仕事

【生理痛で仕事を休む時の伝え方】男性上司で言いづらい場合はどうする?

生理痛で仕事を休みたい。

 

でも、欠勤連絡する相手が、男性上司の場合。

 

「生理痛がひどいのでお休みさせてください」って言いづらいですよね。

 

 

それに男性だと、「生理痛」に理解がないんじゃないか?と不安にも思います。

 

ただ実は私は、何度も生理痛で仕事を休んだことがあるんですよね。

 

ちょっとした言い方の工夫で、生理痛のつらさを理解してもらえました。

 

 

そこで、

 

  • 男性上司に生理痛で休む時の伝え方ってどうしたらいい?

 

について、これまでの経験をもとにお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

生理痛で休むのは甘え?

そもそもですが、生理痛で休む時って、男性上司から「それは甘えじゃないか?」と思われる気がするから言いづらい。

 

そう思うことってありますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
男性上司だと、生理痛のつらさを理解できないんじゃないかと思います。

 

 

ただ、生理痛で休むこと。

 

それは決して「甘え」ではありません。

 

 

確かに生理痛は、人により症状がさまざまなので、理解されにくいことはあります。

 

 

でも、生理痛で休むこと。それは「甘え」なんかではないですよ。

 

 

だから、「生理痛くらいで休む」とか「生理痛なんかで休む」など思わずに、気持ちは堂々としていたらいいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
「仕事を休んで迷惑をかけること」は申し訳なく思いますが、理由が「生理痛」でも全く問題ないです。

 

 

男性上司に生理痛で休む時の伝え方どうする?

とはいえ、男性に対して「生理痛」という言葉を使うのが、ちょっと恥ずかしい。

 

そう感じることってありますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
できるなら、「生理痛」という言葉を使いたくないです。

 

 

そんな時、男性上司に生理痛で休むことを伝える方法は、

 

  • 症状を伝えて、休む理由にする

 

 

例えば、生理痛がひどい時って、

 

・ 頭痛と腰痛がする

・ 嘔吐とめまいがする

・ 腹痛と吐き気がある

 

など、お腹が痛いだけではないと思うんです。

 

 

だから、男性上司に欠勤連絡をする時は、

 

  • 「嘔吐をしてめまいもするので、今日はお休みさせてください」
  • 「腹痛がして吐き気もするので、今日はお休みします」
  • 「頭痛と腹痛で起き上がれないので、お休みさせていただきます」

 

 

など、症状を伝えてお休みするといいですよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
そうすると、「生理痛」という言葉を使わず、欠勤連絡ができます。

 

 

 

ただ、1つ注意した方がいいこともあります。

 

それは、「生理痛が毎月ひどくて、頻繁にお休みをする場合」です。

 

 

年に数回だけ、生理痛で仕事を休む場合は、症状だけ伝えてお休みしてもいいと思います。

 

 

でも、1ヶ月から2ヶ月に1回など、年に何回も仕事を休む場合。

 

その時は、上司に「生理痛がひどい」ということを伝えておいた方がいいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
ちょっと言いにくいかもしれませんが、その方がいいです。

 

 

なぜなら、年に何度も仕事を休むと、上司も心配になると思うんですよね。

 

例えば、

 

・ 何か重い病気なのではないか?

・ メンタル不調なのではないか?

・ 深い悩みがあるのではないか?

 

など、部下が頻繁に休む原因を、上司として知っておきたいはずです。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司も気になりますよね。

 

 

だから、年に何度も生理痛で休む場合は、上司に「毎月のように生理痛がひどい」と伝えておいた方がいいですよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
「相談」というかたちで、上司に伝えるといいです。

 

 

それに、一度は上司に「生理痛がひどい」と伝えておくと、次からは「生理痛」という言葉を使わず欠勤連絡ができます。

 

 

例えば、

 

  • 「今月もつらくて…。嘔吐とめまいがするのでお休みさせてください」
  • 「毎月申し訳ないのですが、また頭痛と腹痛がひどいので、お休みさせていただきます」
  • 「いつもご迷惑をお掛けて申し訳ないのですが、今月も腹痛と腰痛がひどいので、お休みさせてください」

 

 

このように、「いつものアレです」という感じで、欠勤することを伝えれます。

 

 

実は私は、この方法で男性上司に伝えていました。

 

だから、男性上司に「生理痛」という言葉を使ったことが、ほとんどないんですよね。

 

 

「また、嘔吐してしまって…」のように、「また」という言葉を使うと、上司は気づいてくれたんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
すぐ察してくれるようになりました。

 

 

それに、上司に「相談」というかたちで、「毎月のように生理痛がひどいこと」を伝えると、とても気に掛けてくれるようになりました。

 

 

だから、生理痛がひどくなることが多い場合は、上司に「相談」というかたちで伝えてみるといいですよ。

 

 

スポンサーリンク

男性上司の方が優しい場合も

それに男性上司って、生理痛のつらさがわからない分、優しくしてくれることもあるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「生理痛」がどのようなものかわからないので、とても気遣ってくれたりします。

 

 

男性上司には生理痛と伝えづらい。生理痛は理解してもらえない。

 

 

そう思うかもしれませんが、私の経験では、男性上司は生理痛というと、優しく対応してくれることがほとんどです。

 

 

だから、毎月のように生理痛がつらくて悩んでいる場合は、思い切って上司に相談してみるのも1つの方法かなと思います。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
そうすると休みやすくなったり、仕事を調整してくれるかもしれません。

 

 

とはいえ、「生理痛」って言いにくいですよね。

 

でも、意外と男性上司の場合、「部下からの報告・相談」として対応してくれたりします。

 

あくまで仕事上の関係なので、「仕事の報告・相談」として、割り切って言ってみるのもいいかもしれませんね。

 

【生理痛で仕事を休む時の伝え方】男性上司で言いづらい場合はどうする?―おわりに―

生理痛って本当にしんどいですよね。

 

私は頭痛や嘔吐をすることが多いですが、いろいろな症状が出ます。

 

のどの痛みや節々の痛み、寝汗やめまいなど、本当に毎月のようにつらいです。

 

でも、のどが痛い時や節々が痛い時って、風邪をひいたのか生理前の症状なのかわからなくなるんです。

 

そうすると、生理痛であろうが風邪であろうが、一緒だと思うんですよね。

 

どちらにしても、しんどさは一緒。だったら仕事を休むのも一緒。

 

それから、「仕事を休むのは甘え」だなんて思わなくなりました。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村