PTA

ひと一倍敏感な人にPTA本部役員はやっぱり辛かった!その理由は?

私は今、子供の小学校でPTA本部役員をしています。任期は2年ですが、まだ1年目です。でも就任して10ヶ月ほど経ち、仕事には慣れてきました。仕事に慣れるまでは、目の前の仕事が大変でつらく感じていました。でも10ヶ月たった今、また別の問題を感じ始めました。そのことについてお話します。

スポンサーリンク

なぜ、ひと一倍敏感な人がPTA本部役員になった?

私は、気が弱く、傷つきやすい性格です。そして今小学2年生の娘も、内気で繊細です。そんな性格だからか、一時期、登校渋りをしていました。だから、

 

ぷーこ
ぷーこ
甘えん坊の娘。母親の私が、PTAの仕事で、学校に行く機会が増えたら喜ぶかも。先生に娘の様子を聞ける機会も増えるし。

 

そう考えました。

 

でも、PTA本部って大変だろうなとは思っていました。「娘の小学校の」ではなく、世間一般に大変だと言われている、という程度の知識でしたが…。でも、それでも、正社員で会社勤めしていた時よりはマシだろうと思っていました。少なくとも、会社のように毎日仕事がある、というわけではないので…

ひと一倍敏感な人にPTA本部役員は辛かった!

でも、それが甘かったんです。自分のことを過信していました。確かに、会社勤めよりはマシです。でも、

 

ぷーこ
ぷーこ
気が弱い私には、つらい事がたくさん…

 

新しい環境や新しい人との出会い・・・もうそれだけで、しんどい・・・・

 

ドーン…と心に重くのしかかって、つらい日々を過ごしていました。

 

どーして、PTA本部になんかに、なってしまったの・・・?

 

でも、「環境」や「人」とのことは、「慣れ」が解決してくれたんです。仕事も環境も人も、慣れてくると、楽しいと感じる時もありました。

 

ぷーこ
ぷーこ
大変、大変だけど、仕事は何とかこなしていけるかも・・・?

 

そう希望が見えてきました。次の人の為に資料をまとめておこう、とか、次の人の負担を減らす為にどうしたら良いだろう?とか、そういう事を考える余裕も出てきました。

 

スポンサーリンク

ひと一倍敏感な人にPTA本部役員は、やっぱり辛かった!その理由は?

でも、PTA本部役員になって10ヶ月たった今、新たな悩みが出てきたんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
次の人の為にアレコレ考えているけど、そもそも「次の人」いるのかな?いたとしても、1年で辞めたりしないかな?

 

PTA本部の仕事は、本当に大変で、こんな大変な仕事を、ボランティアでやってくれる人がいるのかな、という不安が出てきたんです。PTA本部の役員は、選考委員の人が選んでくれるので、候補者は選出されると思います。そのなかから、私の後任の立場になる人はいると思います。でも任期は2年ですが、1年経験すると、大変すぎて「1年で辞めます」と言って辞めてしまうのではないか、という不安が出てきたんです。

 

もし後任の人が1年で辞めてしまったら、私が3年、役員の仕事をしなければならなくなるのでは・・・?

 

ぷーこ
ぷーこ
そう考えるだけで、お腹が痛くなります。

 

考え過ぎだよ、と思われそうですが、このことを考え出すと、不安でいっぱいになってしまいます。

 

きっと前向きな人なら、「どうにかなる」と思えるのかもしれませんが、心が敏感で心配性の私は、ただただ怯えるばかり…

 

なんで、こんなに考え込んでしまう性格なのに、PTA本部役員なんかなってしまったんだ…

 

ぷーこ
ぷーこ
とりあえず、今ある仕事を減らす努力をしたり、
分かりやすい引継ぎ資料を作ったり、
後任の人の負担が減るようにがんばっています。

 

少しでも不安を減らす為に、私にできる事は頑張っています。後任の人が、「何とか2年やっても良いかな」と思ってくれるように、できる限り負担を減らすつもりです。私にできることはそれだけなので…。

 

だから、もう深く考えても仕方がないんですよね。どのような人が後任にくるかにかかっているので。天命を待つのみです。それなのに、

 

ぷーこ
ぷーこ
考え出すと止まらない・・・

そう、分かっていても、不安を広げてしまう性格なので、そもそも私ってPTA本部役員に向いていないな、って思います。本当にやめておけば良かった・・・・

 

もし、私と性格がそっくりな娘が、将来、「PTA本部役員になろうかな」なんて言ったら、

 

ぷーこ
ぷーこ
絶対に辞めた方が良いよ!!!!

と全力で止めてしまいそうです。

ひと一倍敏感な人にPTA本部役員はやっぱり辛かった!その理由は?―おわりに―

実は私の母親も、私が小学生の時に、PTA本部役員をしていました。一度なると、なかなか辞めれなかったようで、4年ほどしていたと思います。母親も大変だったとは思いますが、話を聞いてみると、娘の小学校の方が何倍も大変そうです…。小学校によってPTAも仕事量が違うので、「何がなんでも辞めておいた方が良い」とは思いませんが、「想像以上に大変」ということが多いと思います。

いずれにしても、参観や懇談会でも、ドキドキするような性格なのに、軽く考えて本部役員になってしまった私の失態です。自分の性格をよく理解することって大事ですね。

スポンサーリンク

   PTA   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変な事がありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小3・HSC)の3人家族です。
地獄のワーママ歴8年、今は退職し、PTA本部役員をしています。
関西の勢いに押されながら、日々何とか生きています。
詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村