PTAの仕事を減らすには?スリム化するのに必要なこととは? | HSP、生きてるだけですごいよね?
PTA

PTAの仕事を減らすには?スリム化するのに必要なこととは?

私は今、子供の小学校でPTAの本部役員をしています。

 

今年は、コロナウィルスの影響で、いろいろな行事が中止されました。

 

ただ本部の役員としては、このことをきっかけに、PTAの仕事を減らしたいと思っているんですよね。

 

そして実際に、様々なことをおこない、PTAのスリム化に成功しました!

 

PTAの仕事を減らすのは、きっと大変だろう。

 

そう思っていたのですが、条件が揃うと「意外と簡単にPTAのスリム化ってできるんだな」と思いました。

 

そこで、この経験から、

 

  • どのようにしてPTAの仕事を減らしたのか?
  • PTAをスリム化するのに必要なことは何か?

 

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

PTAの仕事を減らすには?

PTAの仕事を減らすには、PTA本部役員だけで決めることはできません。

 

特にPTAの会則を変えるには、PTA総会で承認を得る必要があるんですよね。

 

 

ただ、PTA総会は、基本的には年に1回だと思います。

 

そのため、会則をすぐに変えたい場合は「臨時総会」を開くことになります。

 

そして臨時総会にて、会則で決まっている数の賛成を得なければなりません。

 

 

でも、子供の小学校の会則を見ると、この「賛成の数」が意外と少なかったんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
これだけ?と思う人数でした。

 

 

なんと、子どもの小学校では、

 

「会員数の3分の1の参加(委任状を含む)をもって会が成立し、その2分の1以上の同意をもって成立する」

 

 

つまり、300人の会員がいたら、100人以上が参加したら会が成立。

 

そして、その中から半数の50人以上が賛成したら、成立することになります。

 

ぷーこ
ぷーこ
委任状を含めて3分の1以上なので、けっこう人数が少ないです。

 

 

そのため、臨時総会で承認を得るのは、思ったよりはハードルが低そうでした。

 

 

このことをうけ、私たちは広報委員の廃止をおこなうことにしました。

 

 

その時に実際におこなったことは、

 

1. PTA本部役員での話し合い

2. 教頭先生、校長先生への確認

3. 広報誌廃止の会則変更の提案書の作成と配布

4. 賛否の集計

5. 可決されたことの案内書の作成と配布

 

 

これだけなんですよね。

 

 

ちなみに、PTAの臨時総会はコロナの影響で「書面総会」にしましたが、8割~9割の人が委任状を提出してくれ、全員が賛成してくれたんです。

 

そのため、議案があっさりと可決されました。

 

 

書類の作成は大変でしたが、それ以外に関しては、思った以上にスムーズで拍子抜けしたくらいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
PTAのスリム化って思ったより簡単にできるんだな。

 

 

もちろんそれは、たまたま上手くいっただけかもしれません。

 

それに、「広報委員の廃止」という議案が、同意を得やすかったというのもあります。

 

 

でも、言い方を変えれば、ある程度の条件が揃えば、PTAのスリム化はスムーズにできるものなんだと思いまいした。

 

スポンサーリンク

PTAをスリム化するのに必要なこととは?

では、どのような条件が揃えば、PTAのスリム化がスムーズにおこなえるのか?

 

 

それは、

 

  • 時間的に余裕があったこと
  • PTA本部役員の全員が仕事を減らすことに賛成だったこと
  • 教頭先生と校長先生がPTAの仕事を減らす事に積極的だったこと
  • 退任した役員が、「PTAはこうあるべき」と理想像を押し付けなかったこと
  • 保護者もPTAの負担を減らしたいと思う人が多かったこと

 

 

これらの条件が上手く揃ったことで、あっさりと会則の改定をおこなうことができました。

 

 

さらに、PA本部役員の関係性が良かったことも大きいです。

 

例えば、自分の意見ばかり主張する人がいたり、反対に気を遣って思うことを言えないような雰囲気だと、大変だと思うんですよね。

 

 

でも本部役員同士が、意見を自由に言えて、お互いに協力し合う「いい関係性」だったから、会則の改定までスムーズにできたと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
誰かが「ここが職場だったら理想の職場だな」と言っていたのですが、本当にその通りだと思います。

 

 

でもPTA本部役員って、「誰もが嫌がることを引き受ける人達の集まり」だったりしますよね。

 

だから、「いいチーム」ができやすいと思うんです。

 

 

それに、保護者は「PTAの負担を減らしたい」と思っている人が多いので、ある程度は条件はそろいやすいはずです。

 

 

もちろん、だからといって、PTAの仕事を減らすのは簡単なわけではないです。

 

それなりの苦労はあります。

 

 

でも、PTA本部役員の仲間に恵まれていたり、校長や教頭先生がPTAのスリム化に積極的であれば、思ったより簡単に乗り越えれますよ。

 

 

PTAのスリム化は、いい条件が揃えば、思ったより簡単におこなえる。

 

ただ、場合によっては、とても大変なことが起きる・・・。

 

ぷーこ
ぷーこ
PTAの仕事を減らすのに猛反対の人がいると、ちょっとややこしくなります。

 

 

だから、PTAの仕事を減らすのは簡単だとは言い切れませんが、挑戦してみてもいいかもしれません。

 

もし行事の中止などで時間があるなら、試してみる価値はあると思いますよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
もちろん、無理のない範囲でですが。

 

 

 

PTAはボランティアなので、最低限の役割だけ果たしたら、それで終わりにしたいですよね。

 

でも、PTAの会則を変更した。皆の仕事を減らした。

 

そうすると、ちょっと自分の自信につながりました。

 

 

そして、先生からも、ほんのちょっとだけ一目置かれたような…?

 

 

だから、時間に余裕があるのなら。

 

無理のない範囲で、PTAのスリム化をめざしてもいいかもしれませんよ。

 

PTAの仕事を減らすには?スリム化するのに必要なこととは?―おわりに―

PTAの仕事を減らすには、会長がどのような人かも重要です。

 

最終判断はPTA会長がするので、会長が保守的だったり、決断をするのが苦手な人の場合、スリム化は難しいかもしれません。

 

もちろん、他の人がフォローすればいい面もあります。

 

でも会長の人柄で、スムーズさは変わってきます。

 

だから、会長がどのような人か?もスリム化を目指すときの判断材料になりますよ。

スポンサーリンク

   PTA   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村