仕事のミスで生きた心地がしない時どう乗り越える? | HSP、生きてるだけですごいよね?
仕事の対処法

仕事のミスで生きた心地がしない時どう乗り越える?

仕事でミスをしてしまった。

 

そのような時って、本当に生きた心地がしませんよね。

 

「もう消えてしまいたい」

 

そう思うくらい辛いです。

 

ただでさえ「ミスしないように…」と仕事をしているのに、ミスをする。

 

そうすると、「この世の終わりか?」ってくらいにパニックになってしまいます。

 

そんな時、どう乗り越えたらいいか?

 

そこで、これまでの経験をもとに、

 

  • 仕事のミスで生きた心地がしないときは、どう乗り越えたらいい?

 

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

仕事のミスで生きた心地がしない時どう乗り越える?

仕事でミスをしてしまった。

 

そうすると、かなり焦ってしまいますよね。

 

 

サーっと血の気が引いて、「どうしよう…」と全身が悲鳴を上げます。

 

 

ただそのような状態だと、ミスの対処ができないし、新たなミスを犯してしまいそうです。

 

 

だから落ち着こうと思うけど、ミスをしたときに落ち着くのって難しいですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
冷静になれません。

 

 

そのような時はどうしたらいいか?

 

 

それは、

 

  • 深呼吸をする

 

このようにするといいです。

 

 

ありきたりな方法かもしれませんが、まずは呼吸を整える。

 

そうすると、少しは落ち着いてきますよ。

 

 

 

そしてほんの少し落ち着いてきたら、考えます。

 

ぷーこ
ぷーこ
何でミスが起きたんだろう?本当に私が悪いのか?

 

 

正直なところ、ミスが怖い人は、丁寧に仕事をすると思うんです。

 

ミスが起きないように、慎重に確認をするはずです。

 

 

だから、今回起きたミスは、本当に自分のミスなのか?

 

他の要因はないのか?

 

落ち着いて考えてみます。

 

 

そうすると、自分だけが悪いわけではない。

 

そう思えることも多いですよ。

 

 

 

またそもそもですが、仕事のミスは、いろいろな要因が重なって起きていることが多いと思うんです。

 

それに、たまたま不運が重なって、起きてしまうこともあります。

 

 

だからミスが起きたとしても、そのミスは「全面的に自分だけが悪いわけではない」

 

そう思えると思います。

 

 

ただもちろん、完全に自分のミスの場合もあります。

 

自分だけのミスが、誰かに迷惑を掛けてしまった。

 

 

そんな場合もあります。

 

 

でもよく考えると、1人のミスが大きな問題になるようであれば、そもそも仕事の仕組みが間違っていると思うんです。

 

 

誰かがミスをしても、それをフォローする仕組みができていない。

 

そう捉えることもできます。

 

ぷーこ
ぷーこ
ミスは誰でもするので、ミスを防ぐ仕組み作りが大事です。

 

 

このように考えると、ミスをしてしまっても、自分だけが悪いわけではない。

 

そう思えますよね。

 

 

そうすると、気持ちが落ち着いてきて、冷静に対処できるようになります。

 

 

 

それに、ミスをした時に大事なのは、そのミスを繰り返さないことです。

 

というより、同じミスを犯さない仕組みを作るのが大切です。

 

 

自分以外の人がその仕事をしても、ミスをしない仕組みを考える。

 

 

そうしていくと、ミスがいい機会になり、業務が改善していきますよね。

 

 

 

このように考えると、長い目で見れば、「今回のミスは未来のミスを防いだ」ともいえます。

 

 

だから、ミスをしたことは辛いですが、未来につながった。

 

業務改善になったし、会社のためにもなっている。

 

 

そう思うと、前向きな気持ちが芽生えますよ。

 

 

上司にミスを伝える時は?

ただ気持ちは落ち着いても、上司にミスを報告する時は、気が重いですよね。

 

 

そのような場合は、どうしたらいいか?

 

 

それは、ミスの報告の仕方に気をつけたらいいです。

 

 

例えば、

 

  • 「ミスをしてしまいました。申し訳ございません。」

 

このように報告をする場合。

 

 

さらに、

 

  • 「ミスをしてしまいました。申し訳ございません。○○のように対処しようと思うのですがよろしいでしょうか?

 

このように報告する場合。

 

 

上司の立場からすると、後者のように報告される方がいいですよね。

 

 

ミスの度合いにもよりますが、場合によっては、「わかった。そのように対処して。」で終わるかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
些細なミスなら、怒られることもないかも。

 

 

ミスをした時に大変なのは、それをどうフォローするかです。

 

 

正直なところ、ミスのフォローに手間がかからなければ、上司に嫌な顔をされることがない場合もあります。

 

 

だからミスをした時は、上司に謝罪するだけでなく、どうフォローするかも提案する。

 

そうすると、上司へのミスの報告もしやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク

気まずい雰囲気はどうする?

また、ミスをしたときに辛いのが、職場の雰囲気が悪くなることです。

 

 

なんとなく気まずい気持ちになって、居心地が悪くなりますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
関係ない人にも、申し訳ない気持ちになります。

 

 

でも正直なところ、職場の人は、それほど気にしていないんですよね。

 

特に自分に迷惑がかかっていなければ、何も思っていない可能性もあります。

 

 

だから、気まずい雰囲気を感じたとしても、それは自分が思っているだけです。

 

ミスしたことに罪悪感を覚えているので、居心地が悪く思うんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
周囲は気にしていません。

 

 

だから、自分がミスをしたとしても、周囲のことは気にする必要はないです。

 

それよりも、ミスしない仕組みを考える方が、大切ですよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
その方が、職場の人のためにもなります。

 

 

 

それに、自分が以外の人がミスをしたとき。

 

そのほど気になりませんよね。

 

 

大変そうだな、と思うことはあっても、イライラすることはないはずです。

 

 

だから、仕事でミスをしたとしても、気まずく思う必要はありません。

 

確かに、初めは気になるかもしれませんが、1時間もすれば雰囲気は元に戻ります。

 

 

 

仕事のミスをすると、本当に生きた心地がしませんよね。

 

でも、自分を責めすぎる必要はありません。

 

 

悪いのは、ミスをしてしまう今の仕組みです。

 

だから、落ち着いて、次はミスをしない方法を考えてくださいね。

 

 

仕事のミスで生きた心地がしない時どう乗り越える?―おわりに―

本当にHSPにとって、仕事はつらいですよね。

 

絶対に無理だと思いますが、もし匿名で仕事ができたら、もっと仕事ができると思います。

 

ミスしてもいいから、とりあえず仕事をバンバンこなしてくれ!と言われたら、かなり嬉しいです。

 

そんな職場であれば、悩みがグッと減りそうですね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村