HSP気質

HSPで親と合わないと思った時にできる唯一の対処法ってなに?【体験談】

自分がHSPで、親が非HSP。

 

すると、なんとなく親と合わない。理解されない。

 

そう感じることってありますよね。

 

 

実は私も、私がHSPで親が非HSPです。

 

とても優しい両親なのですが、いつも「人に迷惑を掛けるな」「しっかり頑張れ」と、言われていたような気がするんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
それがしんどかったです。

 

 

ただ、私が大人になり家庭を持つと、親とは良好な関係を築けるようになりました。

 

そしてその時に、「HSPで親と合わない時と思った時はこうするしかない」と、ある対処法を思いついたんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
唯一の対処法だと思います。

 

 

そこで、HSPで親と合わないと思った時にできる唯一の対処法は何か?について、経験をもとにお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

HSPであることを親に理解されない

私が子供の頃は、「HSP」という言葉はありませんでした。

 

だから、当然親は私のことをHSPだなんて思っていません。

 

 

でも、私は内向的な性格で泣き虫だったし、かなり甘えん坊だったので、「他の子より面倒だな」と思ったことはあったと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
よく幼稚園に行くのを嫌がっていました。

 

ただ昔って、幼稚園に行くのを嫌がっても、無理に連れて行くのが当たり前。

 

「○○をしたくない」と言っても、「わがままを言うな」と怒られるのが普通。

 

そんな感じだったので、HSPには辛い環境でしたよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
当然うちの親も、そのような感覚でした。

 

 

だから、私は親から怒られるのが怖くて、ずっと「いい子」を演じていたんですよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
「いい子」でいないといけない、と思っていました。

 

 

そのため勉強も人一倍頑張ったし、習い事や学校生活も、ずっと無理してがんばってきたんです。

 

 

本当は勉強は嫌いだったし、習い事も辞めたかった。

学校に行くのだって、しんどかった。

 

 

でも、そんなこと言葉にできる雰囲気ではありませんでした。

 

 

親にそんなこと言えるはずもなかったんですよ。

 

 

だって、親はそんな私の気持ちに、微塵も気づいていなかったからです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
無理して頑張っている、なんて一度も思ったことはないはずです。

 

 

本当は傷つきやすいし、緊張をしやすい。

それに、友達に気を遣うのも疲れる。

 

だから学校なんて行きたくない。家で1人でゆっくりしていたい。

 

 

そう思っていたけど、そんな事を言ったら、

 

 

「甘えたことを言ってはいけない」

「それはわがままだ」

「みんなも大変だけど頑張っている」

 

 

そう親に言われたんじゃないかと思います。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
実際は怖くて言えませんでしたが。

 

 

HSPは小さい頃からずっと親に気を使っている

HSPって、親から怒られることが極端に怖いですよね。

 

ちょっとした注意であっても深く傷つくし、冷たい態度を取られると辛くなる。

 

ぷーこ
ぷーこ
冷たくされると、「自分なんて必要ないのかな」と思ってしまったりします。

 

 

なんというか、親って絶対的な存在で、否定をされると本当に辛いんですよね。

 

 

ただ反対に、親から褒められると、めちゃくちゃ嬉しい。

 

 

だから、「親に否定されない為に」「親から褒めてもらう為に」、いい子を演じていました。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
「親の機嫌が良くなるような態度」を取ってしまっていました。

 

 

ただこんな事を言うと、私の親が厳しすぎたり、子供に愛情を持っていなかったのか?と思われるかもしれません。

 

 

でも実際のところは、どちらかというと、私の親は愛情深い人だと思います。

 

 

とても優しい両親だし、真面目で尊敬もできます。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
とても「いい両親」です。

 

 

ただ、私が繊細すぎたので、親の想像を超えるくらい傷つきやすかったんですよね。

 

それに時代的にも、「子供が間違ったら厳しくする風潮」があっただけだと思います。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
時代の影響もけっこうあったと思います。

 

 

でもそれが分かっていても、HSPだと親に気を遣ってしまうんですよね。

 

 

大人になった今でもそれは変わらないし、厳しい言葉を受けると傷ついてしまいます。

 

 

親は悪くない。自分が繊細すぎるだけ。

 

 

そう分かっていても、「もっと優しくしてもらいたかった」とか「もっと寄り添ってほしかった」と思う気持ちは消えないんですよね。

 

 

スポンサーリンク

HSPで親と合わないと感じた時の唯一の対処法

だから結局のところ、子供の頃と大人になった今。

 

何も変わってないんですよね。

 

 

親に否定されたくないし、親に褒めてもらいたい。

 

ぷーこ
ぷーこ
おそらくこの気持ちはずっと変わりません。

 

 

でも、私の年代の親は、「HSP」というものを理解できないと思うんですよね。

 

「繊細すぎる人」なんて、「そんな人いるの?」という感覚だと思います。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
そんなの「甘え」だと思うと思います。

 

 

おそらく、「周囲が甘やかすからそうなる」とか、「思い切って行動しないからダメ」など、HSPに対して否定的だと思うんですよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
「自分達の時代にはそんな人はいなかった」と言うと思います。

 

 

だから、親に「HSP」を理解してもらうのは、無理だと思った方がいいと感じています。

 

 

 

ただ、親にHSPを理解してもらわないと、ずっと「親と合わなくて辛い」と思い続けないといけない気がしますよね。

 

 

でも私の場合、親にHSPを理解してもらわなくても、いい関係を築けるようになったんです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
それはどのような方法か?

 

 

それは、親と距離を置いたこと

 

 

親と物理的に距離を置いたことで、親といい関係を築けるようになったんですよね。

 

 

といっても、私が結婚して家庭を持ったので、自然と距離ができたのですが、これが良かったです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
親と会うのが月に1回くらいになりました。

 

 

親と会う回数が減ると、たまにしか会わないので、お互いに「嬉しい気持ち」で会えるんです。

 

 

それに、いつも久しぶりに会って会話をするので、楽しい話ができるんですよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
子供の話など、明るい話題ばかり話せます。

 

 

そして、何か「言いたくないこと」がある場合も、無理に話す必要はないですよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
全てを話す必要はないです。

 

 

このように、親と適度な距離感ができたことで、会う時はだいたい楽しく過ごすことができるようになりました。

 

 

そして、だんだん親といい関係を築けるようになっていきました。

 

 

そうして気づいたんですよね。

 

 

「親と合わないと思った時は距離を置くしかない。」

 

 

ぷーこ
ぷーこ
それ以外の方法はないと思います。

 

 

いくら親子であっても、相性ってありますよね。

 

 

それにHSPと非HSPとでは、分かり合えない部分はあると思います。

 

 

相性が良くない。お互いに理解し合えない。

 

 

そのような場合、もし他人だったら距離を置きますよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
他人なら、気が合わない人と仲良くなろうと思いません。

 

 

でも、たとえ親子であっても、同じことが言えると思うんですよね。

 

 

親子であったとしても、相性の合う・合わないはあるのだから、合わないと思うなら距離を置く。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
今思えば、当たり前のことなのかもしれません。

 

 

ただ確かに、親子で距離を置くなんて、少し寂しい気もします。

 

 

でも、無理して辛い思いをするよりも、いい距離感を保っていい関係を築く方が、よっぽどいいと思うんですよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
その方が親を好きになれます。

 

 

 

HSPって生きづらいですよね。

 

細かなことが気になるし、不安な気持ちになることも多いです。

 

 

だから、仮に親子の関係であっても、無理をしたらダメだと思います。

 

 

自分が笑顔で幸せでいること。

 

 

そのことが結局のところ、親が望むことであるし、他の家族を幸せにすることにもなります。

 

 

だから、無理をしなくていい。

 

 

HSPで辛い思いをたくさんしているのだから。無理をしなくていいんです。

 

 

たとえ親子であっても。無理をしないこと。

 

 

そのことが、何よりも大切です。

 

 

HSPで親と合わないと思った時にできる唯一の対処法ってなに?【体験談】―おわりに―

私は高校生くらいの時から、「母とは合わない」と思っていました。

 

何が合わないかを説明するのは難しいですが、何かが合わない。

 

そう感じていたんですよね。

 

でもきっと、母も私とは合わないと思っていると思います。

 

親子であっても相性はある。半分は母の遺伝子なのに、不思議な気もしますね。

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村