仕事

心が繊細な人が仕事のミスを隠すとどうなる?

仕事でミスをしてしまうと、とっても焦りますよね。そして、そのミスを隠してしまいたくなる時もあります。

 

そして、上司にミスを報告した方がいいのは分かっていても、なかなか言い出しづらいものですよね。

 

では、実際にミスを隠すとどうなるのか?特に繊細で心が敏感な人がミスを隠す場合はどうなのか?

 

これらについて、経験もふまえてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

仕事のミスを隠して罪悪感

繊細な人が仕事のミスを隠すとどうなるのでしょうか?

 

もしかしたら、ミスを隠したことがバレないかドキドキするかもしれません。

 

でもそれよりも、仕事のミスを隠したことによる「罪悪感」でいっぱいになります。

 

ぷーこ
ぷーこ
ミスした以上に、隠したことを「どうしよう…」と思ってしまいます。

 

「仕事のミスを正直に話さなかった自分はダメな人間」

「ミスした事よりも失敗を隠した事の方が恥ずかしい」

 

などなど、罪悪感で押しつぶされそうになります。そして、この日の出来事を、何年たっても忘れられなくなります。

 

仕事のミスを隠してバレたら?

そして次に、仕事のミスを隠した事がバレた時のことを考えてしまいます。

 

もしミスがばれたら、仕事のミスを知らないふりしようか?仕事のミスをごまかそうか?などなど考えますが、結局のところバレてしまった時の恐怖は大きいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
実際にミスを隠したのがバレたら、ミスした事より隠したことをめちゃくちゃ怒られます。

 

そして、まわりからの信頼を失って、「ミスを隠した人」というイメージがつきまとってしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
一旦ついたイメージはなかなか消えません。

 

そして、上司やまわりからの信頼を回復するには何年も時間が掛かります。

 

ぷーこ
ぷーこ
繊細な人だったら、まわりからの信頼を失うのはかなり辛いですよね。

 

スポンサーリンク

小さいミスを隠すのは?

ただ実際のところ、大きな仕事のミスであれば上司に報告するしかありません。仮に隠したとしてもバレる可能性が高いです。

 

だから、大きなミスを隠そうとする人はあまりいないと思いますが、小さいミスを隠そうと思ったことがある人は、意外と多いかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
あまり大きな影響がないミスだと、隠したくなる気持ちは分かります。

 

ただ、ミスを隠せたと思っていても、意外とまわりにバレている事があるので注意した方がいいです。

 

というのも、同僚が小さいミスを隠しているところを目撃したことがあるんです。

 

そのミスの内容は、伝票の送り漏れだったのですが、同僚はこっそりと担当営業に電話をしてミスのリカバリーをしていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
リカバリー方法は良かったのですが…

 

ただ、そのミスをした事を上司に報告していなかったんです。しかもそのミスをしたのは2回目で、本来なら上司からも担当営業に謝罪をした方がいいと思われます。

 

もしかしたら、私が見ていないところで上司に報告をしたのかもしれませんが、その同僚はミスのリカバリーを終えると、そのまま仕事に戻っていたので上司には報告していないように思いました。

 

そして、思ってしまったんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
○○さん、ミスを隠したな…

 

正直なところ、その同僚に対して何だか複雑な気持ちになってしまいました。2回目のミスだし上司に報告しづらかったのは分かる、でもそこは報告をすべきところでは…?と思ってしまったんです。

 

ただ、このことは誰にも言っていません。私の勘違いかもしれないし、何も問題は起きなかったので、ミスをした同僚にも確認していません。

 

でも、私のなかでその同僚は「ミスを隠した人?」というイメージがついてしまいました。

 

ぷーこ
ぷーこ
勘違いだったら本当に申し訳なく思いますが…

 

ただ、はっきりとした確証はないので、その同僚への態度を変えたりはしてません。

 

でも心のどこかで、その同僚のことを「ミスを隠す人?」と思っている自分がいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
これって、ある意味では1番怖いことかもしれません。

 

そうなんですよね。だから、どれだけ上手くミスを隠せたと思っても、誰がどこで見ているか分かりません。

 

自分では気づいていなくても、ミスを隠した事がバレている可能性は常にあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
「ミスを隠した人」と思われている恐怖がいつも付きまといます。

 

繊細で心配性な私なら、こんな怖い状況になるくらいなら、ミスを素直に報告する方がよっぽどいいです。ミスをしたことで上司からの評価は下がるかもしれませんが、同僚からひっそりと「ミスを隠した人」と思われるよりはマシです。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司からの評価が下がるより、同僚から人間性を疑われる方が辛いです。

 

 


 

このように見ていくと、繊細で心が敏感な人は、仕事の大きなミスはもちろん、小さいミスであっても素直に報告する方が身のためです。

 

ミスを隠した罪悪感、「ミスを隠した人」と同僚から思われているかもしれない恐怖、これらを思うと上司に報告する方が心の安定に繋がるように思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司にミスを報告する時はドキドキしますが…

 

ただ、小さいミスであれば、意外と上司は何も言わないかもしれません。「次からは気を付けて」と言う程度で、評価が下る程のことではないかもしれませんよね。

 

それに小さなミスを報告する姿は、同僚から見ると誠実に仕事をしていると好印象かもしれません。

 

いずれにしても、繊細な人にとっては真っすぐな道を選ぶ方が心の安定になると思いました。

 

心が繊細な人が仕事のミスを隠すとどうなる?―おわりに―

私の場合ですが、仕事のミスに関してではなくても、「罪悪感」というのはけっこう引きずります。

 

「あの時○○しとけば良かった」という感情って何年も覚えているんですよね。ふとした時に記憶が蘇って、心が苦しくなります。

 

このことを思っても、仕事のミスは隠さない方がいいのかなと思います。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村