HSP気質

なんとなく苦手な人はなぜ何となく苦手なのか?上手な付き合い方は?

私は人見知りで内気な性格です。

 

まわりの目を気にして、変に気遣いばかりしてしまいます。

 

そして、平和主義なので、人と争うようなことはしたくありません。

 

でもやっぱり、「苦手だな」と思う人もいるんですよね。それは仕方がないことだと思います。

 

ただ、はっきりと苦手だと言い切れない、「なんとなく苦手な人」というのもいます。

 

そのような、なんとなく苦手な人は、なぜ「何となく苦手」なのか。うまく付き合っていくにはどうしたら良いか?経験をふまえてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

なんとなく苦手な人はなぜ「なんとなく苦手」なのか?

なんとなく苦手な人は、なぜ「なんとなく苦手」なのか…?

 

まずはそのことについて、考えてみました。

 

直感的には嫌いな人?

私の経験からいうと、「なんとなく苦手な人」って、会って少し話しただけで、直感的に「この人とは合わないだろう」というのが分かります。

 

おそらく、

 

・ 声の大きさ

・ 話すテンポ

・ テンションの高さ

 

が「自分とは合わない」、と直感的に感じるのだと思います。

 

私は心が敏感で内向的なので、まず「声が大きい人」って苦手なんです。普通の会話であっても、声が大きいと威圧的に感じてしまいます。

 

また、しゃべるスピードが早い人も、まくし立てられるようで、威圧感を感じてしまいます。

 

そして、テンションが高い人も、ずっと一緒にいると疲れるので、苦手に思ってしまいます。

 

だから、少し話しただけで、理屈ではなく感覚として、「苦手だな」と感じてしまいます。「嫌い」とまでは言いませんが、積極的に仲良くなろうとは思いません。

 

苦手な人・嫌いな人との違いは?

ただ、だからと言って「なんとなく苦手な人」が悪い人だとは思いません。

 

私とは気が合わないだけで、「嫌い」なわけではないんですよね。

 

・ なんとなく苦手な人 → 自分とは気が合わない人

・ 苦手な人、嫌いな人 → 文字通り「嫌いな人」。どこが嫌いかはっきりしている。

 

「なんとなく苦手な人」とは、気が合わないので、考え方も違います。だから、その人の行動が「えっ!?」と思うことはあります。でもだからといって、それが明らかにダメな行為だとは思わないし、「価値観の違い」の範囲で収まると思います。

 

でも、苦手な人や嫌いな人って、その人の行動が明らかにダメだと感じる時があるんですよね。「価値観の違い」では収まらないような、誰が見てもその行為はダメなのではないかと感じるんです。

 

また、「なんとなく苦手な人」は、気は合わないけど、その人の「優しさ」を感じたり、尊敬する部分があったり、良い面が見えることもたくさんあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
そんな時は、「なんとなく苦手な人」とも、仲良くなれて、好きな人に変われる気がします。

 

スポンサーリンク

なんとなく苦手な人との付き合い方

でも私の経験では、やはり、「なんとなく苦手な人」とは、「気が合わない」ので、「なんとなく苦手」なままになる事が多いです。

 

尊敬はできるし優しさも感じる、でも、やっぱり声が大きい人は苦手だし、価値観の違いは感じる…そう思ってしまいます。

避けることができる場合

だから、「なんとなく苦手な人」を、避けることができる場合は、距離を置いた方が心が落ち着きます。

 

私は些細なことでも気にしてしまうので、やはり何となくでも苦手な人といると、疲れてしまうんですよね。

 

それに、話す前は緊張をしたり、身体に力が入ってしまって、心が落ち着かないんです。

 

そして、「なんとなく苦手な人」とは価値観が違うので、「傷つく言動」を受けることが他の人より多いです。

 

ぷーこ
ぷーこ
相手はそんな気はありません。

相手に悪気はありません。傷つける気もありません。

 

ただ、私が繊細すぎて傷ついてしまうんです。それは分かっていますが、

 

ぷーこ
ぷーこ
とても傷ついて、暗い気持ちを引きずってしまいます。

そして一旦傷ついてしまうと、「なんとなく苦手な人」から「苦手な人」に変わってしまう事もあるので、できるなら「適度な距離」を保って付き合う方が良いと思います。

 

避けることができない場合

ただやはり、「なんとなく苦手な人」を避けることができない時もあります。

 

一緒に仕事をしていたり、家が近かったり、どうしようもない時もあります。

 

そんな時、私が実践している事があります。それを順に説明します。

 

まず初めに、

 

  • その人との「気まずい雰囲気になった会話のシーン」を思い出す

 

そして、なぜ「何となく苦手な人」との会話がうまくいかなかったのか、何が嫌に感じたのか、を考えます。

 

 

次に、

 

  • どのようにしたら、「気まずくならなかったのか」を考える

 

ぷーこ
ぷーこ
私の場合、相手に甘えることが苦手なので、相手の気遣いにうまく甘えることができなくて、気まずくなる事が多いです。
ぷーこ
ぷーこ
また、「なんとなく苦手な人」との会話が緊張して、焦って会話が上手くできなくて、気まずくなる事も多いです。

 

 

そして、次に「何となく苦手な人」に会う時は、「素直に甘えよう」「落ち着いて会話をしよう」など決めておきます。

 

 

それから、

 

  • 「何となく苦手な人」に会う時に実践する

 

今までの失敗を活かして、実践します。今までうまく甘えることができなかった「何となく苦手な人」には、少し甘えてみる、緊張してうまく話せなかった「何となく苦手な人」とは、心を落ち着けて話すなど、改善をしていきます。

 

そして、この事を、「何となく苦手な人」と会話をするのが緊張する、と感じなくなるまで繰り返します。

 

 

そして最終的に

 

  • 記憶の上書きをする

 

「何となく苦手な人」と上手く会話ができたことや、「何となく苦手な人」の良い面や尊敬する部分を思い出して、「なんとなく苦手に思っていたけど、やっぱり良い人だな」とイメージの上書きをします。

 

ぷーこ
ぷーこ
それ以降も、「何となく苦手な人」と話す時は、「落ち着いて会話するように」など改善点を忘れないようにします。

 

私の場合ですが、やはり「何となく気が合わない人」とは、自然体で話すと会話が続かなかったり、気まずい雰囲気になってしまいます。

 

だから、ある程度は意識をして、会話をする方が気まずい思いをしなくてすむ事が多いです。

 

ぷーこ
ぷーこ
せっかくできた良いイメージから、またマイナスイメージに上書きされないように、気を付けます。

 

なんとなく苦手な人はなぜ何となく苦手なのか?上手な付き合い方は?―おわりに―

私は心が敏感な性格から、あれこれ考えてしまいますが、そうではない人はどのような感覚なのか、最近とても気になります。

 

私にとっては、考え過ぎることが普通なので、細かいことは気にしない人ってどのような感覚なのか・・・

 

「自分の感覚」と「他人の感覚」を入れ替えることができたら・・・なんて事を昔からよく思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
もはや考え過ぎて、発想がおかしくなってしまいました。

自分の気質は変えることができないので、やはりうまく付き合っていくしかないですね・・・

 

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村