HSP気質

歯医者での治療中は目線をどこに向ける?目は閉じる?

私は今まで、歯医者で治療をしてもらう時は、目を開けていました。

 

でもいつも目のやり場に困っていたんですよね。

 

ライトがあるので眩しいし、歯医者さんを見るとたまに目が合って気まずいです。

 

そこで、歯医者での治療中は目線をどこに向ける人が多いのか?そもそも目は開ける人が多いのか?閉じる人が多いのか?を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

歯医者では目を開ける?閉じる?

まず初めに、歯医者での治療中は、目を開ける人が多いのか?閉じる人が多いのか?を調べてみました。

 

ちなみに私は目を開けているので、

 

ぷーこ
ぷーこ
それは目を開ける人の方が多いでしょう!

と思っていました。

 

でも調べてみると、目を閉じる人の方が多かったんです!

 

その理由としては、

 

  • 水などが飛んできて危険だから
  • 治療の器具を見るのが嫌だから
  • 目のやり場に困るから
  • ライトが眩しいから

 

と、どれも納得の理由でした。

 

そして、目を開ける人の理由は、

 

  • 次に何をされるか分からないと怖いから
  • 寝てしまうから

 

という理由の人が多かったです。

 

ぷーこ
ぷーこ
私も治療の様子が見えないと怖いので目を開けています。

でも、目を閉じる人の理由を見ると、どれも納得のことばかりで、目を閉じる人が多いのが分かる気がします。

 

では、歯医者さん目線でみると、患者にはどうしてもらいたいのでしょうか?

 

これに関しては、「目を閉じてもらう方がやりやすい」という歯医者さんもいれば、「目を閉じると寝てしまう人がいるから開けておいてほしい」という歯医者さんもいて、それぞれのようでした。

 

ただ、目を閉じてほしい、という歯科医院では、治療中に目にタオルをおくなど工夫をしているところもあるようです。

 

反対に、目を開けておいてほしい、という歯医者さんでは、患者が寝転んだ時の目線の先の天井に絵を飾ったり、DVDを放映したりしているところもあるようでした。

スポンサーリンク

歯医者での目線のやり場は?

私が今までに言ったことがある歯医者さんでは、目にタオルを置くなどをされた事がなかったので、ずっと目を開けていたのですが、本当に目線のやり場に困るんですよね。

 

ライトは眩しいし、歯医者さんを見るのは気まずいし、それ以外のところを見るようにしていますが、ちょっと気疲れします。

 

今思えば、それなら目を閉じれば良いと思いますが、やっぱり治療の様子が全く見えないのは怖いんですよね。

 

歯医者で治療中に目を開けていると、自然と治療器具が目に入るのですが、だんだんと、「あの器具は痛い」「あの器具は痛さがマシ」など分かってくるんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
だから、目を開けて心の準備をしておきたいんです。

そこで、歯医者の治療中に目を開けたままにする人は、目線はどこに向けているのか?を調べてみました。

 

すると、

 

  • 天井を見つめる
  • 治療器具を見る
  • 壁のポスターなどを見る

 

という意見がありました。

 

ぷーこ
ぷーこ
やはり歯医者の治療中って目のやり場があまりないですよね。

治療中は目を閉じる人が多いので、なかなか目を開けたままの人の意見がなかったのですが、いろいろな意見を見ていくうちに、この方法が良いかも!というのが見つかりました。

 

それは、

 

先生が歯を削り始めたら目を閉じる

 

というものです。

 

歯医者さんが治療器具の準備をしている時は目を開けておいて、その器具で歯の治療を始めたら目を閉じるんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
そうすると、どの器具を使うのか分からず怖い、という事がありません。

 

歯を削られている時は、どちらにしろ「どこをどう削るか」までは見えないので、目を閉じていても一緒です。

 

だから、私の場合は、どの治療器具かさえ確認したら、それで良いんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
なんでこんな単純なことに気づかなかったんだろう…?

目線をどこに向けるか?ばっかり考えていたので、こんな簡単な方法が思いつきませんでした。

 

目を開けるか?閉じるか?のどちらかしかないって思い込んでいたんです…。

 

あれこれ考える性格の割に、柔軟には考える事ができないんですよね。でも良い方法が見つかって良かったです。

 

歯医者での治療中は目線をどこに向ける?目は閉じる?―おわりに―

私は子供の頃に歯列矯正をしていたので、何年も歯医者に通っていました。

 

その間、ずっと目を開けながら治療を受けていましたが、いつも気まずい思いをしていたんですよね。

 

目を閉じるって発想が全くなかったので、目を閉じる人の方が多くてビックリしました。

 

でも歯医者に行って、目を閉じると寝てしまう人がいるなんて、歯医者に行くといつも緊張していた私には、そちらの方がビックリでした。

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村