恋愛の悩み

年下彼氏の敬語が抜けない!さりげなくやめてと伝える内気な私の方法とは?

私は年下の彼氏と付き合ったことがあります。

 

出会いはバイト先で、先輩と後輩でした。

 

ぷーこ
ぷーこ
私が先輩で、彼氏が後輩でした。

 

そのせいか、付き合った当初は、彼氏の敬語がなかなか抜けなくて、彼氏との距離を感じていたんですよね。

 

何度か「タメ口でいいよ」と伝えましたが、私は内気で気が弱い性格なので、しつこく言うことはできませんでした。

 

ぷーこ
ぷーこ
できることなら、さりげなく「敬語をやめてほしい」と伝えたい。押しつけがましく言いたくない。

 

そう思って、気が小さい私なりの方法で、「敬語をやめてほしい」という気持ちを伝えました。

 

そして、そのおかげで、年下彼氏がタメ口になったんです。

 

そこで、年下彼氏にどのように「敬語をやめてほしい」と伝えたか?お伝えします。

 

スポンサーリンク

 

年下彼氏が敬語を使う心理とは?

やはり、私達の場合、バイト先の先輩と後輩だったので、「敬語を使う癖」が抜けなかったんだと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
2年間、先輩・後輩として一緒に働いていました。

 

確かに、付き合ったからと言って、いきなり敬語からタメ口になるのって難しいですよね。

 

もし私が彼氏の立場だったら、急にタメ口で話すなんてできません。

 

仕事を教えてくれたり、困った時に助けてもらった先輩に、付き合ったからっていきなりタメ口は無理です。

 

 

そのように考えると、

 

ぷーこ
ぷーこ
彼氏が敬語がなかなか抜けなかったのは、年上として敬ってくれていたからかも…?

 

そう思うと、敬語がなかなか抜けなかった彼氏って、真面目で誠実だったからかな、と今なら思えます。

 

年下彼氏が敬語をやめれない

とはいえ、当時はそんなことに気がつかなかったので、年下の彼氏から敬語で話された時は、距離を感じて虚しい気持ちになりました。

 

ぷーこ
ぷーこ
もっと対等でいたい、そう思っていました。

 

 

でもやはり、年下彼氏は、咄嗟の時は敬語でしゃべるクセが出てしまったようなんですよね。

 

そのため、メールではタメ口でも、会話では「○○ですよね」と敬語で話すことが多かったです。

 

彼氏なりに、意識はしてくれていましたが、敬語をやめるのは難しい様子でした。

 

 

ただ、私はそれが嫌で、

 

ぷーこ
ぷーこ
「タメ口でいいよ」と声を掛けていました。

 

でも、彼氏の敬語がなかなか抜けない日が続くと、何度も「タメ口でいいよ」と声を掛けるのは気まずくて、指摘をするのが嫌になっていました。

 

 

そうして、彼氏が敬語でも聞き流すようになって・・・

 

そして、彼氏が自分で敬語だったと気づいて、

 

彼氏
彼氏
○○ですよね~。
あっ!ごめん、また敬語になってた…。

 

ぷーこ
ぷーこ
そういえば、敬語だったね。

 

と今気づいたフリをして、「彼氏が敬語でも気にしてない風」を装っていました。

 

 

でも、正直なところ、

 

ぷーこ
ぷーこ
また彼氏は敬語だったな…。
いつになったら敬語が抜けるんだろう?彼氏が敬語を使うと、だんだん気まずくなってきたよ…。

 

そんな風に思っていました。

 

 

私がもっと年上彼女として余裕があれば、

 

ぷーこ
ぷーこ
敬語が抜けないなんて、年下彼氏はかわいいなぁ。

 

と思えたかもしれません。

 

 

また、明るく前向きな性格なら、

 

ぷーこ
ぷーこ
年下で付き合う前から敬語だったんだから、クセが抜けなくても仕方ない!

 

そう思えたと思います。

 

 

でも私は、内向的な性格で、うじうじと考え込んで、自分の思うことが言えない性格なので、

 

ぷーこ
ぷーこ
あ~彼氏また敬語だったな。
気まずいな…でも何回も「敬語やめて」って言うと「しつこい」とか「うざい」とか思われるかもしれない…。
それに敬語のままだと、やっぱり距離を感じる。対等な関係が良いのにな…。

 

とモヤモヤと1人で悩んでいました。

 

スポンサーリンク

年下彼氏の敬語をさりげなく指摘するには?

だから、彼氏を嫌な気持ちにさせずに、さりげなく「敬語をやめてほしい」と伝えるには、どうしたらいいかを考えました。

 

 

そこで思いついたのが、次のことです。

 

ぷーこ
ぷーこ
冗談っぽく指摘するのはどうだろう?

 

彼氏に気を遣いながら、「敬語使わないで欲しいな…」と伝えるのではなく、

 

「敬語を使ってはいけないゲーム」のようにして、冗談っぽく指摘をする、という方法を思いついたんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
彼氏が敬語を使ってしまうことを「笑い」にして、楽しみながら、敬語からタメ口になってくれたら良いな、と思いました。

 

 

例えば、

 

彼氏
彼氏
○○って○○ですよね。
ぷーこ
ぷーこ
あっ!敬語使った!残念!ゲームクリアならずだね!(笑)
彼氏
彼氏
ほんとだ~!敬語使ってしまった!
次は絶対にクリアしよう!

 

このような感じです。

 

 

 

そして実際に、このように実践してみたところ・・・

 

ぷーこ
ぷーこ
楽しみながら、彼氏が敬語をやめることができました!

 

 

彼氏に「タメ口でいいよ」と言っていたときは、何となく気まずい時もありました。

 

でもこのように冗談っぽく指摘をすると、ゲーム感覚で、お互いに楽しめたんです。

 

 

それに今思うと、冗談を言い合っている時の方が、タメ口になりやすいので、そういう意味でも良かったと思います。

 

 

彼氏は、悪気があって私に敬語を使っていたわけではありません。

 

だから、「いい加減に敬語をやめてよ」と怒ったり、「何で敬語をやめてくれないの?」と悲しんだりしなくて、本当に良かったと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
もし、怒ったり悲しんだりして、彼氏に「敬語をめてほしい」と伝えていたら、もっと気まずくなっていたと思います。

 

 

だから、2人にとって「冗談っぽく指摘する」のは、とても良い方法でした。

 

そして、内気で気が小さい性格の私にとっては、さりげなく「敬語をやめて」と伝えるいい方法でしたよ。

 

年下彼氏の敬語が抜けない!さりげなくやめてと伝える内気な私の方法とは?―おわりに―

彼氏は敬語を使う癖が抜けず、タメ口に慣れることがなかなかできませんでした。

 

でも実は私も、彼氏を下の名前で呼ぶことに、なかなか慣れることができなかったんですよね。

 

付き合うまではあだ名で呼んでいたので、急に恋人っぽく呼ぶのが、とても恥ずかしかったんです。

 

それでも何とか下の名前で呼び続けて、次第に慣れていきましたが、彼氏もタメ口に慣れるまで時間が掛かったのかもしれません。

 

慣れたことを変えるのって、難しい。

 

敬語からタメ口に変えるのに時間がかかるのも、仕方ないのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村