仕事

心を開かない女性部下が本音を言うようになる扱い方って?

女性部下の扱い方がわからない。

 

心を開いてくれず、本音を言わないので、接し方に迷う。

 

そんなことってありますよね。

 

 

実は、私はそんな「心を開かない女性部下」です。

 

ある上司には心を閉ざし、ある上司には心を開いていました。

 

 

そこにはどのような違いがあるのか?

 

 

そこで、これまでの経験をもとに、

 

  • 心を開かない女性部下が本音を言うようになる扱い方

 

についてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

心を閉ざした女性部下が上司に心を開かないのはなぜ?

そもそもですが、なぜ女性部下は上司に心を閉ざしてしまうのか?

 

それは、ひと言でいうと「信頼していないから」です。

 

ぷーこ
ぷーこ
では、なぜ上司を信頼していないのか?

 

 

それには、いろいろと理由があります。

 

上司のウラの顔を見たから

まず、上司のウラの顔を見てしまった時は、上司を信頼できません。

 

例えば、本人にはいい顔をしていたのに、ウラでは「○○さんは仕事が遅い」と言っていた、など。

 

もちろん、上司という立場なので、ウラではいろいろ思うことはあると思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
それは仕方ないです。

 

でも、そんな上司のウラの顔は見たくないんですよね。

 

だから、上司のウラの顔を見てしまった時は、上司を信頼できなくなります。

 

上司に信頼されていない

また、「上司から信頼されていない」と感じる場合は、上司のことを信頼することができません。

 

仕事をしていても、なんとなく素っ気ない態度を取られる。

 

きちんと仕事をしているのに、細かいことを指摘してくる。

 

そうすると、なんとなく上司に信頼されていない気がするんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司に信頼されないのは、自分が悪いとも思いますが。

 

ただ、「上司に信頼されていない」と感じると、「上司を信頼しよう」とも思わなくなります。

 

上司にとって自分は「お気に入り」じゃないから

上司も「人」なので、好き・嫌いはあると思います。

 

でも、上司にとって自分が「好きな人」でないと感じる場合、虚しい気持ちになるんですよね。

 

上司としゃべっていても、「本当は○○さんと話したいんだろうな」って感じます。

 

ぷーこ
ぷーこ
なんとなく表情が違うのでわかります。

 

だから、「自分は上司に好かれていない」と感じたら、上司に心を開くことはできなくなります。

 

気が合わない

そして、単に気が合わない場合も、意外と上司を信頼できないです。

 

なんというか、気が合わないと価値観が違うんですよね。

 

そのため、仕事の仕方が違ったり、考え方が違うので気まずくなることが多いんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
「上司の考えが理解できない」って場面が多くなります。

 

そうすると、上司を信頼できなくなってしまいます。

 

 

心を開かない女性部下が本音を言うようになる扱い方って?

では、どのようにしたら女性部下から信頼されるか?

 

ぷーこ
ぷーこ
信頼されるようになったら、心を開いて本音で話してくれるようになります。

 

 

自らも部下を信頼して本音で接する

部下に信頼して本音で接してもらいたいなら、自らも部下を信頼して本音で接するのが一番です。

 

誰だって本音で話さない人に、本音を話すことってできないですよね。

 

だから、まずは上司から本音を話してもらえたらな、部下としては本音を言いやすいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司が本音を見せてくれたら、こちらも本音で話そうという気になります。

 

部下に対しては平等に接する

上司にも、気が合う人と合わない人がいることは分かります。

 

でも部下に対しては、平等に接してくれる上司の方が信頼できます。

 

ぷーこ
ぷーこ
部下によって態度が違う上司は、「気分屋」なイメージがあります。

 

そのため、部下に対しては平等に接する方が、部下からの信頼を得れますよ。

 

女性部下の話を聞いて共感する

女性は、何かあった時は「共感」して寄り添ってもらえたら嬉しいです。

 

そのため、女性部下に対しては、話を聞いて共感するといいです。

 

上司って、どうしても「いい話」をしようとしますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分の話をすることが多いと思います。

 

でも女性部下に対しては、相手の話を聞いて共感する方が、どんどん話をしてくれるようになりますよ。

 

ミスは怒らず一緒に解決

また女性部下は、上司に怒られると一気に心を閉ざしてしまいます。

 

もちろん、ミスをしたら怒られて当然です。

 

でも、そんな怒られて当然の場面で、上司が怒らず一緒に問題解決してくれたら、一気に信頼感が増します。

 

ぷーこ
ぷーこ
本当にありがたく感じます。

 

それに、ミスを一緒に解決してくれたら、次に何かあった時も上司に相談しようと思えるんですよね。

 

そしてそうしていくうちに、上司を信頼し本音で話すようにもなります。

 

ぷーこ
ぷーこ
どんどん心を開いていきます。

 

必要な存在であることを伝える

女性部下は、「自分は役に立っている」という実感を持つと、どんどんモチベーションが上がります。

 

そのため、ちょっとした事でも、女性部下を褒めるといいです。

 

そうすると、女性部下は仕事にやる気を出しますし、「上司はいつも気に掛けてくれている」と思えます。

 

ぷーこ
ぷーこ
がんばろうって思えます。

 

そして、そんな上司のことを信頼するようになって、いろいろと本音を言うようになります。

 

 

スポンサーリンク

素敵な上司より寄り添ってくれる上司に

理想的な上司というと、リーダーシップがあって仕事ができて、誰からも信頼が厚くて…。

 

このような「素敵な上司」を思い浮かべますよね。

 

 

でも私の経験からいうと、女性部下が信頼して本音を言う上司って、そんな「素敵な上司」ではないです。

 

ぷーこ
ぷーこ
キラキラした素晴らしい上司ではないです。

 

 

女性部下が本音を言いたくなる上司は、「寄り添ってくれる上司」なんですよね。

 

何を言っても否定せず、いつも私の立場になって考えてくれる。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分の話をせず、私の話を聞いてくれます。

 

 

それに、「正しい」とか「正しくない」とか道徳的なことではなく、人間味をもって接してくれるんです。

 

上司としてではなく、「人」として接してくれる。

 

 

ただ、「職場の先輩」であるし「人生の先輩」でもあるので、困った時は力を貸してくれる。

 

 

そんないつも寄り添ってくれる上司であれば、女性部下としては本音を言いやすいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
話を聞いてもらいたくなります。

 

 

だから、女性部下に本音を話してもらいたいと思ったら、まずは本音で接する。

 

そして、相手を否定せず共感しながら話を聞く。

 

ぷーこ
ぷーこ
「素敵な上司」になる必要はないです。

 

 

そうすると、だんだん女性部下は心を開いてくれるようになりますよ。

 

 

心を開かない女性部下が本音を言うようになる扱い方って?―おわりに―

女性部下は一度心を閉ざすと、なかなか元には戻りません。

 

実は私も上司ではないのですが、男性の先輩に理不尽に怒られたことがあって、それ以来その人を避けるようになりました。

 

その先輩は、その後も普通に接してきましたが、私は心を開くことはありませんでした。

 

それまでは、けっこう仲は良かったと思いますが、一度心を閉ざすとその扉を開けることは難しいです。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村