結婚

結婚報告を親にするタイミングや切り出し方は?恋愛話をした事がない場合

私は今は結婚していますが、結婚する前、親と彼氏の話や恋愛の話をしたことが一切ありませんでした。

 

父親は月に数回だけ帰ってくる単身赴任だったので、ほとんど母と2人暮らしでしたが、恋愛以外の話もあまりしていませんでした。だから、

 

ぷーこ
ぷーこ
結婚の報告を、母にするのが、とてもとても緊張しました・・・

私はもともと内向的な性格で、友人とも自分から恋愛の話をする事はないくらいです。だから「結婚の報告を親にする」なんて、私にとってかなりハードルが高いことでした。

 

そんな私が、どうやって「親への結婚報告」を乗り切ったのか、お話します。

 

スポンサーリンク

 

結婚報告を親にするタイミングは?

私は結婚するまで、ずっと実家暮らしでした。

父は単身赴任で、月に数回しか帰ってきませんでした。母は専業主婦なので、ずっと家にいました。

 

私は会社勤めをしていたので、家にいるのは、朝と夜だけでした。休日は家にいることが多かったですが、母とはほとんどしゃべりませんでした。

 

女同士なら、テレビを見るだけでもいろいろと話が盛り上がる事もあると思います。仲が良い母娘なら、母に何でも相談する人もいると思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
でも私は、必要なこと以外ほとんどしゃべっていませんでした。

だから、母に結婚の報告をする良いタイミングって、あまりなかったです。

 

そして、このような状況だったので、母の方から、「結婚を考えている人いるの?」なんて聞かれることもありませんでした。だから、

 

ぷーこ
ぷーこ
無理矢理にでも、結婚報告をするタイミングを作らないといけない・・・

いつが良いのか…?母は専業主婦なので、基本的に家にいました。だから、母が家事をしていない時、くつろいでいる時、そのタイミングが良いかと思いました。そして、昼間よりも、家事が終わった夜の方が落ち着いて話ができるだろうと判断しました。

 

そして私自身の事を考えると、平日は仕事で疲れているので、土日が良い。でも日曜は次の日が仕事なので、土曜が良いと思いました。

 

そこで、土曜日の夜のくつろいでいる時に、母に言うことに決めました。

 

スポンサーリンク

結婚報告を親にする時の切り出し方は?

そして、いざ、土曜日の夜―。

 

ぷーこ
ぷーこ
何て切り出せば良いか分からない・・・

ただでさえ必要な事しか、母としゃべっていなかったのに、結婚の報告なんて、どうやって切り出せばいいか、本当に分かりませんでした。

 

母も、私が必要な事しかしゃべらないと思っているので、それ以外の事を話すとビックリするんです。「な、何かあったの!?」という具合に…。ずっと専業主婦で家で過ごす事が多かった母は、「予想外の事」や「予定外の事」を言われるのが苦手です。

 

だから、余計に結婚の報告がしにくかったです。当時の私は20代半ばだったので、まだ母は、私が結婚すると思っていないと予想ができました。だから尚更、言いにくかったんです。

 

そして、結局・・・

 

ぷーこ
ぷーこ
一言も声を発することなく、3ヶ月が過ぎました・・・

あまりの緊張と、あまりの言いにくさに、母に何も伝えることができないまま、土曜日の夜を繰り返しました。

 

そして、当時の彼氏である夫に、「いつ言ってくれるの?」とせかされてしまいました。

 

どうしよう・・・

どうしよう・・・

 

当時の私には、本当に本当に、「親への結婚の報告」って、緊張して言うのが難しいことだったんです。

 

だから、もうシンプルに伝える事しかできないと思いました。

 

そして、ついに、ある土曜日の夜、

 

ぷーこ
ぷーこ
お母さん、ちょっと話があるんだけど・・・

と切り出して、

 

ぷーこ
ぷーこ
あの・・・結婚したいと思っているんだけど・・・

と、何とか言うことができました。

 

仲が良い母娘なら、さりげなく恋愛の話を始めて・・・とか、両親の馴れ初めを聞いて・・・とか、もっと上手く結婚の報告をしやすい状況を作れたと思います。

 

でも、母と彼氏や恋愛の話を全くした事がなかった私には、「話がある」と切り出して、「結婚をしようと思う」と、言うことしかできませんでした。むしろ、それだけで精一杯でした。

 

そして、母から、「彼氏の仕事は?」などいくつか質問をされ、「お父さんにも言わないとね・・・」と言われました。

 

ぷーこ
ぷーこ
母は結婚することを賛成してくれました。
ただ、娘が結婚するという事で、父が心配なようでした。
「お父さんには徐々に言わないとね・・」と。

3ヶ月もかかりましたが、何とか母には結婚報告をする事ができました。でも、母の言う通り、父にも報告をしないといけません。

 

ぷーこ
ぷーこ
お父さんに言うのも、ハードルが高いな・・

そう思っていました。単身赴任の父に、結婚の報告をするのは、父が家に帰ってきた時しかありません。だから、母に報告した時のように、ためらっていたら、どんどん時間が過ぎてしまいます。

 

どうしよう・・・

どうしよう・・・

 

また、焦っていました。

 

でも、父に報告する時は、母が「お父さんに話があるんだよね」と、話しやすいタイミングを作ってくれました。

 

しかし、私はあまりの緊張で、どうしても言えず・・・

 

ぷーこ
ぷーこ
お母さんから言って・・・

と母にゆだねてしまいました。

 

すると、母が父に伝えてくれて、父からも結婚することを許してもらえました。

 

父も母も優しい性格で、結婚に対しても、反対をする事はないと思っていました。「相手はどんな人だ?収入は?向こうの両親は?」など、質問攻めにする事がないと分かっていました。おそらく、私が決めた人なら良いよ、と言ってくれると思っていました。

 

でも、それでも、結婚の報告は、とてもとても緊張しました。

 

ぷーこ
ぷーこ
うまく伝えようと思わず、シンプルに伝えようとしたことで、何とか乗り切る事ができました。

おそらく、当時の彼氏である夫は、こんな人で・・とか、こんな仕事をしていて・・とか、あれこれ伝えようとしていたら、母に結婚報告をするのに、もっと時間がかかっていたと思います。

 

でもそれは難しいと諦め、「結婚をしたいと思う」とだけ言う、とハードルを下げたことで、3ヶ月もかかりましたが、言うことができました。

 

父には自分で言うことができませんでしたが、「親への結婚報告」を何とか乗り切れて、良かったと思います。

 

結婚報告を親にするタイミングや切り出し方は?恋愛話をした事がない場合―おわりに―

私には兄がいるのですが、兄も結婚報告がなかなかできなかったようです。母と外食をした時など、タイミングを計って言おうとしたようですが、結局言えなかったようです。そして、結婚相手を連れてくる当日の朝になって、ようやく言い出したようです。

 

結婚報告のタイミングや切り出し方・・・簡単な人には簡単だと思いますが、難しい人にとっては、とてもとても高いハードルだなと思いました。

スポンサーリンク

   結婚   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村