仕事

お土産にそえるメッセージの例文 職場の場合どうする?

職場でお土産を配る時、1つずつ配るのではなく、給湯室などに置いておく場合もありますよね。

 

その時、どんな風にメッセージを添えれば良いか…?意外と悩みます。

 

そこで、お土産に添えるメッセージの例文をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

お土産にそえるメッセージで職場の場合の例文

お土産に添えるメッセージってどのように書けば良いか、意外と迷いますよね。

 

先輩や上司もいるのに、変な書き方をしてしまったらどう思われるか…心配になります。

 

そこで、お土産にそえるメッセージの例文を見ていきます。

 

★ その1.

○○のお土産です。

皆さんでお召し上がりください。

○○(名前)

 

★ その2.

先週は(先日は)お休みをいただきありがとうございました。

○○のお土産です。

ぜひ召し上ってください。

○○(名前)

 

★ その3.

先週○○へ帰省しました。

よろしければお召し上がり下さい。

○○(名前)

 

このようにシンプルな内容で十分です。

 

もう少し工夫したいようであれば、

 

★ その4.

○○のお土産です。

○○は、○○の名産地ですので、よろしければお召し上がりください。

○○(名前)

 

このように、お土産に興味を持ってもらえるような内容を付け加えると、みんな喜んで食べてくれるかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
よりお土産が美味しく感じれそうですね。

 

スポンサーリンク

会社でお土産をデスクに置く場合のメッセージ例文

では次に、外出や出張でいない人へ、デスクにお土産を置いておく時のメッセージの例文をみていきます。

 

■ その1.

○○さん

○○のお土産です。出張でいらっしゃらなかったので机に置いておきます。

どうぞお召し上がりください。

○○(名前)

 

■ その2.

○○さん

お疲れ様です。

○○のお土産です。ぜひ召し上がってください。

○○(名前)

 

こちらもシンプルな内容で十分です。

 

ただ、私が働いていた職場では、出張や外出でいない人へお土産を机に置いておく時、わざわざメモを付けておく人はいませんでした。

 

人数が多い部署だったので、いちいちメモを書いていたら、何枚も書かないといけなかったので、誰も書いていなかったんだと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
デスクにお土産を置いておく場合、必ずしもメッセージが必要な訳ではありません。

 

ただ、職場によっては、「いない人へお土産を渡す時はメモを付ける」というルールがある場合もあるので、職場の習慣に合わせると良いです。

 

 


 

ただ私の経験ではですが、私が所属していた係は、みんな席を外すことが多かったので、お土産を配られても、誰がくれたのか分からなく困ることが多かったです。

 

だから、

 

「これ誰がくれたんだろうね?」

「さぁ・・・?」

 

という感じで、「誰がくれたのかは分からないけど、いただきます…」という気まずい感じでお土産を貰うことが多かったです。

 

誰がくれたか分からなかったので、当然お土産をくれた人にお礼を言うこともありませんでした。

 

だから、知らないうちに、廊下ですれ違ったり打ち合わせで顔を合わせたりしていた事があったかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
そう思うと失礼なことをしてしまっていたかも…と思います。

だから、お土産にメモがあった方が、誰がくれたのかが分かって良いなと思いました。

 

メッセージまで付けてくれていたら、こちらもお礼を言いやすいし、コミュニケーションのきっかけになると思います。

 

とはいえ、とても手間なことなので、絶対にその方が良いとは思いませんが、あったら嬉しいと思いました。

 

細かな気遣いができる人だな、と印象が良くなると思います。

 

でも、あまりメッセージが長々とあると、「暇なのか?」と勘違いされることもありそうなので、難しいですね。

 

ぷーこ
ぷーこ
私はあれこれ深く考えてしまう性格なので、お土産のメモ1つでも考えすぎて書けなくなりそうです。

 

そんなに悩んでしまうくらいなら、書かなくて良いと思いますが、例えば、「時間がない場合は無理して書かない、時間がある場合はシンプルに書く」と自分なりのルールも持っておくと良いと思いました。

 

お土産にそえるメッセージの例文 職場の場合どうする?―おわりに―

私は細かな事を気にしてしまう性格なので、職場へのお土産って本当に気を遣うなと思いました。

 

大勢の人に1つのお土産を配るので、いろいろな事を思う人がいるのは仕方がないと思いますが、こんなに気を遣うならお土産を買うのはやめようと思ってしまいます。

 

お土産にそえるメッセージにしても、敬語の使い方が間違っていたり、言い回しが下手だと、上司に何て思われるかな?なんて考えて、なかなか書けなくなりそうです。

 

お土産くらいで迷わないように、やはり自分なりのルールも決めておこうと思いました。

スポンサーリンク

    仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村