子育て

入学前の学童が不安 内気なわが子が楽しめた理由は?工夫した事は?

保育園を卒園してすぐ、新一年生の娘は、小学校に入学する前に学童保育に通い始めました。新しい環境が苦手で、大人しい性格の娘が、学童保育に楽しく通えるか、とても心配でした。

 

でも意外なことに、内気な娘は、入学前の学童保育を楽しく通うことができました。その理由は何か?また、娘が少しでも学童保育を楽しめるように、わが家で工夫した事。これらについてお話します。

スポンサーリンク

入学前の学童が不安 内気なわが子が学童を楽しめた理由は?

保育園の頃は、慣らし保育がなかなか終わらなかった娘。

人見知りが激しくて、心配性で、新しい環境が苦手な娘。

 

ぷーこ
ぷーこ
絶対に学童保育に慣れるのにも、時間がかかるよ…

そう思っていました。娘の性格を考えると、すぐに学童保育に慣れるとは思えなかったんです。きっと、緊張して不安を感じているだろうな、そう思っていました。

 

でも意外なことに娘は、

 

入学前の娘
入学前の娘
学童保育って何するのかな?
どんなおもちゃがあるかな?
楽しみー!

と言っていました。

 

娘は、3月30日まで保育園に通って、4月1日から学童に通い始めました。

「春休み」なんて一日もなかった娘に申し訳なさを感じていたので、せめて学童保育が娘にとって「楽しい所」であって欲しいと願っていました。だから私にとって、娘のその言葉は本当に嬉しいものでした。

 

でも、新しい環境が苦手な娘が、なぜ学童保育を楽しみに感じる事ができたのか?

その1つの理由が、

 

    • 仲の良い友達が一緒の学童保育だった

 

たまたま、同じ保育園で仲の良かった友達が、同じ学童保育(小学校)に通うことになったので、娘は安心できたようでした。本当にこのことはラッキーで、運が良かったと思います。

 

しかし、娘が学童保育を楽しみに感じる事ができた理由は、もう1つあります。それは、

 

    • 学童保育のことをよく知らなかったから

 

このことも大きな理由の1つでした。

学童保育が、どのような環境なのか、どのような子がいるのか、全く知らなかったからこそ楽しみに感じる事ができたようです。

 

ぷーこ
ぷーこ
学童にはおもちゃがあるよ。
本もたくさんあるよ。
小学校が違う○○ちゃんも一緒だよ。

このように、学童に通う前に「学童保育の良い面」を娘に伝えたのも良かったのかもしれません。

入学前の学童が不安 内気なわが子が楽しるように工夫した事は?

わが家では、先ほどの娘への「学童の良い面を伝えたこと」以外にも、学童保育を楽しめる工夫をしていました。娘は「可愛いもの」が好きなので、

 

    • お弁当箱・お箸・水筒を娘の好きなキャラクターのものに
    • お弁当をキャラ弁に
    • おかずを娘の好きな物に

 

お昼ご飯の時間を楽しめるように、お弁当の工夫をしました。

 

入学前の学童保育は、9時から18時までと長い時間 預けていたので、「お昼ご飯が楽しみ」という事が、大切かなと思いました。

とは言え「キャラ弁」って作るのが大変そうなイメージがありますよね。でも、「おにぎり用の型」や「かわいいピック」などを使うと、意外と簡単にできましたよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
料理が苦手で、面倒くさがりの私でもできました!

そして、お弁当以外にも工夫をしました。それは、

 

    • 娘の好きな折り紙を用意した
    • 娘の好きな塗り絵を用意した
    • 娘の好きな色鉛筆を用意した

 

他学年の子が勉強をしている時、新一年生は、「座って静かにできるもの」を用意するように言われていました。そこで、娘と一緒に買い物に行き、とにかく娘が「これが良い!」と選んだものを、少し多めに買いました。娘の「お気に入りのもの」を用意することで、それを使う時を、楽しみに感じて欲しかったからです。

 

このように学童保育に通う前に、「娘の好きなもの」を準備したことで、「学童保育へ行くのが楽しみ」と思えたようでした。

スポンサーリンク

 

その後、内気なわが子は学童保育を楽しんでいる?

このように娘は、入学前の学童保育を楽しむことができましたが、入学後はどうだったか?

 

実は・・・

 

入学後の娘
入学後の娘
学童に行きたくない…

そう言って、1年生の冬に学童保育を辞めました。特にトラブルがあったわけではなく、先生も良い方ばかりだったのですが、娘にとって学童保育が合わなかったようです。

 

ぷーこ
ぷーこ
やっぱりそうか・・・

娘が「学童に行きたくない」と言い出した時、私はそう思いました。家でゆっくりするのが好きな娘にとって、放課後を学童保育で過ごすのは合っていないと思っていたんです。

 

学童保育が好きな子と苦手な子の違いは、「合うか合わないか」の違いが大きいと思います。でも、その学童保育が「合うか合わないか」はある程度の期間、通い続けて分かりますよね。

 

だから、入学前の娘は学童保育は楽しめたのだと思います。どんな所か分からないこそ、期待が膨らんで楽しむことができたのだと思います。

 

親の私から見ると、とても良い学童保育だったので、辞めたことは残念ですが、どうしても「合う・合わない」はありますよね。入学前はまだ学童保育が子供に合うかどうか分からないので、今思えば、「どんな所か分からないし、まずは行ってみよう」と気負わずに考えれば良かったなと思います。

入学前の学童が不安 内気なわが子が楽しめた理由は?工夫した事は?―おわりに―

娘が通っていた学童保育では、誕生日会や映画鑑賞会などの行事があり、子供たちはとても喜んでいました。先生方も親身になって下さる方が多かったので、「良い学童保育で良かったなぁ」と思っていたのですが、娘には他学年の子もいて、騒がしい空間だったようです。子供たちには、学童保育で元気いっぱいに遊んで欲しいと思いますが、それがうるさく感じる子もいて…難しいですね。

スポンサーリンク

    子育て   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村