

スポンサーリンク

   HSC子育て   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村