内気な女性が好きな男性

愚痴を聞いてくれる女性の心理ってどのようなもの?

愚痴を聞いてくれる女性っていますよね。

 

普通なら人の愚痴を聞くのは嫌だと思いますが、なぜかその女性は愚痴を聞いてくれる。

 

それは一体なぜのか?気になりますよね。

 

そこで、愚痴を聞いてくれる女性の立場から、その女性心理についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

愚痴を聞いてくれる女性の心理とは?

人の愚痴を聞いていると、何だか暗い気持ちになったり、嫌な気持ちになったりしますよね。

 

それなのに、愚痴を聞いてくれる女性がいる。それはどうしてなのか?

 

そこでさっそく、愚痴を聞いてくれる女性の気持ちについて見ていきます。

 

共感する

まず理由としては、愚痴に共感する場合です。

 

同じような立場になった事があったり、同じ気持ちを抱えていたり、そのような時は共感をするので愚痴を聞きます。

 

ぷーこ
ぷーこ
「その気持ち分かる!」となって、共有できて嬉しいです。

 

だから、「愚痴を聞く」というより、「愚痴を言い合う」感じなんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
愚痴が共感できると、お互いにストレス発散になりますよね。

 

本音を言ってくれるのが嬉しい

愚痴って誰にでも言えるものではないです。

 

本音を言えるくらい心を開いている相手にしか言えないですよね。

 

だから、愚痴を言ってくれる=心を開いてくれている と思うので嬉しく感じます。

 

ぷーこ
ぷーこ
少なくとも嫌われてはいないと思えますよね。

 

信頼してくれているのが嬉しい

さらに愚痴って信頼できる人にしか言えないです。

 

ぷーこ
ぷーこ
口が軽い人に愚痴を言ったら、それを誰かに言われそうで怖いです。

 

だから、愚痴を言える=信頼してくれている と思えるので、嬉しく思います。

 

頼ってくれるのが嬉しい

そして、愚痴を聞いてもらうのって、けっこう相手に負担をかけることですよね。

 

だから、愚痴を聞いてもらうのは、相手を頼るという事だと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
人から頼りにされるのって嬉しいものです。

 

だから、愚痴を言ってくれると頼りにされているようで、ちょっと嬉しいです。

 

「男性が愚痴を言える女性」であることが嬉しい

実のところ、男性の愚痴を聞く女性の気持ちは、「意外と嬉しい」なんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
ただ、いつも愚痴ばっかり言っている人の愚痴を聞くのは嫌です。

 

あくまで普段は頑張っているけど、疲れて思わず言ってしまう愚痴を聞くのは嬉しい、ということです。

 

それはなぜかと言うと、自分が「男性が愚痴を言える女性」であることが嬉しいんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
必要な人と思われているようで嬉しいです。

 

何というか自分のことを、

 

・ 愚痴を言えるような安心感を与えることができる女性?

・ 愚痴を言っても良いと思える優しい女性?

・ 愚痴を言える信頼できる女性?

 

なんて思えるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
男性が愚痴を言える女性って何だか良いイメージです。

 

自分がそんな愚痴を言える女性になれたら嬉しいんですよね。

 

だから、男性から愚痴を言われるのは意外と嬉しいものなんです。

 

スポンサーリンク

愚痴を聞くのは好意があるから?

「男性の愚痴を聞くのは嬉しい」というと、その男性に好意があるのか?と思われるかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
確かに「誰の愚痴でも聞ける」というわけではないです。

 

ただ、絶対に好意を抱いているか?と言われたら、実のところそうでもないんですよね。

 

例えば、信頼している上司や仲が良い友達など、好意を抱いてない男性の愚痴を聞くのも嬉しいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
もちろん、好意を抱いている男性の愚痴を聞くのは一番嬉しいです。

 

でも、信頼している上司や友達であっても、その人の役に立てたら嬉しいですし、単純に力になりたい気持ちもあります。

 

だから、愚痴を聞く=好意を抱いている ということではありません。

 

ぷーこ
ぷーこ
ただ、力になりたい相手ではあります。

 

だから、役に立てると嬉しいんですよね。

 

人の愚痴を聞くって、場合によっては面倒です。

 

でも思わず愚痴を言ってしまう時や、愚痴を言わずにはいられない時もありますよね。

 

そんな時に愚痴を言える女性になれたら、嬉しいです。

 

愚痴を聞いてくれる女性の心理ってどのようなもの?―おわりに―

女性同士だと、けっこう愚痴を言い合ったりします。

 

特に私は、職場の先輩とは、いつも愚痴を言い合いながら大変な仕事を乗り切っていました。

 

愚痴を言わないとやっていけないくらい、ストレスが多かったんですよね。

 

でも、愚痴を聞いてもらえたり、共感してもらえたら、気持ちがスッキリしてまた仕事が頑張れるんです。

 

ただ男性同士は、もしかしたら女性よりは愚痴を言い合ったりしないのかもしれません。

 

そう思うと、男性にとって愚痴を言える相手って貴重ですよね。

 

愚痴を言いたくなった時は、近くの信頼できる女性に愚痴を言ってみると、意外と共感をしてくれたり、力になってくれるかもしれません。

 

毎日のようにグチグチ言うと嫌われるかもしれませんが、たまになら愚痴を聞く女性側も嬉しいと思うかもしれませんよ。

 

また、愚痴を言った後に「愚痴を聞いてくれてありがとう。また仕事頑張るよ。」なんて言われたら、力になれて良かったと思います。

 

愚痴を言った後は、このように感謝を伝えると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村