HSP気質

HSPの罪悪感との向き合い方 不安で辛い気持ちを手放すには?

心が敏感な私は、人より「罪悪感」を感じやすいと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
子供の頃、母に言った一言を今でも後悔しています。

絶対に母は覚えていない些細な一言なのですが、今でも「あの時お母さん傷ついたかな?」とフッと思い出すことがあります。

 

また、極端に人に迷惑や負担を掛けることを怖がってしまいます。それは、人に負担を掛けると、

 

ぷーこ
ぷーこ
「悪いことしてしまったな」と罪悪感でいっぱいになるからです。

罪悪感を抱きやすい気質の私は、どのように罪悪感と向き合っていけば良いか?罪悪感から不安で辛い気持ちになった時、そのような気持ちを手放すにはどうしたら良いか?お話します。

 

スポンサーリンク

 

HSPは罪悪感を感じやすい?

私は、人に迷惑を掛けるくらいなら、迷惑を掛けられる方が良いです。そして、人にお世話をされるより、お世話をする方が気が楽です。

 

ぷーこ
ぷーこ
些細なことでも、人に負担を掛けていると思うと、気が重くなるんです。

例えば、遅刻はしていなくても、人を待たせると「悪いな」と思うし、自分より周りの人の仕事量が多いと、申し訳なさ過ぎて胸が張り裂けそうになります。たとえ自分が新人で仕事量が少ないのが当たり前だとしても…。

 

上手く説明できないですが、まわりより、自分の方が「負担が多い方」が安心できるんです。その方が「自分は役に立てている」「存在価値がある」と思えるのかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
自己肯定感が低いので、役に立てている実感がないと、不安になります。

このような感じなので、今までのいろいろな場面で、人より負担が多い役回りになる事が多いです。そして、それが普通になっています。しかし、その事が、ますます「人より負担が少ないこと」に対する罪悪感を助長させることになっています。

 

また、何か問題が起きた時、自分の過失があまりなくても、自分の力を100%発揮できていないと、「自分が悪かった」と思ってしまいます。私の注意が足りなかったから、問題が起きてしまった、と解釈してしまうんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
このことも自己肯定感が低いことが原因だと思います。

 

HSPの罪悪感との向き合い方

でも、自分の過失が少なくても、自分を責めてしまうのは、「その方が楽」という事もあります。過失が大きい人を責めるより、「自分が悪かった」と思い、自分の行いを改善する方が、「気が楽」だし「簡単」なんですよね。

 

自己肯定感の低さから、自分の過失に必要以上に罪悪感をいだく。そして、過失が大きい人を責める気力はないから、そこには目を向けず、自分の行為のみに目を向けて、それを改善しようとする。

 

ぷーこ
ぷーこ
本当に自分は悪かったと思っているから、謙虚な気持ちになれます。
そして、過失が大きい人に対しても、自分の至らなかった点を心から謝罪する事もできます。

このように見ると、「罪悪感を感じる」って、悪いことではないように思えてきました。むしろ罪悪感がメリットのように感じます。

 

「自分は悪くない。あなたの方が悪い。」と主張するより、過失の割合の差があったとしても、お互いに悪かった点を認め合い、謝罪し、改善をしていく方が良いです。

 

実際、私は会社勤めをしていた時、表立っては人間関係が悪くなったことはありませんでした。(内心ではどう思われていたか分かりませんが・・・)でももし、罪悪感をあまり感じなかったら、人間関係のトラブルで、もっと悩んでいたかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
罪悪感を感じやすくてしんどい。でも、罪悪感を感じやすいから謙虚になれる。それが人間関係を良好に築くことにつながっている。

そう思うと、罪悪感って、必要なものにすら感じます。

 

また、罪悪感を感じると、本当に不安でつらい気持ちになるので、「もうこんな気持ちになりたくない」と思い、自分の行動を改善しようと思えます。

 

例えば仕事上でのことなら、同じミスを繰り返さないように気を付けよう、と思いますし、職場の人に何度も質問をするのは悪いから、しっかりメモを取ろうと、心から思えます。

 

自分の行いを改善しようと必死になれるので、まわりから「熱心だね」と思われることすらあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
罪悪感は、謙虚になれるだけでなく、自分をより良くする事にもつながる。罪悪感を感じることは、悪いことばかりではない、良いこともある。そう思うと、少し気が楽になります。

 

スポンサーリンク

罪悪感からくる不安で辛い気持ちを手放すには?

ただ、罪悪感を必要以上に感じることは、とても苦しいことでもあります。

 

罪悪感から、謙虚になれたり、自分の行いの改善につながるのも、罪悪感から「不安」や「恐怖」を感じるからです。

 

ぷーこ
ぷーこ
適度な罪悪感なら良いけれど、必要以上の罪悪感は本当につらい。

そして、繊細すぎる私は、必要以上に罪悪感を感じてしまうので、メリットよりも、つらい気持ちに目が向いてしまいます。

 

罪悪感から抜け出すにはどうしたら良いか?

 

いくつか方法があるようなので、順番に見ていきます。

 

 

  • 謝罪をする

 

相手に迷惑を掛けたり、傷つけたりして罪悪感を感じた時は、素直に謝ることが大事なようです。そして、原因や対策を伝え、感謝の気持ちを伝えると良いようです。

 

ぷーこ
ぷーこ
人間関係で何かあった時は、素直に謝ることって大事ですよね。きちんと謝罪ができないと、ずっとモヤモヤしたまま罪悪感を抱えることになります。

 

 

  • 本当に自分だけが悪いのかを考えてみる

 

何か問題が起きた時、自分の事だけを責めてしまいますが、それ以外にも原因はあるはずです。例えば、自分以外の人、天候や環境の問題など、自分以外の原因にも目を向けることで、必要以上に罪悪感を感じることから抜け出せるようです。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分だけが100%悪い、という事なんてほとんど無いと思います。
自分以外の人の悪かった点を見ることは難しいですが、天候や環境的な問題点には、すぐ目を向けれそうです。

 

 

  • 別の機会に別の事で活躍をする

 

例えば、仕事で迷惑をかけたなら、別の仕事で返す、のように、誰かに迷惑を掛けた時は、その分を別の事で返すと罪悪感から抜け出せます。

 

ぷーこ
ぷーこ
私は、なかなかこの事ができません。罪悪感を感じたら、固まってしまい、何もできなくなってしまいます。

一旦、罪悪感を感じてしまうと、不安から、早くこの感情から逃れたいと思い、焦ってしまうんです。でも冷静に考えると、このようにできる人って、落ち着いていて誠実だなと感じます。

 


 

罪悪感とは、悪いものではないです。でも必要以上に感じると、自分自身を苦しめてしまいます。ただ、罪悪感を感じたとしても、それから抜け出す方法がある、そう思うと、「罪悪感」を怖がる必要はないのかなと思います。

 

でも、HSPという気質なので、理屈では分かっていても、感情はコントロールできません。だから、罪悪感に苦しむことはあると思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
でも、罪悪感には良い面もある。罪悪感から抜け出す方法もある。
その事を知っているのと、知らないのとでは、不安の度合いは違うと思います。

HSPの罪悪感との向き合い方 不安で辛い気持ちを手放すには?―おわりに―

子供の頃に母親に、「この美容院に行ったら?」と勧めた事があります。そのとき母は、馴染みの美容院に行っていたのですが、少し値段が高かったのです。だからと言うわけではないのですが、私は別の美容院を勧めました。すると母は「そうだね・・」と言って、私が勧めた美容院に行きました。

 

その時母はきっと、少し値段の高い美容院に行っていることを、子供に指摘されて傷ついたと思います。実際のところは、どれほど傷ついたか、全く傷ついてないのか分かりませんが、「母を傷つけてしまった」と私は感じ、その事を大人になった今も忘れられません。

 

母を傷つけるつもりはなかった、どの美容院に行っても良かったし、値段が高いことを指摘したいわけじゃなかった。

 

結果的には、母は、私が勧めた美容院が気に入ったようで、通い続けていたので良かったです。だから謝る必要はないのかもしれませんが、母に謝りたい気持ちでいっぱいです。

 

でも今さら謝っても、母としては覚えていないと思うので、私の心の中でモヤモヤが残ったままです。もし何かのきっかけがあって、謝る事ができれば、その時に罪悪感から解放されると思います。そんな日は来るのか分かりませんが・・・

スポンサーリンク

    HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変な事がありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小3・HSC)の3人家族です。
地獄のワーママ歴8年、今は退職し、PTA本部役員をしています。
関西の勢いに押されながら、日々何とか生きています。
詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村