仕事

「なんとなく仕事を休みたい」で仕事を休むのはダメなこと?

なんとなく仕事を休みたい。

 

体がだるいし、やる気も出ない。

 

そんな時は、「仕事を休みたいな」と思いますよね。

 

 

でも、「なんとなく仕事を休みたい」で仕事を休むのって、ダメなことのような気がしますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「怠けてるだけかな?」と感じます。

 

そこで、

 

  • 「なんとなく仕事を休みたい」で仕事を休むのはダメなことなのか?
  • 「なんとなく仕事を休みたい」けど、どうしても休めない時は?

 

について調査しましたので、これまでの経験も含めてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

「なんとなく仕事を休みたいとき」は「疲れているとき」

なんとなく仕事を休みたいとき。

 

それって、ただ怠けているだけなのか?

 

ぷーこ
ぷーこ
やる気がなくて、サボりたいだけなのか?

 

そんな風に思いますよね。

 

 

ただ、このように「なんとなく仕事を休みたいとき」。

 

 

それは、「心も身体も疲れているとき」だと思うんです。

 

 

なぜなら、仕事を休むと職場の人に迷惑を掛けますよね。

 

それに、次に仕事に行く時に、みんなに謝罪やお礼をして気を遣います。

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事を休むって、けっこう気疲れするんですよね。

 

 

だから、ちょっとしんどいだけや、単にやる気がないだけだったら、仕事に行く選択をすると思うんです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
しんどくても仕事に行く方が気は楽です。

 

 

でも、「なんとなく」で、仕事を休もうかを考えている。

 

それって、心も身体も疲れ切っていて、エネルギーが切れている状態じゃないかと思うんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事をがんばったり、人に気を遣う気力がない状態だと思います。

 

 

そんな時、頭痛がしたり腹痛があったりする時もありますよね。

 

でも、単に体がだるかったり、気が重かったりするだけの時もあると思うんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
身体的な症状がない時もあります。

 

 

そうすると、ただ怠けているだけのような気になりますが、本当は心身ともに疲れ切っているんだと思いますよ。

 

 

「なんとなく仕事を休みたい」で仕事を休むのはダメなこと?

だから、「なんとなく仕事を休みたい」で仕事を休むのは、ダメなことではないです。

 

むしろ、ゆっくり休んで、心も身体も回復させる必要があります。

 

ぷーこ
ぷーこ
ゆっくり寝て、しっかりご飯を食べて、元気になった方がいいです。

 

 

ただどうしても、身体的な症状がないと、仕事を休みづらいですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
熱があったり、頭痛がしたりしないと、仕事は休みづらいです。

 

 

確かに、仕事を休むと、罪悪感で休んだ気にならない場合。

 

また、どうしても仕事が忙しくて休める状態じゃない場合。

 

 

そんな時は、とりあえず今日は仕事に行った方がいいかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事を休んでも、ゆっくりできなかったら休んだ意味がないですよね。

 

 

でも、仕事を休むことを考えると、ホッと安心できる場合。

 

仕事の調整がつきそうな場合。

 

 

そんな時は、「なんとなく仕事を休みたい」で仕事を休むのもいいんじゃないかと思います。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事を休むからには、しっかり休める時に休んだ方がいいです。

 

 

 

「なんとなくで仕事を休みたいとき」

 

そんな時に仕事を休むこと。それはダメなことではありません。

 

 

ただ、今日休んだ場合、心置きなくゆっくりと休めるか?

 

そのことは、考えておいた方がいいですよ。

 

 

スポンサーリンク

「なんとなく仕事を休みたい」けど、どうしても休めない時は?

「なんとなく仕事を休みたい」

 

でも、どうしても今日休むのは難しい場合。

 

 

そんな時ってありますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
仕事が忙しかったり、締切が近い仕事があると、休むのは難しいですよね。

 

 

そのような場合、「なんとなく仕事を休みたい」と思っても、とりあえず今日は仕事に行きます。

 

 

そして、仕事の調整がつきそうな日。

 

 

その日は休むと決めておくんです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
自分のなかで「休む」と決めておきます。

 

 

 

そうすると、今日は仕事に行くけれど、ゆっくり休める日がある。

 

 

そう思うだけで、フッと心が軽くなります。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
心も身体も疲れているけど、休める日があると思うと、それだけで気が楽になりますよね。

 

 

そして休むと決めた日は、家でゆっくりして、好きな物を食べて、自由に過ごす。

 

 

自分の好きなことをして、楽しく過ごしていい日。

 

 

そう決めておくと、ちょっと気力が回復します。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
その日は何をしようか?と考えるだけで、ワクワクしますよ。

 

 

 

「なんとなく仕事を休みたいとき」

 

本当なら、そう感じた日に罪悪感なく休めたらいいですよね。

 

 

でも、実際のところ好きに休むのは難しいです。

 

 

 

ただ、「休むこと」って本当に大事なことだと思うんですよね。

 

 

それに、休むからこそ頑張れる。

 

 

だから、「休むこと」自体に罪悪感を覚える必要はないです。

 

誰にとっても必要なことだし、働き続けるには大切なことです。

 

 

 

「なんとなく仕事を休みたい」。

 

 

それは、心も身体も疲れいているサインです。

 

 

だから、休むのはダメなことじゃないですよ。

 

「なんとなく仕事を休みたい」で仕事を休むのはダメなこと?―おわりに―

仕事を休むことって、意外とハードルが高いですよね。

 

私は、上司に電話で欠勤の連絡をするのが苦手です。

 

手が震えてドキドキして倒れそうになるくらい緊張します。

 

普段は気軽に話せる上司なのに、なぜか緊張するんですよね。

 

ただそれでも休もうと思う時、それはかなり疲れている時なのかなと思います。

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村