内気な女性が好きな男性

大人しい彼女と付き合ったきっかけは?出会いから付き合うまでの期間は?

私は内気で大人しい性格です。だから、まわりから「何を考えているか分からない」とか「どう接していいか迷う」など思われていることがあると思います。

 

特に男性からは、「余計なことを言ったら傷つけてしまいそう」と気を遣われた事が多々あるように感じます。

 

そんな私ですが、男性とお付き合いをし、今は結婚をして子供もいます。

 

内向的で恥ずかしがりの私が、どのような事がきっかけで夫と付き合ったのか?出会いから付き合うまでの期間はどれくらいか?

 

「大人しい彼女側の視点」を交えて説明します。

 

スポンサーリンク

 

彼女との出会いは?

私たちが出会ったのは、飲食店でのアルバイトです。

 

ぷーこ
ぷーこ
私の方が先に働いていました。
夫より1歳年上です。

 

夫は料理担当で私は接客担当だったので、仕事中に接する機会は少なかったですが、休憩時間が一緒になりしゃべることはよくありました。

 

また、私が先輩で年上だったこともあり、夫とは何となく上下関係がありました。後輩で年下の夫に、それほど気を遣わなくていいかなと思っていたので、私は夫にはとても気楽に接していました。

 

そして夫の方も、気を遣わない私に対して、気軽に接していたと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
ちゃんと仕事してね~

 

夫
分かりました~。がんばります。

 

でも内気で気が弱い私には、気を遣わず気楽に接することができる相手って、ほとんどいませんでした。だから、好き嫌いは別として、夫はちょっと特別な存在でした。

 

ぷーこ
ぷーこ
夫の前では「自分らしくいれる」と思っていました。

 

大人しい女性と付き合ったきっかけは?

とはいえ、お互いに「異性として好き」ということはありませんでした。

先輩・後輩としては好きでしたが、恋愛対象として意識はしていませんでした。

 

ただ、お互い気楽に接することができる存在、というだけでなく、「とても気が合う相手」と感じていたと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
○○っておもしろいよね。

 

夫
面白いですよね、分かります。

 

面白いと思うポイントが似ていて、くだらない話で盛り上がったことは何度もありました。「フィーリングが合う」と何となく感じていました。だから、

 

ぷーこ
ぷーこ
自然と夫に話し掛けていました。

 

私は人見知りでもあるので、あまり自分から人に話し掛けません。でも、夫には、自然と自分から話し掛けていました。

 

実は夫も内気な性格で、自分から積極的に行動するタイプではありませんが、夫も私には自然と話し掛けてくれていたように思います。

 

また、大人しい性格の私は、

 

    • グイグイ来られるのが苦手
    • 毎日メールなど連絡を取り合うのはしんどい
    • 声が大きく威圧的なのは怖い

 

このように思っています。だから、仕事中なのに必要以上に話掛けられたり、毎日のようにメールが来たりすると、「気が合う」と感じていたのに、やっぱり違ったかな…と思っていたと思います。

 

また、そもそも「声が大きくて威圧的な人」が苦手なので、私に対しては優しくても、他の人に対してそのような態度を取っている姿を見ると、一気に気持ちが離れたと思います。

 

でも夫は、内向的な性格からか、自然とそのような事をすることはありませんでした。

 

そんな夫とは、

 

ぷーこ
ぷーこ
バイトの休憩中、仕事が終わった後など、ちょっとした時間にしゃべっているうちに、距離が縮まっていきました。

 

 

自然と距離が縮まっていった夫は、私にとって、とても「安心できる存在」でした。人の目を気にして緊張をしやすい私にとって、「安心できること」ってとても大切です。

 

例えば、もし道端で偶然に夫を見かけたら、「おーい」と手を振ると思います。でも、緊張する相手だと、たぶん逃げてしまうと思うんです。

 

説明が難しいのですが、このように夫は、偶然見かけても自然と話し掛けたくなる「安心できる存在」でした。

 

ぷーこ
ぷーこ
夫は、一緒にいて楽しくて心が落ち着く存在でした。

 

夫
特に意識して、そうしようと思ったわけではありません。

 

そんな状態がしばらく続いたのですが、私たちが付き合うきっかけになる事が起こりました。

 

それは、「深い話」をしたこと です。

 

人によっては「重い」と感じるような、心の内面や考えを、夫に話したんです。さすがの夫も、引いてしまうだろうと思いました。でも、

 

夫
僕も物事を深く考えるタイプです。

 

どうやら夫も、深く物事を考える性格だったようで、私の話を引くことなく聞いてくれ、同じくらいの深さで夫も答えてくれました。そこで、夫に対して、

 

ぷーこ
ぷーこ
信頼が生まれました。

 

そして、信頼をした夫に、悩み事の相談をするようになりました。

 

そのうちに、夫も私に悩みを打ち明けてくれるようになりました。

 

そうして、2人で会っているうちに、夫から告白をしてくれ、付き合うことになりました。

 

人になかなか心を開けない内気な私は、

 

    • 一緒にいて楽しい
    • 安心できる存在
    • 信頼ができる

 

この3つが揃って、本当に夫のことを心から大切に思い、好きになりました。

 

スポンサーリンク

出会ってから付き合うまでの期間は?

このように奥手でもあった私たちが付き合うまでは、それなりの期間がありました。

 

夫と出会ってから付き合うまでは、1年ちょっとです。

 

先輩・後輩の関係が長く、すぐには恋愛として進展しませんでした。「一緒にいて楽しい存在」から「信頼できる存在」になるまでは、やはりそれなりの時間が必要だったと思います。

 

出会ってから付き合うまでが、長かったのか短かったのかは分かりませんが、私たちにとっては必要な時間だったと思います。

 

それに、付き合うまでがそれなりに長かったから、夫がどのような人かが分かった上で付き合ったので、心配性の私としては良かったのだと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
出会ったばかりの人だと、信頼できる人なのか分からなくて怖いです。

 

出会ってから付き合うまでの他の女性の心理はわかりませんが、内気な私としては、やはり、

    • 一緒にいて楽しい
    • 安心できる存在
    • 信頼ができる

 

このような人でないと、たとえ付き合ったとしても、長続きはしないと思います。

 

だから、夫のことを、このような存在と感じるまで1年ほどかかりましたが、2人にとっては必要な時間だったと思います。

 

大人しい彼女と付き合ったきっかけは?出会いから付き合うまでの期間は?―おわりに―

私はこのような性格だからか「モテる人」が苦手です。自分とは釣り合わないので、まわりの目が気になって、一緒にいて安心できません。

 

また、「かっこいい人」も苦手です。見た目だけでなく、立ち居振る舞いがかっこいい人と一緒にいると、こちらも失礼があってはならないと緊張してしまうんですよね・・・。

 

だから、不器用でも真面目で誠実な人と一緒にいる方が、心が落ち着いて安心できます。

 

気遣いができる人が好きだけど、細かいところまで目が届く人は反対に緊張してしまう・・・。改めて自分って面倒な性格だと思いました。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変な事がありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小3・HSC)の3人家族です。
地獄のワーママ歴8年、今は退職し、PTA本部役員をしています。
関西の勢いに押されながら、日々何とか生きています。
詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村