内気な彼女や女性の気持ち

「陰ながら応援しています」と内気な女性が恋愛で使う心理って?

「陰ながら応援しています」という言葉を使う時ってありますよね。

単に「応援しています」と言うのではなく、あえて「陰ながら」をつける。

 

それが、内気な女性が好きな人に対して言う場合、単に「応援しています」だけの時と何か違うのでしょうか?

 

そこで、内気でおとなしい女性の立場から、「陰ながら応援しています」を恋愛で使う時の心理について、これまでの経験をもとにお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

「陰ながら応援しています」と恋愛で内気な女性が使う時の気持ち

内気な女性が「陰ながら応援しています」と好きな人に言う時、どのような気持ちなのでしょうか?

 

それはひと言でいうと、

 

ぷーこ
ぷーこ
恥ずかしい、緊張する、という気持ちです。

 

例えば、恋愛感情がない相手であれば、気軽に「応援しています」とか「頑張ってください」って言えるんですよね。

 

でも、好意を抱いている相手だと、緊張して「陰ながら応援しています」と控えめな言い方になってしまうんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
本当は心から応援しているのに、一歩引いた言い方になってしまいます。

 

なぜ「陰ながら」を付ける?

では、なぜあえて「陰ながら」を付けるのでしょうか?

 

自分に自信がないから

好きな人に対して、好きな気持ちに任せて「心から応援しています!頑張ってください!」なんて言うと迷惑に思われるんじゃないかと思ってしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分に自信がないので、私に「応援しています」と言われても嬉しくないじゃないか、と考えてしまいます。

 

だから一歩引いて、「陰ながら応援しています」という言い方になってしまうんですよね。

 

「応援しています!」と言ってガツガツした印象を与えたくないから

また、「応援してます!!頑張ってくださいね!!」と勢いよく言って、鬱陶しく思われるのが嫌なのもあります。

 

好きな人が相手だと、つい応援したい気持ちが強くて、しつこく言葉を掛けてしまったりしますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
でもそうして好きな人に迷惑に思われるのが嫌です。

 

だから、相手が迷惑に感じないように、控えめな言い方をするようにします。

 

相手の気持ちが分からないので怖いから

結局のところ、好きな人の気持ちが分からないので、嫌われるような事はしたくないんですよね。

 

だから、しつこくならないように、仮に好きな人が自分の事を嫌っていても迷惑に感じないように、「陰ながら」を付けて謙虚な言い方にします。

 

また、勢いよく「応援しています!」と言って、好意を抱いている人が一瞬でも嫌な顔をすると、かなり傷ついてしまいます。

 

だから「陰ながら応援しています」と控えめに言って、そのような辛い場面を避けています。

 

ぷーこ
ぷーこ
落ち着いて「陰ながら応援しています」と言うと、大抵の人は「ありがとうございます」と言ってくれると思うので、無難な対応を選んでしまいます。

 

 


 

このように、内気でおとなしい性格だと、好きな人に対して「恥ずかしい」とか「緊張する」気持ちが強いうえに、自分に自信もないので、どうしても控えめな態度になってしまいます。

 

そして好きな人に迷惑に思われるのが怖いので、ますます気持ちを抑えて行動してしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
好きな人でなければ、気楽に「応援しています」と言えるのですが。

 

スポンサーリンク

「陰ながら応援しています」という内気な女性は脈あり?

では、これまでの話を見ると、「陰ながら応援しています」と言ってくる内気な女性は脈ありなのか?と思いますよね。

 

私の経験から言うと、脈ありの可能性がけっこうあります。

特に緊張して恥ずかしがりながら言っている場合、その可能性は高いと感じます。

 

ぷーこ
ぷーこ
目を合わさなかったり、うつむき加減だったりすると、恥ずかしがっている証拠ですよね。

 

ただ実際のところ、好意を抱いていなくても「気を遣う相手」や「一定の距離を保ちたい相手」であれば、「陰ながら応援しています」と言う時ってあるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
目上の人だったり、気を遣う人だと「陰ながら」を付けることがあります。

 

だから、「陰ながら応援しています」と言うからといって、必ずしも相手に好意を抱いている、というわけではないです。

 

でも職場の同僚など、同じような立場の人であれば、「応援しています!頑張ってくださいね!」と笑って言えるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
素直に応援したい気持ちを伝えれます。

 

でも気を遣う相手ではないのに、「陰ながら」を付ける場合は、好意を抱いていて恥ずかしいからなんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
内気でおとなしい性格からか、何歳になっても好きな人と話す時は緊張してしまいます。

 

「陰ながら応援しています」と控えめに言うのは、「好きな人だから」もしくは「気を遣う相手だから」のどちらかではありますが、話す時の様子は違うと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
気を遣う相手に「陰ながら応援します」と言う時は、目を見て言うようにします。

 

だから、「陰ながら応援します」と言う女性の心理が気になる場合は、それを言った時の女性の様子も大きなポイントだと思います。

 

気持ちってどうしても態度に出てしまいますよね。

だから言葉だけでなく、その時の女性の様子を見ると、「陰ながら」を付ける真意が分かるのではと思います。

 

「陰ながら応援しています」と内気な女性が恋愛で使う心理って?―おわりに―

外交的で明るい性格の人だと、好きな人には笑顔で「応援しています!」って言いますよね。その方が印象が良いですし、言われた方も明るい気持ちになります。

 

だから目も合わさず「陰ながら応援しています」と言ったら、相手には良い印象は与えないかもしれないと思いますが、正直なところ、それを言うのも精一杯なんですよね。

 

話し掛けるだけで勇気がいるので、言葉を伝える時はかなり頑張っています。

 

そんな内気な女性の気持ちって分かりづらいと思いますが、少しでも理解してもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村