夫のイライラ対処法

10年経験してわかった「自分のことしか考えない夫」にイライラした時の対処法

自分のことしか考えない夫。

 

自分が最優先で、自分がしたい事ばかり言ってくる。

 

それに、何度言っても服は脱ぎっぱなしだし、電気はつけっぱなし。

 

 

そうすると、本当にイライラしますよね。

 

実は私も結婚して10年以上たちますが、夫には何千回も同じことでイライラしました。

 

 

でも今は、そんな自分のことしか考えない夫への「自分なりの対処法」が見えてきたんですよね。

 

そこで、

 

  • 10年経験してわかった「自分のことしか考えない夫」にイライラした時の対処法

 

についてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

夫を褒めて育てる余裕はない

よく夫が家事をしない場合は、「褒めて育てよう」なんて言いますよね。

 

でも、そんな精神的な余裕って、なかなかなくありませんか?

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事・家事・育児をして、さらに「夫を褒めて育てる」なんて妻の負担が大きすぎます。

 

 

確かに、褒められたら誰だってやる気は出ます。

 

でも、「褒めてもらわないと自主的に家事ができないの?」と、がっかりした気にもなるんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
呆れてしまいます。

 

 

だから私の場合、「夫を褒めて育てる」なんてできないんですよね。

 

余計にイライラして、もっとストレスを感じてしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
「賢い妻」にはなれないです。

 

 

自分のことしか考えない夫への対処法

そのため私の場合は、自分のことしか考えない夫には、「夫を褒める」以外で対処しています。

 

それはどのような対処法か?

 

ぷーこ
ぷーこ
順にお伝えします。

 

 

怒りを爆発させて距離をおく

夫に何かを伝える時、いつも通りの口調で言っても軽く流されることが多いです。

 

夫は「わかった」と返事をしても、すぐに忘れてしまうんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
だから何度も同じことを注意するはめになります。

 

でもそれは、夫は妻が言うことを「たいしたことではない」と思っているからなんですよね。

 

だから、「本当に怒っている」ということを伝えるために、怒りを爆発させます。

 

そして「夫としゃべらない」など、距離をおくと本気度が伝わります。

 

そうすると、やっと夫は真剣に考え、行動をおこすようになりますよ。

 

男性とはそういう「生物」と割り切って手を抜く

「男性とはそういうもの」と諦める、と言ってもいいかもしれません。

 

ほとんどの男性が「自分を最優先」にして、周囲への気遣いができない。そういう「生き物」。

 

そう思うようにします。というより実際にそうなのかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
家族思いで気遣いができる人の方が少ないです。

 

でも、そうやって諦めるだけだったらしんどいんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
納得できない気持ちになります。

 

だから、できる限り手抜きをして、「自分も楽をしてOK」と思っておきます。

 

仕事・家事・育児と毎日大変なうえに、夫は自分のことばかり。

 

そんなしんどい状況だったら、手を抜くなんて「当たり前」ですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
そう思って、家事は手を抜きまくります。

 

小さな仕返しをする

これは、けっこうします。

 

夫にはバレないように、目に見えない仕返しをするんです。

 

例えば、ケーキを買うとき。夫が好きなケーキが2種類あったら、安い方にします。

 

それに、夫の歯ブラシでお風呂場を掃除したこともあります。(その後はキレイに歯ブラシを洗いますが)

 

ぷーこ
ぷーこ
夫が気づかない程度の小さな仕返しです。

 

そうすると、イライラした気持ちがスッと収まりますよ。

 

我慢をやめて自分だけのご褒美を用意する

家族がいると、どうしても家族優先になりますよね。

 

自分の物を買うのを我慢したり、おかずが足りない時は自分のを減らしたり。

 

ぷーこ
ぷーこ
外食も家族が行きたい場所が優先です。

 

でも、たまには我慢をせず、自分を最優先にしてもいいと思うんですよね。

 

だって、夫はいつも家では気を抜いて自由に過ごしてますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
いつも自分の気持ちが優先です。

 

いつも我慢ばかりしていたら、イライラして当然です。

 

だから、月に1回は自分の服を買うなど、できる範囲で自分だけのご褒美を用意すると心が満たされますよ。

 

同じ不満を持っている人と愚痴を言う

自分と同じ思いの人がいる。

 

そう思うだけで救われた気になりますよね。

 

だから、同じ不満を持っている人と愚痴を言い合う、同じ悩みを持っている人の書き込みを見る。

 

そうすると、それだけで気持ちがスッキリします。

 

ぷーこ
ぷーこ
「自分だけじゃない」と思うと、心が落ち着きます。

 

 

スポンサーリンク

夫を変えるのは難しい

実は最近、改めて「夫を変えるのは難しい」と感じました。

 

自分のことしか考えない夫。

何度注意されても、同じ過ちを繰り返す夫。

 

ぷーこ
ぷーこ
なんでそんな事もできないの?って思います。

 

 

でも小学生の娘のクラスの男の子を見て思ったんです。

 

「男の子は先生に何度も同じことを注意されている」

 

ぷーこ
ぷーこ
自分の気の向くままに行動する子が多いです。

 

 

もちろん、そうじゃない子もいます。

 

女の子でも自由な子もいます。

 

 

でも、10歳の娘のクラスの子を見ると、女の子はしっかりしている子が多い。

 

それに比べて男の子は、自由に気の向くままに行動している子が多い。

 

ぷーこ
ぷーこ
感情のままに行動している子が多い気がします。

 

 

その様子を見ると、「男性は自分のことばかり考える」「自分のことしか考えない生き物」というのは、あながち間違いじゃない気がしてくるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
もちろん科学的な根拠はありません。

 

 

でも、周囲を気遣いながら行動する女の子と、感情にまかせて行動する男の子。

 

その様子を見ると、環境の違いを感じるんですよね。

 

 

このように、違う状況で育ってきたら、大人になってもなかなか変わらないんじゃないかと思うんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
もちろん人によって違いはありますが。

 

 

だから、自分のことしか考えない夫を変えるのは、かなり難しいことだと感じました。

 

時間もかかるし、その道のりは長い。

 

 

もちろん、方法によっては変わっていくと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
うちの夫も変わった面はあります。

 

 

でも、根本的に変わったな、と感じることはなかなかないと思うんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「学習」によって「強制された」という感じです。

 

 

でもそれだったら、夫を変えようと考えるより、「自分のストレスをなくにはどうしたらいいか?」を考える方がいいと気づいたんです。

 

 

夫が自分のことばかり考えるなら、自分も我慢する回数を減らす。

 

自分を最優先に考える機会を作る。

 

ぷーこ
ぷーこ
そうするとストレスが減ります。

 

 

それに、イライラする機会が減ると、ちょっとは夫に優しくなれるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
笑顔で話し掛けられるようになります。

 

 

そしてそうしていくうちに、夫婦仲が良くなって、多少のことは多めに見れる気もします。

 

ぷーこ
ぷーこ
まだこのレベルには達していませんが。

 

 

自分のことしか考えない夫。

 

イライラするし、役に立たない。

 

 

だから夫に変わってほしい。

 

ではなく、だから私は手を抜く。そして我慢もしない。ご褒美ももらう。

 

 

そうするのが、結果的にいいのではないか。

 

結婚して10年以上たち、その結論に至りました。

 

10年経験してわかった「自分のことしか考えない夫」にイライラした時の対処法―おわりに―

夫にイライラすると、「どうしてこの人と結婚したんだろう?」って思いますよね。

 

もっと協力的で優しい人がいるのに、なぜ夫を選んだのか。

 

確かに、家事育児に協力的で、妻に優しい人もいます。

 

そういう人を見ると、「うちの夫は…」という気持ちになりますよね。

 

でも、そういう「素晴らしい夫」は極少数です。

 

外の顔と家の顔は違うし、そんな素晴らしい夫と結婚できるのは奇跡。

 

羨ましがるより、自分を癒す方法を考える方が楽しいです。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村