HSP気質

飲食店で店員を呼ぶのが苦手!すみませんが言えない時どうする?

レストランで呼び出しボタンがないお店ってけっこうありますよね。

 

そんな時は「すみません」と店員さんを呼べばいいのですが、そう大きな声で呼ぶのが恥ずかしいんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
大きな声を出すのが苦手でもあります。

 

そこで、飲食店で店員さんを呼ぶ時はどうしたらいいか?を調べてみましたので、レストランで働いた時の経験もふまえてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

お店で「すみません」が言えない

正直なところ、お店で「すみません」が言えないわけではないんです。

 

でもできれば言いたくない。

 

だって、おそらく小声で「すみません」と言っても店員には気づいてもらえませんよね。だから、ある程度は大きな声で「すみませーん」と言わないといけないです。

 

何と言うか、それが恥ずかしいです。繊細すぎる性格だからか、けっこうハードルが高いんです。

 

また普段もそれほど声が大きくないので、いざ大きな声を出すと叫んでいるみたいになるんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
店員さんに怒っているみたいですよね。

 

そんな時は、何となくまわりの視線が痛い気がして、さらに恥ずかしくなります。

 

店員に気づいてもらいない

それに、程良い大きさの声で「すみません」と言えても、店員さんに気づいてもらえない時もありますよね。

 

何がつらいってそれが1番つらいんです。

 

ひどい時は、何度「すいません」と言っても無視される…いや店員さんは無視しているわけではないんですけど、そんな気分になってしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
声が通らない私が悪いんです…

 

このように店員さんに気づいてもらえない状態がつづくと、冷や汗をかいて焦ってくるんですよね。

 

スポンサーリンク

店員を呼ぶのが苦手なときどうする?

そこで、そんな時はどうしたらいいのか?店員さんに気づいてもらえるいい方法はないか調べてみました。

 

手を上げる

声で「すみません」と言っても気づいてもらえないなら、手を上げて視覚的に気づいてもらうようにします。

 

この方法だったら、遠くにいる店員さんも気づいてくれる可能性があります。

 

ぷーこ
ぷーこ
すぐに気づいてもらえなくても、さすがにずっと手を上げていたら気づいてくれますよね。

 

あらかじめ注文を決めておく

お店に入る前から注文を決めておくのも1つの手です。

 

そうすると、席について店員さんがお水を置いてくれる時に「注文いいですか?」と言えますよね。

 

私が飲食店で働いていた時は、このようなお客さんがけっこういました。

 

料理がディスプレイされていたり、メニューが見れるようになっているお店ではこの手を使うとスムーズです。

 

店員が近くにくるのを待つ

店員さんに大きな声で「すみません」と言えないのなら、店員が近くに来るのを待ちます。

 

例えば、隣のテーブルの人が帰ったなら、店員さんが片付けに来るはずです。その時を待って店員さんに声を掛けます。

 

ぷーこ
ぷーこ
隣のテーブルの人が料理を待っていたら、料理を運びに来る店員さんがいるはずですよね。

 

注文を言いに行く

なかなか店員さんに気づいてもらえない時は、店員にこちらから注文を言いに行きます。

 

ぷーこ
ぷーこ
店員さんに「すみませーん」と叫ぶよりはいいです。

 

ただ、手を上げるなど店員さんにアピールしても気づいてもらえない時の最終手段です。

 

ぷーこ
ぷーこ
さすがに、注文が決まってすぐ店員に言いに行くのは恥ずかしいです。

 

気づいてくれる店にいく

「気づいてくれる店」というのは、「注文しようと思ったらすぐに気づいてくれるお店」ということです。

 

実は、私が働いていた飲食店では、「注文待ちのお客さんがいる時は、誰か1人がお客さんの様子を見て待機する」というマニュアルがありました。

 

そして、お客さんがメニューから顔を上げた瞬間(おそらく注文が決まったであろう時)に、「ご注文はお決まりですか?」と聞きにいくよう指導されていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
お客さんから「すみません」と言われる前に聞きに行くよう言われてました。

 

だから、注文待ちのお客さんのことを常に意識していたので、お客さんから大きな声で「すみません」と言われれることがほとんどありませんでした。

 

このようなお店は私が働いていたお店だけじゃなくて、他のお店でもありましたので、そのようなマニュアルがあるお店はけっこうあると思うんです。

 

ですので、デートなど恥ずかしい思いをしたくない時は、そのようなお店に行くというのも手だと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
そのような「気づいてくれるお店」かどうかは、1,2回行ってみると分かると思います。

 

 

店員を呼ぶのが苦手でも・・・

レストランで店員さんを呼ぶのが苦手な自分が、何だか情けない気がする…そんな気持ちになる時もあると思います。

 

でもそれって別に悪いことではないですよね。

 

「苦手」なだけで「できない」わけではないですし、何より店員さんを怒鳴りつける人よりよっぽど良いです。

 

私が飲食店で働いていた時も、やはり怒られた事は何度かあります。

 

その時のことは10年以上たった今も覚えていますし、トラウマにはなっていませんが記憶として残っています。

 

ぷーこ
ぷーこ
その時のお客さんの顔もうっすら覚えています。

 

だから、お店で「すみません」が言えないのは、店員さんに怒鳴りつける人より優しい人だと思うんですよね。

 

それに、お店で「すみません」を言うのが苦手でも、まぁ別の方法で店員さんを呼べばいいし、店員さんを怒鳴る人よりマシだってくらいの気持ちでいたら、

 

案外「すみませーん」と気楽に言えるかもしれません。

 

それに、注文をタブレットなどの機器でできるようになっているお店が増えてきましたよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
繊細すぎる性格にはありがたいです。

 

だから、店員さんに「すみません」が言えなくても、時代が解決してくれるかもしれませんし、情けないなんて気にせず、別の方法を見つけたら良いのかなと思います。

 

飲食店で店員を呼ぶのが苦手!すみませんが言えない時どうする?―おわりに―

飲食店で働いたいた時はいろいろなお客さんがいました。

 

怒鳴る人もいましたが、褒めてくれる人もいて、HSPの私でも楽しんで仕事をすることができました。

 

アルバイトだったということもあるかもしれませんが、今思えば気楽に仕事ができていたように思います。

 

まだ学生の時だったので、いろいろと分かっていなかっただけかもしれませんが、今思えばその時が一番仕事が楽しいと思っていたように思います。

 

社会人になると厳しさを知ってどんどん大変になりましたので…HSPには仕事はつらい事が多いですよね。

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村