仕事

仕事をミスをした次の日はどのように過ごしたらいい?

仕事をミスした次の日って、職場に行きづらいですよね。

 

何となく気まずくて、休んでしまいたくなります。

 

それにまわりの視線も気になるし、またミスしてしまうかも…と仕事が怖くもなりますよね。

 

そこで、仕事をミスした次の日はどのように過ごしたらいいかを調査してみましたので、経験も踏まえてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

仕事の失敗で気まずい

仕事を失敗すると、上司に迷惑を掛けるだけでなく、先輩や同僚にも負担を掛けることもありますよね。

 

そうすると、申し訳ない気持ちでいっぱいになって、どことなく気まずい雰囲気になります。

 

ぷーこ
ぷーこ
そうなると、職場にいるのが嫌になりますよね。

 

自分がミスしたせいだと分かっていても、そのような気まずい雰囲気のなかにいるのは、とても辛いです。

 

仕事のミスで次の日行きたくない

そして、ミスをした日は何とかその気まずい雰囲気を乗り越えても、次の日もまだまだ気まずいんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
1日たった位だと、自分がミスをした事を皆はまだ覚えています。

 

だから、仕事のミスをした次の日は、職場に行きたくなくなりますよね。

 

しかも、一度ミスをしているので同じミスは許されないし、そのプレッシャーで別のミスを犯してしまいそうです。

 

そう思うと仕事が怖くなって、もう明日は休んでしまおうか?という気になると思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
この不安から逃れたくなりますよね。

 

ただ、やっぱりでミスをした次の日に休んでしまうと、ますます職場に行きづらくなります。

 

ぷーこ
ぷーこ
それに、まわりは「仕事のミスを引きずって休んだ」と薄々気づいてしまいます。

 

だから、仕事のミスをした次の日は、とにかく「出勤すること」を目標にし、「出勤ができたらOK」くらいの気持ちでいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
まずは目標を小さくします。

 

そうすると、少しハードルが下がって心が落ち着いてくると思います。

 

ただ、このように目標を作るだけでは、「またミスするかも」という不安な気持ちは拭えませんよね。

 

そんな時は、「どうしたら同じミスを繰り返さないか」という事を具体的に考えるといいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
ミスをしない仕組みを考えます。

 

例えば、伝票の起票間違いならチェック表を作ったり、商品を送り忘れたのなら発送日を書いたカレンダーを目につく所に置いておいたり、自分なりにミスをしない具体的な方法を考えます。

 

そうすることで、同じミスをしてしまう不安も少しは解消されますし、仕事が怖いと思う気持ちも和らぎますよ。

 

スポンサーリンク

仕事で失敗した、明日はどうする?

そして、何とかミスをした次の日にも出勤をしたら、上司に「昨日はご迷惑をお掛けしました。同じ失敗を繰り返さないように、また一から頑張りますのでよろしくお願いします」と朝一に言います。

 

ぷーこ
ぷーこ
このように挨拶ができたら、ひとまずは安心です。

 

そして、その後はクヨクヨしたり落ち込んだ態度を見せずに、淡々と仕事を頑張ります。

 

ぷーこ
ぷーこ
いつまでもミスを引きずっている様子だと、まわりの人が気を遣ってしまいますよね。

 

ただ、「落ち込んだ態度を見せない」とか「淡々と仕事をする」ってけっこう難しいです。やっぱりまだ心はビクビクしているし、ミスしたらどうしよう?という不安は拭えません。

 

そんな時は、まず簡単な仕事から一日を始めるといいですよ。

 

例えば、書類整理や備品の片付けなど、ミスすることがない簡単な仕事から始めると徐々に落ち着いてきます。

 

そうしていくうちに、だんだんエンジンがかかってくるので、別の仕事に取り掛かっていきます。

 

ぷーこ
ぷーこ
簡単な仕事から始める為に、早めに出勤するといいかも!

 

仕事でミスをすると、どうしても気まずくなったり、仕事が怖くなってしまいますよね。そして「いつも通り仕事をすること」が、とても難しく感じてしまいます。

 

確かに、ミスをして落ち込んでいる時からみると、「いつも通りに仕事をすること」は高い目標に見えるかもしれません。

 

でも、高い目標も小さな目標の積み重ねなので、階段を一歩一歩あがるように、小さな目標をクリアしていくといいのかなと思います。

 

例えば、

 

ミスをした次の日は出勤できたらOKと考える⇒ 家でゆっくりミスをしない仕組みを具体的に考える ⇒ 何とか出勤する ⇒ 上司に挨拶する ⇒ 簡単な仕事をする ⇒ 別の仕事をする

 

このように一つ一つの段階で目標を決めてクリアしていくことを目指すと、いきなり高い目標を目指すより、「何とか頑張れそう」って気持ちが沸いてくると思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
いきなり「明日から絶対にミスしないように仕事する!」という目標だとプレッシャーで辛いですよね。

 

だから、まずは「乗り越えられそうな目標」を立てて、最終的には大きな目標を目指す方が気持ちが楽です。

 

そして、仕事でミスをした次の日さえ乗り越えたら、その翌日からはハードルがグッと下がりますよ。

 

まわりの人も自分自身も、ミスをした事より別の事で頭がいっぱいになってくるので、「いつも通り」になっていくはずです。

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事でミスをした次の日はつらい。でも翌々日は「いつも通り」に近づいています!

 

だから、仕事でミスをした次の日を乗り越えたら、何か自分にご褒美でも買って頑張った自分を労うのもいいと思います。

 

ミスをしたら辛いし気まずいですよね。

 

でも、誰だってミスはします。たまたま今回は自分がミスをする番だったのです。そして、ミスをする辛さや不安を知ったはずです。

 

だから、もし次に誰かがミスをしたら、優しく声を掛けることができると思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
そうして、職場での信頼関係が築かれていきますよね。

 

だから、ミスで辛い気持ちも、とても大切な経験だと思います。そして次につながる貴重な経験でもあると感じます。

 

仕事でミスをした次の日は気まずい、でもそれを乗り越えたら、次にまたミスをした時も乗り越えれるはずです。

 

このように考えると、ミスはとっても大事な成長の機会ですよね。

 

仕事をミスをした次の日はどのように過ごしたらいい?―おわりに―

仕事のミスをした時って、職場の雰囲気がどうかによっても気まずさが変わってきますよね。

 

ミスを責めるような雰囲気だと本当につらいです。

 

でも、皆がミスをした辛さを分かってくれる職場だと、気まずいどころか励ましてもらえますよね。

 

ミスをしたら責められるような雰囲気の職場って、HSPには恐ろしすぎて考えるだけで苦しくなります…。

 

そのような職場の人達は、自分がミスをした時のことって考えないのでしょうか。自分の為にもみんなの為にも、温かい職場がいいはずなのですが…。

 

ただ、何度もミスを繰り返して反省もしない人がいると、ミスに対して厳しくもなりますよね。

 

仕事って本当に難しいです。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村