ランドセル・教科書

ランドセルの交通安全カバーはいつまでつける?破れたらどうする?

小学校の入学式の日にもらった「ランドセルの交通安全カバー」。

 

学校から何も言われないと、いつまでつければいいか迷う人も多いと思います。

 

せっかく時間をかけて選んだランドセルなので、できれば黄色い交通安全カバーをつけたくない、そんな人もいますよね。

 

そこで、娘の小学校を参考にしながら、何年生までランドセルの交通安全カバーをつける人が多いか?調べてみました。

 

また、この交通安全のカバーが破れた場合はどうしたらいいか?も、合わせてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

ランドセルの交通安全カバーはいつまでつける?

ランドセルの黄色い交通安全カバーは、遠くから見ても目立ちますよね。

 

だから、安全のためには、付けた方がいい気がします。

 

 

学校によっては、そのランドセルカバーが1年生の「しるし」になっていて、1年間はつけるように言われている地域もあるようです。

 

 

でも、ただ配られただけで、つけた方がいいのか?つけなくてもいいのか?何も分からない状態で配られる学校もあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
娘の小学校がそうでした。

 

ただ、何も言われず配られただけだけど、「交通安全カバーはつけるもの」と解釈する人が多くて、娘の小学校では、1年生の間はほとんどの子がつけていました。

 

 

そして、2年生になると、いろいろな柄のランドセルカバーをつける子が増えて、黄色い交通安全カバーをつける子は、全体の3割くらい。

 

 

それから3年生になると、ほとんどの子が「いろいろな柄のランドセルカバーをつける」か、「何もつけないか」のどちらかでした。

 

黄色い交通安全カバーをつけている子はというと、数人いるかどうか?です。

 

ぷーこ
ぷーこ
ちなみに、うちの小3の娘は交通安全カバーをつけたままです。

 

 

そして4年生~6年生。

 

さすがに、高学年になってくると、交通安全のランドセルカバーをつけている子は1人も見かけませんでした。

 

やはり中学年~高学年になると、あの黄色い交通安全カバーは恥ずかしくなるのでしょうね。

 

気持ちはとても分かります。

 

 

娘の学校以外でも、長くても3年生まで。

 

だいたいは低学年のうちに黄色いランドセルカバーをはずす人が多いようでした。

 

 

ただ、やはり小学校のことって、学校によって違うことが多いです。

 

そのため、子どもたちが登下校する様子を見ると、だいたいの雰囲気がわかりますよ。

 

 

ちなみに、個人的には「黄色いカバー」はとても目立つので、交通安全のために、低学年のうちはつけておいてもいいのかな、と思います。

 

スポンサーリンク

1年生でランドセルカバーが破れた!補修の仕方は?

ただ、このランドセルカバーは、薄手なことが多いので破れてしまう人もいるようです。

 

1年生のうちに破れてしまったら、できるだけ補修したいですよね。

 

でも、このランドセルカバーの補修ってできるのでしょうか?

 

 

調べてみたところ、

 

  • ビニールテープを貼る
  • 縫う

 

という方法で補修している人がいました。

 

 

でもビニールテープだとはがれてきてしまいますし、縫うのは破れ方によっては難しそうですよね。

 

 

 

そこでもう少し調べてみると、

 

  • 交通安全カバーの上に、透明のランドセルカバーをつける

 

という方法も見つかりました。

 

 

この方法なら、1年生の間は二重にカバーをしておいて、2年生になったら透明のランドセルカバーだけにするなど、後々も使えそうなのでいいなと思いました。

 

 

ただ、学校によっては、

 

  • 先生に言ったらもらえた
  • お金を払って買った

 

ということもあるようなので、一度 先生に聞いてみると良さそうですね。

 

 

ちなみに、うちの娘は小3なのですが、一度も交通安全カバーは破れていません。

 

少し汚れてきましたが、今でも黄色が目立っています。

 

 

よく見かける交通安全カバーとは少し違っていて、交通安全のキャラクターが描かれていて、作りが丈夫なので、2年以上使っても破れないのかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
しかも描かれているキャラクターが気に入っているのか、小3になった今も外そうとしません。

 

 

娘のケースは珍しいと思いますが、これくらい皆が気に入るようなランドセルカバーだったら良いですよね。

 

小3の娘は、内気な性格で、心配性で、あまり体力がありません。

 

だから学校の帰りに、友達が先に行ってしまって、一人で歩く場面もあります。

 

 

そんな時は、やはり目立つ黄色の交通安全カバーの方が安心です。

 

だから、できるだけ長くつけてくれたらなと思っています。

 

ランドセルの交通安全カバーはいつまでつける?破れたらどうする?―おわりに―

子供達が登校する姿を見ると、低学年の子は、「危ない」と思う場面が多々あります。

 

他の事に気をとられていると、車が来ていることに気づかないようです。

 

保育園や幼稚園から小学生になると、大きくなったと実感しますが、1年生ってまだ6・7歳なんですよね。

 

だから、少しでも安全性を高めるために、黄色い交通安全カバーは、つけた方がいいなと思います。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村