不登校

【不登校の親にかける言葉】先生に言われて嬉しかった言葉・言われたくない言葉

うちには小学4年生の娘がいます。

 

娘は3年生の頃に不登校になり、今は週に2回だけ学校に通っています。

 

子供が3年生の時の担任の先生は、娘が不登校になり始めの頃~3年生が終わるまで、ずっと母親の私をサポートしてくれていました。

 

そんな担任の先生には、親として本当に感謝しています。

 

そこで当時、担任の先生から言われて嬉しかった言葉、もしこんな事を言われてたら辛かっただろうなという言葉についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

子供が不登校の時に先生に言われて嬉しかった言葉は?

子供が3年生の頃の担任の先生からは、たくさん心が温まる言葉を掛けていただきました。

 

そのなかで特に印象に残っている言葉についてお伝えします。

 

ぷーこ
ぷーこ
どれも本当に嬉しかったです。

 

学校は行っても行かなくてもいい

この言葉は何度も何度も言っていただきました。

 

私も子供に対してそう思っていたので、先生と同じ考えで嬉しかったのもあります。

 

子供としても、お母さんに言われるのと、先生に言われるのとではまた違った印象があったと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
親子ともに先生にそう言ってもらえて安心できました。

 

ゆっくり、ゆっくり行きましょう

先生にそう言ってもらえて、かなり落ち着くことができました。

 

また先生から、「思っているより3倍くらい時間を掛ける方がいい」と言われて、先を急がなくていいと思えました。

 

ぷーこ
ぷーこ
先生も娘の為にいろいろ勉強して下さってるんだなと思いました。

 

お母さんはどうですか?

子供が不登校になってすぐは、先生と子供の様子についてよく話をしました。

 

でもある時「お母さんはどうですか?何が一番つらいですか?」と聞いて下さり、私のことも気に掛けて下さって嬉しかったです。

 

ぷーこ
ぷーこ
その時初めて親としての悩みを話すことができました。

 

お母さん、すごいです

子供が不登校になると、いろいろと悩みが出てきます。

 

自分の対応は合っているのか?分からないんですよね。

 

そんな時に先生から「お母さん、すごいです」と言われて、自分の対応は間違ってないんだと思えて嬉しかったです。

 

○○ちゃんはすごい(褒め言葉)

子供のことを本当にたくさん褒めていただきました。

 

ちょっと大袈裟かな?と感じるくらいの褒め方でしたが、子供はとても喜んでいました。

 

ぷーこ
ぷーこ
母親としても、とても嬉しかったです。

 

そして、たくさん褒めてくださったので、子供も自分に自信を持つことができました。

 

○○ちゃんは、これまでもこれからもずっと幸せ

先生との最後の挨拶でこの言葉をもらいました。

 

子供が不登校になると、母親として後悔する事がいっぱいあるんですよね。

 

子供はずっと辛い気持ちを抱えていたのかな?とか、もっと子供の為にできた事があったんじゃないか?など。

 

そんな時先生から、「○○ちゃんは、これまでも幸せだったし、これからもずっと幸せです」と言ってもらえて、「母親として間違っていない」と言ってもらえたような気がして、本当に嬉しかったです。

 

ぷーこ
ぷーこ
「子供にとって良いサポートができている」と言ってもらえた気がしました。

 


 

このように、3年生の頃の担任の先生には、ずっと優しい言葉を掛けてもらい、救われた事が何度もありました。

 

子供に対しても、母親である私に対してもずっと寄り添った対応をしてくださったんですよね。

 

そのおかげで、不登校だった娘は放課後に登校するようになり、3年生の終わり頃には何度か授業を受けることもできました。

 

ぷーこ
ぷーこ
本当に先生には感謝しています。

 

スポンサーリンク

子供が不登校の時に先生に言われたくない言葉は?

では反対に、子供が不登校になって、先生から言われたら辛い言葉は何か?についてお伝えします。

 

ぷーこ
ぷーこ
直接言われた事はないですが、「こんな言葉を言われたら辛い」というものをお話します。

 

多少は無理してでも学校は行くもの

担任の先生が、「学校は行くべき」と思っていたら辛いです。

 

学校に行くことを促すような言葉、「学校にはいつ来れそうか?」など急かす言葉、そんな言葉を言われたら親としてもしんどいんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
子供にとっても辛いと思います。

 

学校に行かないのは甘えです

また、担任の先生が「学校に行かないのはダメ」と思っていても辛いです。

 

子供が学校に行かないことを「甘え」とか「我慢が足りない」と言われたら、親としても辛いです。

 

ぷーこ
ぷーこ
はっきりと「学校へ行かないのは甘え」と言われなくても、そのような

ニュアンスの事を言われたらしんどいです。

 

お母さんもっと○○してください

先生からアドバイスをいただけるのは嬉しいのですが、今までの対応を否定するような事を言われたら傷つきます。

 

ぷーこ
ぷーこ
いろいろ悩みながら子供に対応しているので、否定されると辛いです。

 

あっ!○○でしたね

子供のことを忘れていたような発言をされると辛いです。

 

先生が忙しいのは分かっていますが、不登校だと親も子供も敏感になっています。

 

だから、子供のことを忘れていたような発言はかなりショックです。

 

ぷーこ
ぷーこ
何となく放っておかた気持ちになります。

 


 

先生って忙しいですよね。

 

それに、うちの子だけを見ているわけではないので、他の問題も抱えていて大変だと思います。

 

それは分かっているんですけど、こちらとしても子供が不登校で気持ちに余裕がありません。

 

だから先生に悪気はなくても、つらい気持ちになることがあります。

 

それに先生の言葉って、親としては重く受け止めてしまうんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
先生の言葉って、嬉しい言葉もそうではない言葉も、心に響きやすいです。

 

だから、不登校児の親としては、先生には優しく寄り添ってほしいなと思います。

 

【不登校の親にかける言葉】先生に言われて嬉しかった言葉・言われたくない言葉―おわりに―

子供が不登校から週に2回学校へ通うようになり、娘のクラスの様子を見る機会が増えました。

 

そうすると、「小学校の先生って大変だな」と思う事が多いです。

 

そんな大変ななか、不登校児の対応もするとなると、本当に先生って大変だと感じます。

 

だから親としては、先生への感謝の気持ちを忘れてはいけないと思いました。

 

スポンサーリンク

   不登校   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村