仕事

休職中の同僚に心配で連絡したい時なんてメールを送ればいい?

休職中の同僚が心配で連絡をしたい。でも何てメールをしたらいいか分からない。

 

そんな時ってありますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
同僚がうつ病や適応障害で休職している場合、言葉の掛け方って難しいです。

 

そこで休職を経験した立場から、「休職中の同僚に心配で連絡したい時はなんてメールを送ればいいか?」をこれまでの経験をもとにお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

休職中の同僚の気持ちとは?

休職をしている時は、とにかく様々な不安があります。

 

  • 仕事は問題ないか
  • 同僚にどう思われているか
  • いつ回復するか
  • 復職することはできるか
  • 迷惑だから退職をした方がいいか

 

など、あれこれ考えて不安が尽きません。

 

ぷーこ
ぷーこ
ずっと不安な気持ちを抱えています。

 

また、平日に働いていないことに強い罪悪感を覚えています。

 

みんな働いているのに、自分は何してるんだろうって思うんですよね。

 

だから、休職をしていても、全然休んでいる気になりません。

 

ぷーこ
ぷーこ
かなり辛い状態です。

 

休職中の同僚に連絡したい、なんてメールを送ればいい?

だから、職場の同僚から連絡が来ると、かなりビクビクしてしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
メールを見る時に手が震えるくらいドキドキします。

 

このような状態なので、同僚の何気ないひと言が、心に突き刺さってしまう事もあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
悪い方向に言葉を捉えてしまう時もあるんですよね。

 

だから、休職中の同僚に連絡をする時は、慎重に言葉を選ぶ方がいいです。

 

例えば、休職をした当時の私だったら、

 

  • 「仕事は大丈夫だから、ゆっくり休んでね」
  • 「仕事のことは気にせず、療養に専念してくださいね」
  • 「無理をなさらないよう、ゆっくり休養してくださいね」

 

と言葉を掛けてもらえたら嬉しかったと思います。

 

余計なことは言わず、とにかく「安心して休んでください」という事を同僚に言ってもらえたら、かなり有難く感じたと思うんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
同僚から「安心して休んでくださいね」と言ってもらえたら、不安な気持ちが少し解消されたと思います。

 

スポンサーリンク

休職中の同僚に言わない方がいい言葉は?

でも反対に、休職中の同僚に言わない方がいい言葉もあります。

 

いつ頃に戻ってこれそう?

これを聞かれても、返事に困ってしまいます。

 

自分でもいつ戻れるか分からないので、答えようがないんですよね。

 

だから同じ職場の同僚としては気になるところだと思いますが、休職中の人には聞かない方が無難です。

 

ぷーこ
ぷーこ
体調に波があったりするので、おおよその時期も分かりません。

 

○○を頑張ってね

これも言わない方が無難です。

 

休職している同僚は、おそらく頑張り過ぎて限界になり休職をしているのだと思います。

 

だから、例えば「復帰できるようにがんばってね」なんて、また頑張るように言われたら正直なところ辛いです。

 

それに休職をしている同僚は、あれこれ考えて頑張っています。

 

ぷーこ
ぷーこ
もう頑張っているのに、「頑張れ」と言われたらしんどいです。

 

家で何してるの?

休職中って何してるの?と思うかもしれませんが、これも聞かない方がいいです。

 

おそらく休職をしている同僚は、働いていないことに罪悪感を覚えながら、家で療養をしています。

 

家でゆっくり過ごすことが間違いではないと分かっていても、連絡をくれた同僚に「家で寝ている」など答えにくいんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
迷惑を掛けている同僚に「ダラダラと過ごしている」なんて言えません。

 

だから、どのように休養しているのか気になるかもしれませんが、聞かない方が無難ですよ。

 

何が原因で休職になったの?

これも同僚には答えにくいです。

 

それに思い出したくない事があったり、人には言いにくいこともあります。

 

また、休職した原因がはっきりしていない場合もあるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分でもはっきりと原因が分からない場合もあります。

 

だから、休職の原因については聞かない方がいいですよ。

 

元気になって戻ってくるのを待ってるよ

この言葉は嬉しい人もいると思いますが、プレッシャーに感じてしまう人もいると思います。

 

職場の人が復帰するのを待っていてくれる事は、普通なら嬉しいことです。

 

でも、体調がなかなか回復しなかったり、復帰のめどが立っていない場合だと、プレッシャーになると思うんですよね。

 

だから、「元気になる」とか「待っている」という言葉は言わない方が無難です。

 

ぷーこ
ぷーこ
つい言ってしまいそうな言葉ですが、言わない方がいいと思います。

 

 


 

休職をしている時って、いろいろな言葉に敏感になっています。

 

同僚が言った何気ない言葉に、何日も悩む事もあるんですよね。

 

だから、休職をしている同僚にメールを送る場合は、あれこれと伝えようとせず、「安心して休んでほしい」という事だけを伝えるのがいいと、これまでの経験から思います。

 

休職中の同僚に心配で連絡したい時なんてメールを送ればいい?―おわりに―

休職をしている同僚にメールを送るのって難しいですよね。

 

どのような言葉を掛ければいいか、経験者にしか分からない部分があると思います。

 

確かに、休職をしている時の辛さは経験をした人にしか分かりません。

 

でも、そんな自分を心配してくれる同僚は有り難い存在です。

 

だから、休職中の人に連絡をするのは難しいと思いますが、きっと同僚にとって安心に繋がると思います。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村