HSP気質

完璧主義を辞めれない原因は?そのウラにあるHSPらしい理由は?

こんにちは。ぷーこです。

私は学生の頃、勉強に関して完璧主義でした。それ以外は適当な事も多かったですが…。そして社会人になり、今度は仕事に関して完璧主義になりました。勉強も仕事も100点を目指すのが当たり前になっていて、とっても苦しかったけど、完璧主義を辞めることができませんでした。

 

ぷーこ
ぷーこ
は~、こんな自分しんどいよ!

理想をめざして頑張ることは良いことだと思うんです。でも、それで自分を苦しめていたら意味がないですよね。

 

そこで、今日は、完璧主義を辞めれない原因について考えたいと思います。

スポンサーリンク

完璧主義を辞めれない原因は?

私が学生の頃、勉強を頑張っていた理由は、「親をがっかりさせない為」でした。こんなことを書くと、教育熱心な親だと思われそうですが、そういう訳ではありません。私の両親は「子供に勉強しなさいと言うのは辞めよう」と結婚した時に決めていたそうです。実際、親から口うるさく「勉強しなさい」と言われたことはありません。

 

でも、それは「両親が素晴らしいから」ではありません。

 

「勉強しなさい」と言う必要がないくらい、私が勉強をしていたからです。

 

小1の頃から高校卒業まで、宿題は家に帰ってからすぐしていましたし、テスト前は平日でも3~4時間 勉強をして、休日は8~10時間は勉強していました。だから、悪い成績をとったことは一度もありません。

 

でも、私、勉強って嫌いだったんです。記憶力も良い方ではないと思います。本を読むのも苦痛でした。たぶん「IQ」は中の下くらいじゃないでしょうか。

 

ただただ義務感だけで勉強をしていました。

 

それと、成績が下がるのが怖かったのもあります。あまり可愛げのない自分が、成績が「普通」とか、「悪い」とかだったら、親から見放されそうな気がしていました。

 

いや、両親は普通の人なんです。むしろ父親は愛情深い人です。母親も真面目で優しいです。ちょっと正義感が強すぎるけど。

 

でも思春期だったし、遠い昔に母親から言われた一言に傷ついて、「成績が良くないと、私って存在価値がないよな」と思い込んでいて、嫌いな勉強をがんばっていました。

 

スポンサーリンク

完璧主義を辞めれないウラにあるHSPらしい理由は?

 

このように、昔のことを考えていると、私の完璧主義のウラには、「不安」があると思います。「頑張る自分」「勉強ができる自分」でいないと、「自分の存在価値」がない。まわりから受け入れられない。自己肯定感が低い。ありのままの自分ではダメ。頑張る自分でないと。そう思ってしまうんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
「ダメな自分」を受け入れてもらった記憶がない。

 

両親から愛情を受けて育ちましたが、ダメな事をした時は怒られていました。まぁ当たり前なんですけど。怒られるのが極端に嫌いで、傷つきやすかったので、ちょっと注意されるだけでも辛かったんですよね。だから、怒られない様に、いろいろ頑張っていたんだと思います。

 

でも一度だけ母親が、ダメな自分を受け入れてくれた事がありました。それは、高校の頃、私が部活をサボって家に帰った時のことです。その日は、勉強と部活に本当に疲れていたので、部活をサボりました。「部活を休んだ」と母に言ったら、「毎日大変だもんね」と言ってくれました。その時は本当に嬉しかったです。こんな風に、いつもダメな自分を受け入れてくれたら、私の生活はもっと変わっていたかも、と思いました。

 

でも、そのような事は一度だけでした。そして、そのまま大人になって、今度は仕事に完璧主義を求めるようになりました。

 

私の完璧主義のウラには「不安」があります。

 

もし、「ダメな自分」や「失敗する自分」を、ありのままに受け入れてくれる親がいたら。「わがまま」を「しょうがないなぁ」って微笑みながら受け止めてくれていたら。自己肯定感がもっと高かったら、完璧主義にはなっていなかったと思います。

 

私たちって誰もが、突き詰めれば、幸せな人生を送るために、勉強とか仕事を頑張っているんですよね。「良い大学」とか「お金」が目標であったとしても、それを得ることで、幸せになれるから、それを目標として頑張るんだと思います。

 

でも私にはそれが分かっていなかったです。人より「不安」を感じやすすぎて、本来の目的を見失っていました。

 

過去の自分を探ると・・・

 

ぷーこ
ぷーこ
アレコレややこしく考え過ぎていた

 

と思います。昔から物事をややこしく考えてしまう性格だったので、もっとシンプルに考えれていたらと思います。そうしたら、両親に対する思いも違っていたかもしれません。

 

結局のところ、両親と私の相性が良くなかったのかもしれません。両親が悪いわけでも、私が悪いわけでもない。ただすれ違っただけだったと思います。

 

大人になって母親になった今、子供の頃の自分を思うと、「HSCって育てるの大変だな」と思います。

 

と言いながら、私と性格がそっくりなHSC娘を育てているんですけどね・・・。まだ小2なので、それ程ほど手はかかりませんが、思春期になると、大変そうです。

 

でもその時は、過去の自分を思い出して、ありのままの娘を受け入れたいと思います。

 

ダメな娘も、頑張らない娘も。

 

それが娘の生きる力になると信じて・・・

 

・・・・・・できるかな・・?

 

完璧主義を辞めれない原因は?そのウラにあるHSPらしい理由は?―おわりに―

私はまだ若い頃、「子供を産むなら男の子が良いな」と思っていました。その理由は、「自分のような女の子が産まれたら、育てるのが大変だから」です。自分でも、自分のような子供を育てるのは大変だと思うって・・・よっぽどですよね。

そして今、娘を育てていますが、今のところ「大変」というより「かわいい」という気持ちの方が勝っています。同じHSP同士、気が合って楽しく過ごすことができています。でも、このような日がいつまで続くか…。何かが起これば、大げんかして、口も利かなくなりそう、そんな気配がしてなりません。

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村