仕事

職場の新年の挨拶がめんどくさい!苦手な挨拶を最小限ですますには?

正月休みが終わって、新年初めの出社の日。

 

気持ち新たに「仕事がんばるぞ!」とできたら良いのですが、

私は「仕事が始まってしまった…」と重い気持ちを抱えて出社していました。

 

そして、職場に着いたら「仕事始めの挨拶」をしないといけませんよね。

 

これが本当に本当に苦痛で…。

 

仕事が始まるだけでも苦痛なのに、新年の挨拶をしなければならないなんて、とってもストレスでした。

 

 

そこで、

 

  • 職場の新年の挨拶を簡単にすませるには、なんと言えばいいか?
  • 職場の新年の挨拶を全員に回るのが苦痛な場合ははどうするか?

 

について、これまでの経験をもとにお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

職場の新年の挨拶は「めんどくさい」と思っている人が多い

あくまで私の経験ですが、職場での新年の挨拶。

 

「めんどくさいな~」

 

と思っている人って多いです。

 

ぷーこ
ぷーこ
そもそも「長期休み明け」の時点で、だるいですが。

 

 

それに新年の挨拶って、ちょっと恥ずかしいですよね。

 

 

仕事始めで気持ちは重いのに、爽やかな自分を装って挨拶をする。

 

ぷーこ
ぷーこ
そんな自分が自分で恥ずかしいです。

 

 

それに仕事始めの挨拶って、やっぱり面倒なんです。

 

 

職場にはたくさんの人がいるので、何度も同じ挨拶をしなければいけない。

 

ぷーこ
ぷーこ
正直なところ、だるいです。

 

 

ただ唯一の救いは、「仕事始めの挨拶がだるい」と思っている人は意外と多いんですよね。

 

 

だから、同じ気持ちの人と「新年の挨拶はめんどうですよね」と話すのは、楽しかったりします。

 

ぷーこ
ぷーこ
意外と同士は多いですよ!

 

職場での新年の挨拶をサラッと終わらせたい時なんて言う?

職場での新年の挨拶。

 

できれば簡単に終わらせたいですよね。

 

 

でも、最低限のマナーは守りたい気もします。

 

ぷーこ
ぷーこ
印象が悪くなるのは避けたいです。

 

 

そのために必要なこと。

 

それは、上司や目上の人には、きっちり挨拶する ことです。

 

 

例えば、次のように仕事始めの挨拶をすると、印象がいいですよ。

 

上司や目上の人への新年の挨拶

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

また、本年もご指導のほどよろしくお願いします。

 

このように新年の挨拶をすると、上司や目上の人が悪く思うことはないはずです。

 

 

ただ、このように丁寧に新年の挨拶をするのは、しんどいですよね。

 

何度も何度も丁寧に挨拶するのは、気が重くなってしまいます。

 

 

だから、上司や目上の人以外には、もうちょっと簡単な挨拶にします。

 

ぷーこ
ぷーこ
同僚や後輩に新年の挨拶をする時です。

 

 

同僚や後輩への新年の挨拶

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

これだけでいいです。

 

実際に私の職場では、このように新年の挨拶をしている人が多かったです。

 

 

だから、新年の挨拶はめんどくさい。

 

そう思った時は、「おめでとう」と「よろしく」だけを言おう

 

そう思うと少しは気が楽になりますよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
2文だけの辛抱です。

 

 

それに新年の挨拶って、お互いに「あけましておめでとう…」と挨拶をしますよね。

 

だから、実際のところは、語尾はモニョモニョしてたりします。

 

ぷーこ
ぷーこ
お互いに挨拶するから、何を言ってるか分からないんです。

 

 

そのため、新年の挨拶はだるいし面倒だけど、「その程度のもの」。

 

そう思うと、ちょっとは気が晴れてきますよね。

 

 

また新年の挨拶って、「どう言うか?」よりも「見た目」が印象を決めることもあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
丁寧に挨拶しても、身だしなみが整っていなかったら、印象が良くないです。

 

そのため、

 

  • 身だしなみを整える
  • 笑顔で言う

 

このことを心掛けると、印象よくサラッと新年の挨拶を終わらせることができますよ。

 

スポンサーリンク

職場での新年の挨拶 全員に回るのが苦痛な場合は?

職場での新年の挨拶。

 

正直なところ、全員に回るのはしんどいですよね。

 

 

私のように「仕事が始まってしまった…」と思っていたり、「挨拶が苦痛」と思っている人にとって、全員への挨拶は、欠勤したくなるくらいしんどいものです。

 

 

でも、さすがにそんな事で仕事を休むことはできない。

 

 

そんな時は、仕事始めに挨拶をするのは、

 

  • 所属する部署の一番偉い人
  • 直属の上司
  • 同じ課のメンバー
  • すれ違う知り合い

 

 

最低限これらの人には、挨拶をしておきます。

 

実のところ私の職場では、これらの人にだけ挨拶をしている人もけっこういました。

 

 

だから新年の挨拶がしんどくて気が重い場合は、これらの人にだけ挨拶をするのも1つの方法です。

 

 

ただ注意したいのは、職場のことは職場の雰囲気に合わせる のが一番大切だということです。

 

 

そのため職場のみんなが、全員に挨拶をしていたら、面倒でも全員に挨拶するしかありません。

 

ぷーこ
ぷーこ
それは諦めるしかありません。

 

 

でも職場の人数が多いし、それぞれの判断で新年の挨拶をしているようなら。

 

職場の全員ではなく、関わりの深い人達だけ挨拶をするのも方法ですよ。

 

 

それに正直なところ、職場の人数が多いと、「誰に挨拶をしたのか」「誰が挨拶に来てくれたのか」が分からなくなってくるんですよね。

 

 

細かい性格の上司なら、覚えているかもしれませんが、大らかな性格の人は「あれ?挨拶したっけ?」なんて聞いてくる人もいましたよ。

 

 

 

だから、職場での仕事始めの挨拶を全員に回るのが苦痛な場合は、

 

まずは 職場の雰囲気に合わせる.

 

 

それぞれの判断で挨拶している場合は、

 

  • 所属する部署の一番偉い人
  • 直属の上司
  • 同じ課のメンバー
  • すれ違う知り合い

 

に新年の挨拶をする。

 

 

ちなみに私の場合は、関わりの深い人だけ挨拶をして、

 

それが終わったら、トイレやロッカーに身を潜めて、休憩をしていました。

 

 

なぜって、誰かに出会ったら、また挨拶をしないといけないので…。

 

そして、時間がある時は温かいお茶を飲んで、ゆっくりしていましたよ。

 

 

だから私は、あえて新年は早い時間に出社していたんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
休憩タイムを作りたかったんです。

 

 

それに早めに出勤すると、出社している人が少ないので、すれ違う知り合いが少なくて助かりました。

 

ぷーこ
ぷーこ
年始は早めに出社して、ササっと挨拶!

 

私はこの作戦で乗り切っていましたよ。

 

職場の新年の挨拶がめんどくさい!苦手な挨拶を最小限ですますには?―おわりに―

長期休暇明けの仕事って本当にしんどいですよね。

 

また大変な日々が始まる…と思うとゾッとします。

 

でも私は個人的に、長期休暇明けに、笑顔ではつらつと元気な人よりも、「仕事が始まってしまった…」とグッタリしている人の方が、クスっと笑えて好きです。

 

自分と同じ気持ちの人を見つけて嬉しいだけですが。

 

はつらつと元気な人は、まぶしくて見れないんです・・・

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村