HSP気質

小2ですでに大違い!HSPと非HSPの違い 傷つきやすさが雲泥の差?

うちの小2の娘は、HSCです。とても傷つきやすく、母である私が、少し低い声でしゃべると、動揺をします。

 

ぷーこ
ぷーこ
少し低い声…のつもりですが、娘としては「お母さんが怒っている」と感じるようです。

私も娘と一緒で、小さい頃は、お母さんの言葉や声に敏感だったので、娘の気持ちが分かります。だから、娘に話し掛ける時は、特に意識をしなくても、自然と穏やかな声になります。

 

ただ、娘に何かを注意する時は、低い声になるんです。そうすると、娘は、

 

小2娘
小2娘
(ママ、怒らないで。いつものように笑って。)

と娘の心の声が聞こえてくるような、悲しい表情をします。

 

そんな娘と日常を過ごしているので、私にとっては、それが「普通」です。でも、この間、娘と同級生の友達が家に遊びに来た時に、HSCである娘と、非HSCである友達の「傷つきやすさの違い」をとても感じました。その時のお話をします。

 

スポンサーリンク

 

HSPと非HSPの違い

HSCである娘は、内向的で、大人しい性格です。人見知りなので、外ではほとんどしゃべりません。赤ちゃんの頃から、「こんなに大人しい子見たことがない」と言われていました。

 

そんな娘ですが、家ではとても元気です。元気が有り余って、しゃべり続けたり、歌ったり踊ったりする事もあります。

 

でも、娘の友達を見ると、

 

生命力が違うな・・・

 

と感じるんです。

 

わが家には、娘の友達が、週に1回以上は遊びにくるのですが、その時に、娘の友達のたくましさを、ヒシヒシと感じます。その娘の友達は、間違いなく非HSPです。上にお姉ちゃんがいるので、たくましくなる部分はあると思います。ただ、娘と比べると、それだけではない「たくましさ」を感じます。具体的には、

 

  • 声の大きさが違う
  • しゃべり続ける長さが違う(ずっと何かをしゃべっている)
  • テレビの音量が大きい
  • 大人に素直に甘える(「おやつ欲しい」「宿題を見て欲しい」など素直に言う)

 

私もHSPなので、娘の友達が来た時は、

 

ぷーこ
ぷーこ
うるさーい!!

と何度も思います。みんな、全力で叫んで遊んでいるので、HSPじゃなくてもうるさく感じるかもしれません。ただ、そのような雰囲気なので、大人しい娘も、つられて叫びながら遊んでいます。だから、その点は良かったな~と思っています。

 

私のイメージですが、HSC娘と、非HSC友達の、生命力を「100」で表すと、

 

娘の友達
娘の友達
生命力は「100!!!」
娘の友達
娘の友達
生命力は「100!!!」
HSC娘
HSC娘
生命力は「30」。友達といる時は「50」です。

こんな風に感じます。

 

HSPと非HSPの違い 傷つきやすさが雲泥の差?

そんな、たくましさを感じる娘の友達なので、つい低い声で、

 

ぷーこ
ぷーこ
テレビの音量を下げて!!

と言ってしまう事は度々あります。正直なところ、あまりのうるささに、イライラが募ってしまうこともあります。保育園の頃からずっと一緒の友達なので、「慣れ」から、気が緩んでしまうんです。

 

ただ、そのような事は度々あるのですが、娘の友達は、相変わらずな様子なので、「大丈夫かな」と思っていました。

 

でも、この間は、いつもより強い口調で、娘の友達に注意をしてしまったんです。

 

それは、娘と友達が、リビングで宿題をしていて、私も同じ部屋で仕事をしていた時です。ある娘の友達が、他の子より先に宿題が終わったようで、私に話し掛けてきました。そして、じゃれ合うように甘えてきたので、

 

ぷーこ
ぷーこ
やめて!仕事するから、あっちに行って!

と冷たい口調で言ってしまいました。その時は、あまりのうるささにイライラしていて、仕事に集中したいのに邪魔をされたので、つい言ってしまったんです。

 

言った瞬間、「しまった~。こんなに冷たい内容を、冷たい口調で言ってしまった・・・」と思いましたが、その娘の友達は、何も言わずサッと身を引いたので、その場は終わりました。

 

娘の友達に冷たい事を言ってしまったことに、後悔はしましたが、「これは正直な気持ち。今までのイライラが募って思わず言ってしまったけど、イライラするくらいなら、言って良かったかも?」なんて大人げない事も思っていました。

 

そして、それから20分後に、その娘の友達が、「○○ってどこにあるの?」と質問をしてきました。その時、私は、まだ大人げない気持ちが残っていたので、「ここだよ」と素っ気なく答えました。

 

すると、その娘の友達は、「これか!」と言って、ササっとお目当ての物を持っていきました。

 

そして、私は1時間程、仕事を集中してやりました。それ以降、誰にも話し掛けられる事はなかったので、落ち着いて仕事ができました。すると、さっき、娘の友達に、冷たい態度を取ってしまった事が気になってきました。

 

ぷーこ
ぷーこ
やっぱり、小学2年生の子に、大人げない態度だったよな。

そう思いました。そして、もし相手が娘だったら・・・

 

・泣く

・「何でそんな事言うの?」と言う

・抱きついてくる

 

こうなっていただろうな、と思いました。

 

そこで、帰り際に、その娘の友達に、話し掛けて、様子をうかがってみました。すると、

 

娘の友達
娘の友達
楽しかった~!

と、全くのいつも通り。特に傷ついた様子もなく、私に対して警戒する様子もなく、いつも通り元気に帰って行きました。

 

ぷーこ
ぷーこ
娘と全然ちがう・・・
これが非HSPの感じ方なの!?

と、HSPの私としても、とても驚いた出来事でした。

 

その娘の友達にとっては、「甘えたい」、でも「あっち行って」と言われた。今は甘えてはいけない時なのでサッと身を引いた。20分後。今は話し掛けてはいけない。でも質問をしたい。だから質問をした。答えを教えてもらったから、サッとあっちに行った。

 

という、ただそれだけの事だったようです。私の口調や冷たい態度に傷つくのではなく、そこから、どうしたら良いかを考えて行動したのだと思います。小2でこんな風にできるなんて、すごい子だ…と思いました。

 

スポンサーリンク

繊細さは克服すべき?

この出来事だけを見ると、娘は傷つきやすくて、将来が心配だなと思います。

 

でも、娘は、自分が傷つきやすい分、人の心にも敏感なんです。だから、友達に対して、とても優しい面が見られます。

 

反対に、たくましい娘の友達は、他の友達に、強い口調でしゃべる事が多々あります。

でもきっと、この子にとっては、それは「普通」の事なので、「相手が傷ついているかも?」とは思わないと思います。

 

娘も、娘の友達も、自分の感覚が基準なので、当たり前と言えば当たり前です。

 

性格の違う2人を見ていると、

 

ぷーこ
ぷーこ
性格が違う2人だけど、2人とも良い面を活かしている!
そして、お互いに良い影響を与えている。

そう思います。娘は友達から「たくましさ」を、友達は娘から「優しさ」を学んでいるように思うんです。2人とも意識はしていないですが、幼い子供達が、大人へ向かっている様子が感じられます。

 

だから、HSPと非HSPの違いを感じて、「繊細さを克服しないと」と思う必要はないな、と思います。それを活かす事だってできるし、繊細さが友達に良い影響を与える事もあります。

 

非HSPの娘の友達から見ると、HSPの娘は、「すぐに傷つくな」と思うかもしれませんが、HSPの娘の優しさに、非HSPの娘の友達が、「ありがとう」と感謝をしている場面を見た事があります。

 

ぷーこ
ぷーこ
子供の良い面を伸ばす。
そんなお母さんって素敵!

「繊細すぎてダメ」とか「もっとたくましくなりなさい!」とか、そんな事を言うお母さんより、「繊細だからこそ人の気持ちが分かって優しいんだね」と言えるお母さんって、とても素敵だと思います。

 

そして、「たくましいのは良いけど、人に優しくしなさい」など言うお母さんより、「たくましくて頼りになるね」と言えるお母さんも素敵だと思います。

 

HSPでも、非HSPでも、どっちでも良い。どちらも良い面がある。大事なのは、良い面を活かすこと。そして伸ばす事。

 

娘と娘の友達が遊ぶ姿を、長い間 見てきて、そう感じます。

 

小2ですでに大違い!HSPと非HSPの違い 傷つきやすさが雲泥の差?―おわりに―

娘も、娘の友達も、「もっとこうした方が良い」と思う面はあります。でも、そのような面って、小学校や友達と遊んでいる時に、自然と学んでいるように感じます。

 

大人しい娘は、「自分の思いを言葉に出さないと伝わらない」と自然と学びましたし、たくましい娘の友達は、「自己主張が強いと、友達が遊んでくれなくなる」と、自然と学んでいました。

 

そんな風に、学んでいる姿が見られたら、敢えてダメ出しするような事は言わなくて良いのかな、と思います。やっぱり褒められると嬉しいし、やる気が出ますし。

 

大人になった今でも、褒められるとやる気がアップする私から見ると、「褒める」って大事だなと感じます。

スポンサーリンク

    HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村