仕事

職場のお節介な人とうまく付き合うにはどうしたら良い?

私が働いていた職場に、とてもお節介な人がいました。

 

人の仕事にいちいちアドバイスをしてきて、「自分の方法が一番いい」という雰囲気で話しかけてきます。

 

でもそういうお節介な人に、はっきりと「アドバイスはいらない」なんて言えませんよね。

 

そこで、職場のお節介な人への対処法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

お節介の押し付けをされる

職場のお節介な人といえば、先輩だったり上司だったりします。

 

だから、無視をすることなんてできませんよね。

 

それに、自分より経験がある先輩からのお節介となると、もしかしたら先輩のアドバイスの方が正しいのかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
でも、先輩からいろいろとアドバイスをされると監視されているみたいでしんどいです。

 

だからお節介だなと感じても、そんなことは口に出すことはできません。

 

ただそうすると、ますます先輩や上司からのお節介は止まらず、思い切って断ってもお節介を押し通されます。

 

ぷーこ
ぷーこ
「はい」と言うまで説得をされます…
スポンサーリンク

職場のお節介な人とうまく付き合うには?

そんな職場のお節介な人にはどう対処したら良いのか?

 

いろいろと経験をしてきた結果、結局のところ一番良いのは、

 

お節介な人の言うとおりにする

 

これが一番に楽な対処法です。

 

私の経験では、お節介な人って、頭の回転が速くて世話好きです。仕事ができるし、まわりへ気遣いもします。

 

だから、お節介な人がするアドバイスって、正しい事が多いんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
お節介な人自身も、自分は正しいという自信があるように思います。

だから、アドバイスを受け入れないと、お節介な人は「はい」と言うまで説得を続けます。

 

でも、お節介をされる側としては、「絶対にこのアドバイスは役に立つはずなのに、なんで「はい」と言わないの?」という雰囲気で話されるので、正直なところ「しんどい」ですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
お節介を押し通されると、そんなに自分の考えはダメなのか…という気もします。

だから、そんな状況になるくらいなら、いっそのこと、お節介な人が言うとおりに行動をします。

 

「ありがとうございます」とお節介を受け入れて、ありがたくお節介をしてもらうんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
こうすると、結局のところ丸く収まって楽です。

全部の仕事に対してお節介をされるとさすがにしんどいですが、仕事の一部分であれば、お節介な人のアドバイス通りにしてもそれほど支障はないはずです。

 

気持ち的に納得がいかない部分はあるかもしれませんが、お節介な人と、ひと悶着するよりよっぽどマシです。

 

 

ただ、そうとはいえ、どうしてもお節介な人に従いたくない場合もあると思います。

 

そんな時は、

 

お節介な人の上司に助けてもらう

 

お節介な人も、さすがに上司の言うことは聞きますよね。

 

だから、どうしてもお節介な人に困っている場合は、上司に相談をして、上司の口から「この仕事は○○さんに任せよう」など言ってもらいます。

 

実は、私が働いていた職場での話なのですが、ある時、職場のお節介な人が、お昼休憩になかなか行かない後輩に「休憩に行かないの?お昼ご飯買ってこようか?」とお節介をしたんです。

 

すると後輩は「大丈夫です。この仕事終わったらパッとお昼食べに行きます。」と言いました。

 

でもお節介な人は、「いいよ、いいよ。お昼買ってくるから」と言ってなかなか引き下がりませんでした。

 

後輩は「本当に大丈夫です。いらないです。」とキッパリと断ったんですけど、お節介な人は「いいから。買ってくるから」と、後輩が「はい」と言うまで引き下がらない様子でした。

 

すると、そのやり取りを見ていた上司が、

 

「○○(後輩)は「いらない」って言っているだろう。いらないものはいらないんだ。」と言って間に入ってくれたんです。

 

するとお節介な人は、さすがに引き下がりました。

 

ぷーこ
ぷーこ
お節介な人からすると後輩は遠慮しているように見えたのかもしれませんが、本心で「いらない」と思っていたので、その気持ちを上司が代弁してくれました。

 

ただ、このように上司が手を貸してくれたら良いですが、なかなかそこまでしてくれる上司っていませんよね。

 

そんな時はどうしたら良いか…?私の経験から言うと、

 

お節介な人が納得する理由をつけて断る

 

例えば、お節介な人から、仕事の仕方についてアドバイスをもらった時、「私は左利きなので、この方法の方がスムーズにできるんです」と言うなど、「自分の方法でする方が良い理由」をはっきり述べると、何も言わない時より納得して引き下がってくれます。

 

実は前に、職場のお節介な人に、仕事の仕方についてアドバイスをもらった時に、「私の机は狭いので、この方法の方が良いんです…」とアドバイスを断って自分の方法で仕事を進めたんです。

 

すると、すぐに引き下がってくれて、数日後、お節介な人も、私の仕事の仕方で業務をしていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
私の仕事の仕方に納得してくれたようで安心しました。

 

お節介な人は、先輩や上司であることが多いので、単に「自分の方法の方が良い」、と主張するのは難しいですが、「私は○○が苦手なので、この方法の方が良いです」という言い方なら、お節介な人も不快には思わないと思います。

 

職場での人間関係を考えると、お節介な人に不快な思いをさせないように対応するって難しいですよね。

 

でも、お節介な人は、「相手の力になりたい」という気持ちがある人だと思うので、どれだけ忙しくても気に掛けてくれない上司よりは良いのかなと思います。

 

「何事も言い方次第」だと思うので、お節介な人への対応も、言葉の力を借りて乗り切るのが良いのかなと思います。

 

職場のお節介な人とうまく付き合うにはどうしたら良い?―おわりに―

私はお節介な人が苦手なのですが、実のところ私自身がお節介になってしまう時もあります。

 

しかも今はそれなりの年齢なので、「お節介おばさん」なんて言われないように気を付けないと…と思っています。

 

陰で「お節介おばさん」なんて言われたら悲しいですよね。年齢を重ねれば重ねるほど、余計なことは言わない方が良い、そんな気がします。

 

先輩・上司・ベテラン、というだけで威圧的になってしまう事ってあります。

 

そのうえお節介だと、後輩は対応に困るのは当然のような気がしてきました…。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変な事がありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小3・HSC)の3人家族です。
地獄のワーママ歴8年、今は退職し、PTA本部役員をしています。
関西の勢いに押されながら、日々何とか生きています。
詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村