仕事

繊細な女性部下が元気がない場合なんて声を掛けたらいい?

職場で部下が元気がない時って、どう声を掛けたらいいか迷いますよね。

 

特に繊細な女性部下だと、「何かあったのか?」と気にはなるけど声を掛けるのって難しいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
声の掛け方次第では、その繊細な部下が心を閉ざしてしまうかもしれません。

 

そこで、「繊細な女性部下」の目線で、職場で元気がない部下にどのように声を掛けたらいいかをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

部下が笑わなくなった理由は?

そもそも、繊細な女性部下が職場でいつものように、喋ったり笑ったりしなくなった理由は何なのでしょうか?

 

まずはその事について考えたいと思います。

職場の居心地が悪い

これは繊細な人でなくても笑えなくなります。

 

仕事がうまくいかなかったり、同僚や先輩と気まずい雰囲気になると、職場にいるだけで辛くなります。

 

そうなると、笑うどころか話す事もなくなるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
今まで何人もこのような人を見てきました。

 

プライベートで悩みを抱えている

プライベートで大きな悩みを抱えていると、頭からその事が離れなくなって元気がなくなります。

 

そうすると、仕事でも笑顔がなくなってくるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事中は仕事に集中した方がいいのは分かっていますが、ふと気を抜くと悩みで頭がいっぱいになります。

 

体調が悪い・疲れている

部下が職場で喋らなくなるのは、体調が悪かったり疲れているのが原因の時もあります。

 

私は、仕事と育児や家事を両立していた時、常に疲れていたし体調も悪かったので元気がなかったと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
喋る気力もありませんでした。

 

その時は仕事をするだけで精一杯だったんですよね。とにかく早く仕事を終わらせねばと思っていたので、心に余裕がありませんでした。

 

退職を心に決めた

退職を決めると、まわりの人と必要以上に仲良くする必要がないって思うんですよね。

 

だから無理して喋ったり笑ったりしないので、元気がないように見えるかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
まわりの人と無理に仲良くなろうとせず、肩の力を抜いて付き合うようになります。

 

職場の女性が元気ない時なんて声を掛ける?

では、繊細な部下が元気がない場合、どのように声を掛けるのがいいのでしょうか?

 

ぷーこ
ぷーこ
これについては、私の上司がおこなっていた方法をお伝えします。

 

私の上司は、元気がない部下に声を掛けるのがとても上手でした。

 

それに、部下の様子をよく見ていたので、「最近○○さんが元気ない」とすぐに気づいていました。

 

そんな上司は、仕事で笑顔がなくなった部下に、まずは些細なことを話し掛けて会話のきっかけを作っていました。

 

上司
上司
その仕事大変そうだね。大丈夫?

 

部下
部下
はい、大丈夫です。

 

上司
上司
でもいっぱいあって面倒だよね。
ちょっと手伝うよ。

 

部下
部下
あ、ありがとうございます。

 

そして、一緒に仕事をして何気ない会話を始めます。

 

さらに、くだらない話をしたり、「仕事大変だよね」など部下の気持ちに寄り添っていくんです。

 

そして、「もう仕事疲れたし家でゆっくりしたいよ」など自分の情けない話をして、部下が何でも話しやすい雰囲気を作ります。

 

それからタイミングを見て、

 

上司
上司
最近調子はどう?

 

と聞いて部下の様子を探っていました。

 

そうすると、部下の方は「実は○○なんですよね」と自分の話を始めていました。

 

上司は部下の話を聞いている時、決して否定をしないし、「それは大変だよね」と共感して寄り添っていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
だから、とても話しやすかったです。

 

そうして上司に気楽にいろいろと喋っているうちに、だんだん元気になってくるんですよね。

 

このように上司に話を聞いてもらうことで、元気になった人が何人もいました。

 

スポンサーリンク

心を閉ざした部下の場合

かく言う私も、その上司に何度も話を聞いてもらったのですが、それ以外の上司には悩みの相談をすることはほとんどありませんでした。

 

例えば、上司の方から相談に乗ろうとしてくれた時も、悩みについて話す時は義務的に答えるだけで、本心から話していませんでした。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司に聞かれたから答える、という感じでした。

 

そもそも、本心から相談ができないと感じた上司とは、気が合わないって思っていたんです。考え方も違うし、上司が話してくれる言葉も胸に届きませんでした。

 

ぷーこ
ぷーこ
素晴らしいことを言って下さっていても、なんか胸に響かなかったんですよね。

 

たぶんそれは、上司が私の話を聞くことよりも、自分の話を延々としたからかなと思います。

 

私が悩みを言った後は、上司が「そういう時は・・・」とずっと喋っていたんです。だから、悩みを聞いてもらったというより、悩みについての上司のアドバイスを聞いたという感じでした。

 

またその上司とは、普段はあまり話すことがなく、2人で話す事にとても緊張していました。

 

ぷーこ
ぷーこ
こんな悩みを言って、上司はどう思うだろう?と不安でもありました。

 

だから、私にとってはその上司は「いい上司」ではあったけど、「心を開いて何でも話せる上司」ではなかったんです。

 

好き・嫌いの問題ではなく、「合わない」上司だったんですよね。

 

だから正直なところ、その上司を避けていたし、できれば話したくないと思っていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
合わない上司と話すのが苦痛だったんです。

 

このような経験から思うのは、心を閉ざした部下が元気がなく声を掛けたいと思ったら、その部下が心を開いている別の人に話を聞くように言った方がいいと思います。

 

繊細な性格だからか、気が合わない人と喋るだけで緊張するし、とても本音は言えません。

 

ぷーこ
ぷーこ
心を落ち着けて話せる人じゃないと、気楽にしゃべれないんですよね。

 

だから上司が心配してくれるのは有り難いんですが、繊細で心を閉ざした部下に声を掛けるなら、そっと差し入れをしたり、「何か困った事があったら、いつでも言ってね」と一言伝えるくらいがいいと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
それだけでも、心配してくれて嬉しいと思います。

 

繊細な部下を持つと、いろいろ気を遣って大変ですよね。でも、自分のことを気に掛けてくれる上司には感謝をしています。

 

だから、少し面倒かもしれませんが、繊細な部下とは適度な距離を取るといいと思います。

 

繊細な女性部下が元気がない場合なんて声を掛けたらいい?―おわりに―

部下が元気がないと上司としては気になりますよね。

 

私は上司の立場になったことはありませんが、先輩という立場にはなったことがあるので、何となく分かる気がします。

 

後輩が仕事で笑わなくなると、「どうしたんだろう?」とやっぱり気になります。

 

でも年齢が離れていたり、性別も違うと後輩の考えていることが全く分からないんですよね。

 

ただ元気がない時に誰かが心配してくれるのは嬉しいことなので、その気持ちを伝えるといいのかなと思います。

 

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村