内気な女性の気持ち

彼女が帰り際に寂しがってめんどくさい!傷つけずに楽しく帰すには?

デートの帰り際、彼女が寂しがってなかなか帰らない…。

 

少しくらいならいいけど、彼女が離れたくないと言って、帰るのをしぶって困る。

 

ぷーこ
ぷーこ
私は、このようにして、彼氏をイライラさせた事があります。

 

その時に彼氏は、とても冷たい態度を取ったので、本当に傷つきました。

 

 

では、デートの帰り際にどのようにしてもらえたら、笑って帰ることができたのか?

 

彼女側の気持ちを交えて、この時の経験をもとにお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

彼女が帰り際にめんどくさい

私と彼氏は、仕事の休みが合わなくて、あまり会うことができませんでした。

 

だから、会うことができた時は、とても嬉しくて、いつもその日を心待ちにしていたんですよね。

 

 

でもその分、デートの帰り際がとても寂しかったです。

 

次に会えるのはいつか分からない。寂しくて泣きそうになったことも、しばしばありました。

 

ぷーこ
ぷーこ
少しでも長く一緒にいたい。

 

そんな気持ちが強くて、帰り際にはぐずってしまい、彼氏に迷惑を掛けていたんです。

 

例えば、駅の改札口の前で、帰るのを嫌がり、乗る予定の電車を見送ったり…

彼氏が帰ろうとすると、寂しい顔をして帰るのをしぶったり…

 

デートで帰るのを寂しがることって、少しくらいなら可愛げがあるかもしれません。

 

 

でも、なかなか帰ろうとせず、私のように、何十分も帰るのをぐずったら、

 

彼氏
彼氏
とても面倒でした。

 

でも正直なところ、自分の寂しい気持ちが大きすぎて、彼氏の気持ちを考える余裕はなかったんですよね。

 

むしろ、あっさり帰ろうとする彼氏に対して「なぜ彼氏は帰るのが寂しくないのか」と思っていました。

 

別れ際に泣く心理とは?

デートの別れ際に、寂しくて泣いてしまう人もいますよね。

 

私は、泣くことはありませんでしたが、泣いてしまう気持ちは、とってもよく分かります。

 

 

こんなことを言うと、とても重く感じると思いますが、彼氏と付き合っていた時は、彼氏が全てだったんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
家族や友人がどうでもいい存在だった、という訳ではありません。

 

嬉しい・楽しい・悲しい・つらい…などの感情が、彼氏との関わりによって生み出されている感覚だったんです。

 

一緒にいて心から楽しいのは、彼氏。

つらい時に楽しい気持ちに変えてくれるのは、彼氏。

嬉しい気持ちでいっぱいにしてくれるのは、彼氏。

 

このように、彼氏のことを頼り過ぎていました。

 

 

だから、彼氏と離れるのが、泣いてしまうくらい辛かったです。

 

ぷーこ
ぷーこ
もちろん、友達と遊んでも楽しくない、という訳ではありませんでした。

 

でも、一番の楽しみや喜びを与えてくれるのは彼氏だったので、彼氏に寄りかかり過ぎていたのだと思います。

 

そして、何かストレスを抱えている時は「一番に癒してくれるのは彼氏」と思っていたので、彼氏と離れて、ストレスと向き合わなければならなくなるのが、つらい時もありました。

 

彼氏と一緒にいるときは、つらい現実から離れて、楽しい時間を感じれる。

だから、現実に戻りたくなくて、帰るのを嫌がってしまう。

 

内向的でストレスを感じやすい私は、ただ離れるのが寂しいだけでなく、そんな風に思っている時もありました。

 

 

今思えば、このように彼氏を頼り過ぎるのはよくないと思います。

 

でも当時は、そのことに全く気づくことができませんでした。

 

 

おそらく、言葉で説明されても理解できなかったと思います。

 

そして仮に理解ができても、行動に移すことは、なかなかできなかったと思うんですよね。

 

スポンサーリンク

彼女を傷つけないで帰すには?

私はデートの別れ際に寂しがって、彼氏をイライラさせ、冷たい態度を取られました。

 

それから、冷たくされるのが嫌で、寂しいのを我慢して、帰り際にはスパッと帰るようにしたんです。

 

 

でも正直なところ、とても辛かったんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
あれから何年もたった今でも思い出せるくらい辛かったです。
そして、彼氏は優しい性格だけど、冷たいところもあるよな、なんて印象が残ってしまいました。

 

でももし彼氏が、「こんな風にしてくれたら嬉しかったな」と思うことがあります。

 

 

それは、まず、

 

    • どれだけ鬱陶しくても、それを態度に出さないこと

 

この事が一番だと思います。なかなか帰ろうとせず、迷惑を掛けてしまったのは申し訳ないと思います。

 

でも、言い方次第で、もっと心持ちが変わっただろうと思うんですよね。

 

 

例えば、帰り際にぐずった時に、

 

    • 「帰りが遅くなると危ないから帰ろう」
    • 「明日もお互いに仕事だし、明日の為に帰ろう」
    • 「僕も寂しいけど、また会えるからそろそろ帰ろう」

 

と優しく言ってくれたら、傷つかずに落ち着いた気持ちで帰れたと思います。

 

 

そしてさらに、

 

    • 次に会う約束をしておく
    • 次に遊びに行くところを決めておく

 

このようにしてくれたら、もっと嬉しかったと思います。

 

帰るのは寂しいけど、「次がある」と思えるので、楽しみな気持ちを残すことができます。

 

また、

 

    • 帰る途中で連絡をする
    • 帰ってから連絡をする

 

こうすると、家に帰っても、まだデートが終わっていない気がして、寂しさはグッと減ったと思います。

 

というのも、私と彼氏が付き合う前、彼氏に悩みを相談して、なかなか帰れなくなった時があったんです。

 

その時に、彼氏がこのようにしてくれて、何とか帰ることができました。

 

 

帰るのは寂しいけど、「まだ彼氏と繋がっている」と思えたので、寂しさを紛らわすことができました。

 

彼氏
彼氏
わざわざこんな事しないといけないの…?

 

と彼氏に思われそうですが、理想を言えば、こうしてもらえたら、とても嬉しかったです。

 

 

ただ、本当に一番嬉しいのは、彼氏も帰り際に「離れるのが寂しい」と言ってくれることです。

 

帰り際に寂しくなる気持ちを理解してくれて、共感し合うのが、一番に望むことなんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
その為には、もっと自分を磨かないといけない。

 

さすがに当時でも、このことは理解していたので、何とか乗り越えることができましたが、なかなか辛い道のりでした。

 

彼女が帰り際に寂しがってめんどくさい!傷つけずに楽しく帰すには?―おわりに―

私はそれから、帰り際に寂しがるのを辞め、すぐに帰るようにしました。それを数ヶ月続けた頃、彼氏の方から「もう少し一緒にいよう」と言ってくれました。

 

その時はとても嬉しかったですが、「やっと帰り際に寂しくなる気持ちを理解してくれたか」という安心感もありました。

 

お互いに未熟で、うまく進めなかった私達ですが、今では結婚して子供もいます。

 

当時のことは昔の思い出として残っていますが、あの時にもっと優しくしてくれていたら・・・夫への信頼がもっと変わっていたかもしれません。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村