HSP気質

レジ袋はご利用ですかの返事で「いらない場合」のソフトな言い方は?

スーパーやコンビニで「レジ袋はご利用ですか?」と聞かれた時って、何と答えますか?

 

私はいつもエコバックを持っているので、レジ袋は必要ないのですが、その返事に少し困ります。

 

それは、キッパリ断ると何だか冷たい言い方になってしまうからです。

 

ぷーこ
ぷーこ
そんな気は全くないのに…

 

レジの人に聞こえるように、少し大きめの声で断りの返事をすると、怒っているようで何となく気まずいんですよね。

 

だから、できればレジの人に嫌な思いをさせない柔らかな言い方をしたいです。

 

そこで、「レジ袋は入りますか?」の返事で「いらない場合」のソフトな言い方を調べてみましたので、経験もふまえてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

「レジ袋はご入り用ですか」の返事どうしてる?

「レジ袋いりますか?」の返事はどうしているか?

 

「いる・いらない」を聞かれているので、「いりません」と答えるのが良いのかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
でも「いりません」って冷たく感じます。

 

そうなんですよね、どことなく「いりません」って不要な物を強引にセールスされた時のような、そんな時の断り方に思えるんです。

 

そこで私は、「袋入りますか?」と聞かれたら、「いらないです」と答えています。

 

ぷーこ
ぷーこ
でも、まだ少し冷たい気がします。

 

「いらないです」と「です」がついているので、少し丁寧な印象もありますが、やっぱりまだ素っ気ない感じがするんですよね。

 

「袋いりますか?」に「大丈夫です」は?

では、「大丈夫です」と答えるのはどうか?

 

言い方としては柔らかい印象ですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「大丈夫です」と答えている人は多いようです。

 

でも調べていると、「大丈夫です」だとレジ袋が要るのか?要らないのか?分かりにくいという人もいました。

 

ぷーこ
ぷーこ
「何が大丈夫なの?」と思う人もいるようです。

 

大抵の人は「袋の利用は大丈夫です(必要ないです)」と答えているとわかるようですが、迷う人もいるようなら避けた方が無難なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

「袋入りますか?」に「結構です」は?

では、「結構です」はどうでしょうか?

 

「結構です」も「大丈夫です」と同じで、袋が要るのか要らないのかはっきりしない、と感じる人がいるようです。

 

ぷーこ
ぷーこ
確かに「結構です」は、どちらの場合でも使いますよね。

 

それに、「結構です」も少し冷淡な気がしますよね。「大丈夫です」よりも人との距離があるような感じもします。

 

ぷーこ
ぷーこ
ビシッと線引きされた印象です。

 

袋がいらない時のやわらかい言い方は?

「いりません」も「結構です」も冷たく感じる。「いらないです」も少し冷たい。「大丈夫です」は分かりづらい。

 

そうなると、「レジ袋ご入り用ですか?」に何と答えていいか分からなくなりますよね。

 

じゃあ声が怖くならないように、声のボリュームを抑えて返事をしたらいいのか?

 

ぷーこ
ぷーこ
そうするとレジの人に返事が聞こえません。

 

ただこれに関しては、「いらない」というジェスチャーを付けることで解決できそうです。

 

というのも私は、レジの人に自分の声が伝わらないと悪いと思って、いつも「いらないです」と言いながら手を横に振ります。

 

ぷーこ
ぷーこ
ついでに軽く首も横に振ります。

 

このようにしてから、レジの人に「レジ袋が要らないこと」が伝わらなかった事はないです。

 

ぷーこ
ぷーこ
声だけで返事していた時は聞き返されることがありました。

 

だから「レジ袋いりますか?」に返事をする時は、ジェスチャーも付けるといいと思います。

 

ただジェスチャーだけだと、それはそれで素っ気なく感じますよね。だからやはり言葉でも返事をした方がいいと思うのですが、何と言えばいいのか?

 

そういろいろ考えていると、「言葉を付け足す」という方法を見つけました。

 

ぷーこ
ぷーこ
ワンクッション置いて返事をするイメージです。

 

例えば、

 

・「袋はご利用ですか?」 → 「いりません」  よりも、

・「袋はご利用ですか?」 → 「あ~袋はいりません」 の方が人間味が出てソフトな印象になった気がします。

 

ぷーこ
ぷーこ
「いりません」だけだと、急いでいてピリピリしているようにも思います。

 

そして「レジ袋入りますか?」の返事をする時に、どのような言葉で返事をするか?よりも、どのような言い方(声のトーンや抑揚の付け方)をするのかが印象を左右するのでは?と思ったんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
低い声と棒読みで「いりません」と言われたら怖いですよね。

 

でも、明るい声で「あっ!結構ですー」と言われたら、柔らかい印象を受けると思うんです。

 

また、その時にできれば笑顔だと、もう冷たい印象なんて全くないと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
ただレジの人は商品を見ていると思うので、笑顔でも気づかれないかもしれませんが…

 

このように考えていくと、「レジ袋は入りますか?」の返事は、どのような言葉で答えるのかが重要なのではなくて、声のトーンや抑揚の付け方などが冷たいかどうかの雰囲気を決めるのだと思いました。

 

まとめると、「レジ袋ご利用ですか?」と聞かれた時の返事は、言葉は何でもいいけどワンクッション置く言葉を付け加える。例えば、

 

・「いえ、袋はいりません」

・「いえ、結構です」

・「あ~いらないです」

・「袋は、大丈夫です」

 

そして、話す時に声のトーンや抑揚の付け方に気を付けて言う。さらに、手や首を横に振るなどのジェスチャーを付けて、できれば笑顔で答える。

 

このようにすると、「レジ袋入りますか?」と聞かれた時にソフトな雰囲気で返事ができると思いました。

 

ぷーこ
ぷーこ
これなら、レジの時に気まずい雰囲気を感じずにすみそうです。

 

レジ袋はご利用ですかの返事で「いらない場合」のソフトな言い方は?―おわりに―

レジ袋がいらない場合の言い方はいろいろ迷いましたが、いる場合はそれほど迷いませんでした。

 

私は「お願いします」「大きい方お願いします」など答えているのですが、これはこれで良いと思うんですよね。

 

「お願いします」という言葉は冷たい印象がないので言いやすいです。

 

些細なことが気になってしまうHSPには、日本語って本当に難しいですね。

 

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村