HSP気質

気弱な私が強気な発言をした時…後悔しただけ?言って良かった?

私は子供の小学校のPTA本部役員をしています。

そこで、どうしても不平等に感じてしまう事があって、思い切って強気の発言をしました。普段は気弱なので、思い切った発言をすることはないのですが、いろいろ考えた結果、言った方が良いと思ったのです。

 

内向的で人見知りなので、強気な発言をすることなんて滅多にありません。だから、そんな事を言ったら、後悔するかな・・・と思ったのですが、良かったと思う部分もありました。

 

今回は、気弱な私が強気な発言をした時のお話です。

 

スポンサーリンク

PTAの仕事の不平等を感じ始めた

 

子供の小学校のPTAの任期は2年です。2年目になると仕事に慣れてくるので、1年目より2年目の方が、担当の仕事が多くなります。

でも、私は1年目なのですが、担当の仕事量が多いんです。2年目の人並みに仕事があります。

 

ただこれは、PTAの仕事量が増えたことや、仕事の割り振りの変更などがあったので、仕方がない面もあります。それに、私は2年目になると、1年目の時より、1つの担当に集中できるので良い面もあります。

 

とは言え、自分の担当の仕事以外にも、共通でおこなう仕事(運動会の来賓受付や入学式など)があるので、大変なことには変わりありません。それに、2年目が中心となってPTA本部を運営するので、「2年目なりの大変さ」もあります。

 

いろいろな事情がありますが、

 

ぷーこ
ぷーこ
う…ん、どう見ても私の担当の仕事量が、他より多い。
このままだと、次にこの担当をする人もしんどい思いをするかも?

 

時間が経つうちに、このような思いが、沸々と湧き出てきたんです。

初めは、自分の心の中で留めていました。それに、私が気づいていないだけで、他の人も見えないところで、仕事をしているんだろうと思っていました。だから、自分の担当だけが多いわけではない、と思うようにしていたんです。

 

でも時間が経つうちに、「やっぱり私の担当の仕事は多い」と確信をするようになってきました。

 

正直なところ、そう確信し始めたのは、冬頃だったので、私自身は、あと少しで1年目の仕事が終わります。だから、もう自分の事はどうでも良いのですが、次にその仕事をする人が「仕事が多くてしんどいよ。こんなに多いのなら1年で辞めよう」と、任期が2年のところを、1年で辞めてしまったら困ります。

 

ぷーこ
ぷーこ
次の人が1年で辞めてしまったら、私の仕事を引き継ぐ人がいなくなる・・・

そうなんです、私の本音としては、「自分の仕事を引き継ぐ人がいないと困る」んです。引き継ぐ人がいないと、3年目をやる羽目になるかもしれないのです。

 

そんな事態は避けたいので、次に「私がおこなっている担当」の仕事をする人には、どうしても2年続けて欲しいのです。だから、そのポジションの仕事を減らしておく必要があると感じました。

 

スポンサーリンク

気弱な私が強気な発言をした時…後悔しただけ?言って良かった?

子供の小学校のPTAでは、秋~冬頃に、次年度のPTA本部役員の選考がおこなわれます。

 

この選考をしている期間に、全体的な仕事の割り振りを見直そう、ということになりました。

 

そこで私は、思い切って、

 

ぷーこ
ぷーこ
私が今やっている担当の仕事量が多いので、人を増やすか、他に割り振った方が良いと思います。

と言いました。気が弱い私としては、とても勇気のいることでした。1年目の役員にしては、かなり強気な発言だったと思います。

それに、まだPTA本部役員を10ヶ月程しか経験していないので、自分の意見が正しいのかも分かりませんでした。

 

「仕事量が多い」というのも、私のキャパシティが小さいだけで、他の人だったら、それ程でもないのかも?など、思い切って発言をしながらも「言って良かったのかな」という思いも消えませんでした。

 

こんな心理状態で、心は震えていましたが、なんと、他のPTA本部役員の方は、「こんなに仕事が多かったんだね」、と私の意見を受け入れてくれました。

 

そして、「じゃあ、どのように担当を割り振ろうか?」とさらに意見を聞いてくれたんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
皆が意見を受け入れてくれて良かった。
良い人達に恵まれたな。

と素直に思いました。「その担当の仕事は多くない。変える必要はない」と言われる可能性もあったと思います。

「1年目なのに偉そうなことを言っている」と思う人がいても、おかしくなかったと思います。

 

もしそう言われたら、すぐに引き下がるつもりでした。さすがに、そう言われても「いやいや、絶対に仕事多いですよ」と言う勇気はありません。

 

でも、思い切って、自分の意見を言って、今まで大変に感じていた仕事を理解してもらえて、本当に嬉しかったです。

 

そして、私の意見をもとに、仕事の割り振りが変更されました。

 

自分から「私の担当の仕事量が多い」なんて言うのは、勇気のいることでしたが、結果的に良かったと思います。言った直後は、「言わない方が良かったかな」という思いもありましたが、まわりの方の優しさに、「言って良かった」と思うことができました。

 

気弱で内気な自分でも、追い込まれたら、勇気を出すことができるもんだな、と思った出来事でした。

 

気弱な私が強気な発言をした時…後悔しただけ?言って良かった?―おわりに―

そういえば、私と似た性格の娘も、追い込まれた時に、今までにない勇気を出した事がありました。(この記事→怖がりで気弱な小2娘が成長した日 追い詰められるとパワーが出る!?

でも逆を言えば、追い込まれないと、なかなか勇気が出ないのかもしれません。

 

もし今回、自分の意見を否定されていたら、「もう二度と余計な事は言わないでおこう」と思っていたと思います。まわりの人が、心優しい人ばかりと分かっていたから言えた、というのが実情です。

 

だから、真に勇気を持って強気で言えた訳ではありませんが、しゃべっているうちに、気持ちが高ぶってきて、ガンガン意見を言った瞬間もありました。(この時は、まわりの人は迷惑に思っていたかも・・・)

 

でも、やはり思い切って勇気を出して、意見を言って良かったです。

 

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変な事がありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小3・HSC)の3人家族です。
地獄のワーママ歴8年、今は退職し、PTA本部役員をしています。
関西の勢いに押されながら、日々何とか生きています。
詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村