仕事

職場の気を使いすぎる人がめんどくさい!「気を使わせない」接し方には何がある?

職場の気を遣いすぎる人がめんどくさい。

 

そう思うことってありますよね。

 

気を使ってくれるのは嬉しいけど、気を使いすぎるのは疲れる。

もうちょっと気楽に接してくれないかな。

 

そんな風に思うと思います。

 

実は、私はそんな「気を遣いすぎる人」です。

 

ぷーこ
ぷーこ
つい気を使い過ぎてしまいます。

 

そこで、気を使いすぎる人の立場から、

 

気を使いすぎる人に、気を使わせないようにするにはどうしたらいいか?を、これまでの経験をもとにお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

仕事で気を使いすぎる人の気持ちとは?

仕事で気を使いすぎる人は、なぜ気を使いすぎてしまうのか?

 

まずは、気を使いすぎてしまう人の気持ちについてお伝えします。

 

ぷーこ
ぷーこ
気を使いすぎる人の心理はどのようなものか?

 

職場で嫌われたくない

まずは、職場で嫌われたくないから、気を使いすぎてしまいます。

 

職場の人間関係が悪いと、仕事に行くのが嫌になるし、つらいですよね。

 

だから、「周囲に嫌われたくない」気持ちが強くて、気を使いすぎてしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
「いい人」になり過ぎてしまいます。

 

気を使う側でいる方が楽

また、気を使う側でいる方が気持ち的に楽なので、気を使いすぎてしまいます。

 

何というか、自分が気を使う側でいる方が安心するんですよね。

 

相手に何かを負担してもらうより、負担する側でいる方が落ち着くんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
相手に何かを負担してもらうのは、気が重いです。

 

だから、自分が気を使う側でいる為に、つい気を使いすぎてしまいます。

 

相手の本音がわからないから

また、相手の本音が見えない時も、気を使いすぎてしまいます。

 

例えば職場の人が、「私がこの仕事しておくよ」と言ったとします。

 

でも本心としては、「この仕事をしたくない」「なぜ私がこの仕事をしないといけないのか」そう思っているかもしれません。

 

だから、そのような時は「私がその仕事します」と言います。

 

ぷーこ
ぷーこ
相手の本音がわからないので、率先して仕事を引き受けてしまいます。

 

何というか、その方が「無難」だと思ってしまうんですよね。

 

そのため、相手の本音が見えない時は、率先して仕事を引き受けるなど気を使いすぎてしまいます。

 

気まずい雰囲気が苦手だから

また、気まずい空気が苦手なので、気を使いすぎてしまいます。

 

職場で機嫌が悪い人がいたり、イライラしている人がいると、しんどいんですよね。

 

だから、職場の人の顔色をうかがって、雰囲気が悪くならないように気を使いすぎてしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
気まずい雰囲気だと、仕事もしづらいんですよね。

 

職場の気を使う人へ「気を使わせない接し方」には何がある?

では、職場の気を使いすぎる人に、気を使わせないようにするにはどうしたらいいか?

 

ぷーこ
ぷーこ
接し方次第では、気を使いすぎないように してもらう事はできますよ。

 

こちらも気を使いすぎない

気を使いすぎる人は、気を使う人にはさらに気を使います。

 

だから、気を使いすぎる人には、気を使わず本音を優しく言うといいです。

 

そうすると、気を使いすぎる事は無くなってきますよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
この人は、いつも本音を言ってくれると思うと、気を使いすぎることは無くなります。

 

「この前○○してくれたから」と言う

また、気を使いすぎる人に、「この前○○してくれたから、今度は私がこの仕事するよ」と言います。

 

そうすると、意外と気を使いすぎる人は、スッと身を引きます。

 

というのも、気を使いすぎる人は、自分が気を使う側でいる方が楽です。

それに、誰かが嫌な仕事をするのを見るより、自分がする方が気楽です。

 

ぷーこ
ぷーこ
だから率先して仕事を引き受けます。

 

でも、「この前○○してくれたから・・・」と言われると、「確かにこの前○○したし、お願いしようかな」という気になるんですよね。

 

だから、気を使いすぎる人には、単に「私がこの仕事する」というのではなく、「この前○○してくれたから」と言うといいですよ。

 

いつも笑顔で接する

また、気を使いすぎる人には、笑顔で接するのも効果的です。

 

気を使いすぎる人は、いつも周囲の顔色をうかがっています。

それに、職場の人からどう思われているか?も気にしているんですよね。

 

だから、いつも笑顔で穏やかな人は、それだけで心がなごむんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
何となく安心します。

 

また、いつも笑顔の人には心も開きやすいです。

 

そして、心を開いた相手には、気を使いすぎることもなくなります。

 

だから、気を使いすぎる人には笑顔で接すると効果的ですよ。

 

ダメな一面を見せて頼る

また、気を使いすぎる人には、ダメな一面を見せて頼るのも方法です。

 

何というか、完璧に仕事ができる人より、ダメな一面がある人の方が落ち着くんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
親しみを感じます。

 

それに、気を使いすぎる人にとっては、そのような人の方が安心するんです。

 

だから、ダメな一面を見せて頼ると、気を使いすぎる人はきっと助けてくれるし、今後気を使いすぎることもなくなります。

 

ぷーこ
ぷーこ
うまく言えませんが、親近感が湧いて心も開きやすいので、気を使いすぎることがなくなります。

 

スポンサーリンク

気を使いすぎる人がめんどくさいのは相性のせい?

ただ、気を使いすぎる人がめんどくさく感じるのは、相性の問題でもあるんじゃないかと思います。

 

というのも、私は気を使いすぎる性格ですが、誰に対してもそうではないです。

 

言いたいことを言いやすい人もいれば、言いにく人もいます。

 

基本的には気を使うことが多いけど、相性がいい人にはそうでもなかったりするんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
気を使いすぎるってことはないと思います。

 

でも、会話がうまく弾まなかったり、相手の気持ちがわかりにくい人には、気を使いすぎてしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
どのように気遣っていいか分からないんですよね。

 

そのため、職場の気を使いすぎる人が面倒に感じる時は、それは相性の問題かもしれません。

 

たまたま性格が合わなかっただけで、どっちが悪いということもないのかもしれませんよ。

 

だから、気を使いすぎる人と距離を置くなど、適度な距離感でつき合うのも1つの方法だと感じます。

 

職場の気を使いすぎる人がめんどくさい!「気を使わせない」接し方には何がある?―おわりに―

気を使いすぎる人は、自分に自信がない人が多いと思います。

 

だから、自分を犠牲にしてしまうんですよね。

 

でも、それが相手にとって不快だったら意味がないですよね。

 

ただ、気を使いすぎる人は、そのことには気づいていません。

 

本当に相手のためを思うならどうしたらいいか?

 

気を使いすぎる人は、もう1歩先を考える必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村