おすそ分けのマナー!相手の負担にならない渡し方ってどうしたらいい? | HSP、生きてるだけですごいよね?
HSP気質の対処法

おすそ分けのマナー!相手の負担にならない渡し方ってどうしたらいい?

実家から大量に野菜が送られてきた。

 

そうすると、近所におすそ分けしようかな?なんて思いますよね。

 

でもおすそ分けって、貰う側からすると、嬉しい反面、お返しのことなどを考えると負担なこともあります。

 

そのため、おすそ分けをするときは、相手の負担にならないような気遣いが必要です。

 

でも、それって意外と難しいんですよね。

 

そこで、相手の負担にならないような「おすそ分けの渡し方」を調査しましたので、これまでの経験も含めてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

おすそ分けを準備するときに気をつけることは?

近所の人やママ友などにおすそ分けする時は、相手に喜んで欲しいですよね。

 

その為には、ちょっとした気遣いが必要です。

 

 

そこでまずは、「おすそ分けを準備する時に気を付けた方がいいこと」から見ていきます。

 

 

まず、おすそ分けを準備する時に気を付けた方がいいこと。

 

それは、おすそ分けをする「数」「量」です。

 

 

いくら貰って嬉しいものでも、あまりに大量にもらうと、保管場所に困ったり、食べ物の場合は腐らせてしまう可能性がありますよね。

 

 

そうすると、相手にとってはとても負担です。

 

 

そのため、おすそ分けをする時は、

 

  • 相手の家族の人数に合わせた「数」や「量」にする

 

 

例えば、4人家族におすそ分けする時は、3つではなく4つにする。

 

このように、家族で分けやすい数で渡したり、ちょうど家族分くらいの量を渡すと、相手に喜ばれますよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
その方が、無駄にすことがないので助かります。

 

 

また、おすそ分けを貰う時に、家族の誰も食べれない「苦手な物」を貰うと困りますよね。

 

 

だから、相手に苦手な物をおすそ分けしないように、

 

  • おすそ分けをする前に相手の好みを聞く

 

 

可能ならば、このようにするといいです。

 

おすそ分けを持っていった時に聞くと、相手も断りずらいですよね。

 

 

そのため、できれば事前に聞くといいですよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
わざわざおすそ分けを持って来てくれたのに、苦手だとは言えません。

 

 

そして、おすそ分けをする時に、何かの容器に入れて渡すときもあると思います。

 

そのような時は、

 

  • 使い捨ての容器に入れる

 

 

このようにするといいです。

 

なぜなら、タッパーなど繰り返し使える容器に入れると、相手に容器を返す手間を掛けさせてしまいますよね。

 

 

でも、使い捨ての容器であれば、相手も気軽に処分することができ、負担をかけないですみますよ。

 

 

 

どれもちょっとした気遣いですが、相手におすそ分けを喜んでもらうには必要かもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

おすそ分けを渡す時にどう声を掛ける?

では次に、おすそ分けを渡す時に、どのように声を掛けると相手の負担が軽くなるか見ていきます。

 

ぷーこ
ぷーこ
気楽に貰ってもらうには?

 

 

  • たくさん貰って困っているから受け取ってくれると助かる」

 

このように言うと、相手も受け取りやすいですよね。

 

実際に、私もこのように言われておすそ分けを渡された時は、それだったら貰おうかなと気軽に受け取ることができました。

 

 

 

  • 「お口に合わなかったら気にせず処分してね」

 

おすそ分けを貰った時って、好みじゃない物を貰う時もあるんですよね。

 

でもそういう時、食べれなくて処分をすることに、罪悪感を覚えてしまいます。

 

でも、おすそ分けを渡されるとき、このように言ってもらえると「いえいえ、ありがとうございます」とは言いますが、実際に処分をする時に罪悪感が少なくてすみます。

 

 

 

  • もらい物だと強調する

 

例えば、自家栽培の野菜を貰った時は、「食べたあと感想を言わないといけないかな」とか「断ったら気分を悪くされるだろうな」と思いますよね。

 

自分たちで作った野菜には愛着があるだろうし、感想が聞きたくなるだろうと思うからです。

 

 

でも、あくまで「貰ったもの」だと言われると、それほど負担なく受け取ることができます。

 

「貰ったけど必要なかったから、うちに譲ってくれたのかな」と感じるので、気持ちが軽くなりますよ。

 

 

 

  • 何かのお礼としておすそ分けをする

 

例えば、「この前車で送っていただいたお礼です」などお世話になったことのお礼として、おすそ分けをする。

 

そうすると、相手も負担に感じなくてすみますよね。

 

 

わざわざ菓子折りを買ってお礼をする程でもないけれど、感謝の気持ちを表したい。

 

そのような時におすそ分けとして相手に渡すと、お返しの必要を感じないので、負担なく受け取ってくれますよ。

 

 


 

おすそ分けって、いろいろと気を遣いますよね。

 

おすそ分けを「ありがた迷惑」に感じる人もいますし、私のように「お返しどうしよう?」と悩んでしまう人もいるので、意外と難しいです。

 

 

私は、あれこれと気にしてしまう性格なので、おすそ分けを貰うのは苦手です。

 

でも、「大量に実家から送ってきて困ってるんだ~。貰ってくれると助かるんだけど受け取ってもらえる?」と言われたら。

 

「ありがとう」と、素直に貰えると思うんですよね。

 

 

とはいえ、「お返しはどうしよう?」とは悩みますが、「何かの機会に返そう」とそれほど負担に感じません。

 

ぷーこ
ぷーこ
おすそ分けを渡す人の気遣いで、もらう側の負担は変わります。

 

 

ちょっとした気遣いで、お互いに気持ち良くおすそ分けってできますよね。

 

そのためには、少しの心配りを覚えておくといいですね。

 

 

おすそ分けのマナー!相手の負担にならない渡し方ってどうしたらいい?―おわりに―

おすそ分けを渡す方も貰う方も、意外と気を遣うんですよね。

 

でもお互いに上手く気遣いができる関係であれば、負担なくやり取りができるのかもしれません。

 

私の場合、深く考え過ぎてしまうので、あまりおすそ分けをしたいとは思わないのです。

 

でも、そのような関係性の人を見ると、素敵だなと思います。

 

言葉一つで相手の負担を減らすことができるので、気遣いって大事ですね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村