ママ友

ママ友とのLINEグループで会話に入れない時はどうしたらいい?

グループラインの会話って、どんどん進んでいきますよね。

 

そうすると、「うまく会話に入れない」なんてことがあると思います。

 

何とか発言しようと思っても、ママ友だと気を遣って文章を考えているうちにどんどん会話が進んでいくんですよね。

 

そういう私も、ママ友とのLINEグループでは慎重になりすぎて会話に入れない時があります。

 

そこで、そのような時はどうしたらいいか?を調査してみましたので、経験もふまえてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

LINEグループについていけない

グループラインでの会話が盛り上がっていると、どんどん話が進んでいって付いていけなくなる時があります。

 

そうすると、だんだん「グループラインって怖い」とか、「グループラインで発言するのは苦手」と思ってしまいますよね。

 

特にママ友とのLINEグループは気を遣うことが多いので、「なんて発言しよう?」と考えているうちに会話が終わっていたりします。

 

ぷーこ
ぷーこ
文字を打ち込んでいるうちに、次の人が発言をして話が進んでいきます。

 

そんなに深く考えずに発言をしたら良いのかもしれませんが、「こんなこと言って大丈夫かな?」とか「変なこと言ってないかな?」と考え出すと、なかなか発言することができないんですよね。

 

そんな時は無理しなくてもいいのかな?と思いますが、既読はついているのにグループラインで発言をしないと、「感じが悪い」と思われないか心配になるんですよね。

 

LINEグループで会話に入れない、どうしたらいい?

とはいっても、なかなかグループラインの会話に入るのは難しいです。

 

そこで、LINEグループの会話に入れない時はどうしたらいいかを調べてみました。

 

共感の言葉で参加してみる

グループラインで発言をする時にあれこれ考えてしまうのは、余計なことを言って、自分の発言で流れを止めてしまうのが怖いからっていうのがあると思います。

 

その場合は、何かを発言するのではなく、誰かが言った言葉に相槌するといいです。

 

例えば、

 

ママ友
ママ友
今警報でてるよね。学校が休みなんて困るよー。
ぷーこ
ぷーこ
急に休みなんて困るよね。

 

このように共感の言葉で相槌をします。

 

そうすると何を発言しようか迷わなくていいですし、会話もスムーズです。

 

ここで注意したいのは、「共感の言葉で相槌をする」ということす。

 

否定するような言葉での相槌は言わない方が無難です。

 

例えば、

 

ママ
ママ
今警報がでてるよね。学校が休みなんて困るよー。
ぷーこ
ぷーこ
でも警報は仕方ないよね。

 

こんな風に言うと、グループラインの会話は止まって気まずい雰囲気が流れてしまうかもしれません。

 

おそらく「学校が休みだと困る」と発言したママ友も「仕方がない」ことは分かっています。

 

でもその上で、ちょっと愚痴を言いたかっただけなので、下手に否定をしない方が無難です。

 

スタンプで参加する

グループラインで何て発言をしようか迷って会話に入れないのなら、いっそのことスタンプで参加します。

 

いろいろな感情を表すスタンプを用意しておくと便利です。

 

例えば、

 

ママ友
ママ友
今警報がでてるよね。学校が休みなんて困るー。
ぷーこ
ぷーこ
(ノД`)・゜・。(え~困るー!みたいなスタンプ)

 

ただあまりスタンプばかりを使うと、グループラインが面倒なのかな?と思われるかもしれません。

 

ですのでスタンプの使いすぎは避けた方が無難です。

 

「いいこと」を言おうと思わない

LINEグループの会話に入れない時って、なんて発言しようか迷っている時ですよね。

 

それは、「何かいいこと」「気の利いたこと」を言おうとしているのが原因かもしれません。

 

確かに「気の利いたこと」を発言できたらいいですが、ママ友との会話の場合は「気の利いたこと」よりも「共感」の方が大事だったりします。

 

ぷーこ
ぷーこ
やっぱり共感してもらえたら嬉しいです。

 

だから無理に「いいこと」を言おうとせず、素直に共感する気持ちを言うようにしたら、うまく会話に入れるかもしれません。

 

関係ない話題は発言をしない

グループラインでは、自分にはあまり関係のない内容で話が盛り上がる時ってありますよね。

 

そんな場合は、無理にグループラインの会話に入ろうとせず発言しないのも手です。

 

ぷーこ
ぷーこ
そもそも、自分に関わりのない話題だと発言しにくいですよね。

 

それに無理に発言をすると、的外れなことを言って会話の流れを止めてしまうかもしれません。

 

だから自分に関係のある話題には頑張って会話に入ってみる、関係のない内容だったら参加しないと決めておくと、少し気が楽になりグループラインの怖いイメージが和らぐかもしれません。

 

「発言が少ない人」というイメージをもってもらう

グループラインでよくやり取りをするようになると、だんだんと発言の頻度が人によって違ってきますよね。

 

よく発言をする人もいますが、どうしても仕事などで発言が少ない人もいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
だんだんと、「この人は発言が多い人」「この人は発言が少ない人」とイメージがついてきます。

 

いったん「発言が少ない人」とイメージがつくと、グループラインで発言が少なくても違和感がありません。

 

今日も忙しいのかな?と皆が思って特に気にしないんですよね。

 

だからグループラインの発言が苦手で煩わしく感じてしまったら、忙しいふりをして「発言が少ない人」というイメージをもってもらい、グループラインから少し距離を置くのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

グループライン、くだらない話のときは?

グループラインって、何かの連絡事項から別の話題にうつっていくことってありますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
全然関係のない日常会話などです。

 

そしてその話が盛り上がって、何十件も会話が続いたりします。

 

ぷーこ
ぷーこ
くだらない話もあったりしますよね。

 

でも連絡事項とは関係のないくだらない話をしている人って、たいてい同じ人だったりします。

 

そして、そういう話で盛り上がるのが好きな人達ですよね。そういう時は、盛り上がれる人だけで盛り上がる方が楽しいかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
くだらない話で盛り上がるのが無理な人は参加するとしんどいです。

 

だから、くだらない話で盛り上がっている時は無理に会話に入らず、楽しめる人だけで楽しんでくださいと見守る方がいいかもしれません。

 

グループラインってどうでもいい話題が続くことも多いので、このような時も会話に入ろうとすると、どんどんLINEグループが煩わしくなってしんどくなりますよね。

 

グループラインを楽しめる人がいれば苦手な人もいて当然なので、グループラインとは無理のない付き合い方をするのが結局ところ一番いいと思います。

 

私も、グループラインがしんどい時は距離をおき、楽しめる時は参加しています。

 

無理に参加すると、「今の発言ダメだったかな?」など余計な悩みが出てきてしまうんですよね。

 

だから無理をしないことが、結果的に一番いいのではと感じます。

 

ママ友とのLINEグループで会話に入れない時はどうしたらいい?―おわりに―

私がママ友とのグループラインで会話に入れない理由の1つに、「文字を打つのが遅い」というのもある気がします。

 

パソコンで文字を打つのはそれほど遅くないと思うのですが、スマートフォンだと何だか遅くなってしまうんですよね。

 

だから何を言おうかは決まっていても、文字を打つスピードが遅くて会話が進んでいってしまうことがあります。

 

原因はおそらく入力方法です。まだフリック入力ができずに、1つの文字を何回かクリックして入力したい文字を選択する方法をとっています。

 

フリック入力、慣れないんですよね。でも練習してみようと思います。

スポンサーリンク

   ママ友   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村