HSP気質

繊細な人がいつまでたっても仕事に慣れないのはなぜ?慣れるにはどうしたらいい?

いつまでたっても仕事に慣れない。

 

そうすると、仕事が辛く感じますよね。

 

実は私も、繊細すぎる性格のせいで、仕事に慣れなくて辛い思いをしたことがあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
いつもドキドキしながら仕事に行っていました。

 

そこで、その時の経験から、

 

  • 繊細な人がいつまでたっても仕事に慣れないのはなぜか?
  • そのような時はどうしたらいいか?

 

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

繊細な人がいつまでたっても仕事に慣れないのはなぜ?

仕事って、初めのうちは、「とにかく慣れるまで頑張ろう」って思いますよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
私も新人の頃は、先輩に「どれくらいで仕事に慣れましたか?」と聞いていました。

 

 

初めの頃は仕方ない。慣れるまでの辛抱だ。

 

 

そう思って、新人時代を乗り切りますよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
「あと少し、あと少し」と思って頑張ります。

 

 

そして、ようやく仕事に慣れてきたかな…と思った頃。

 

 

予想外のことが起きて、ミスをする。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
そうすると、「自分はまだ未熟だな」と思います。

 

 

でもそうすると、だんだん仕事が怖くなってくるんですよね。

 

 

それに、経験を積めば積むほど、いろいろな事が起きます。

 

 

例えば、

 

  • きっちり確認したはずなのに間違っていた
  • 直前まで覚えていたのに忘れてしまった
  • 誰かのミスの影響で大きなミスをしてしまった

 

 

などなど、数え上げたらきりがないほど、思いもよらないことが起きます。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
丁寧に仕事をしていてもミスは起きます。

 

 

そうすると、ますます仕事が怖くなってくるんですよね。

 

 

そうして、「いくら仕事をしても慣れない」と思ってくるんです。

 

 

むしろ、仕事の経験を積めば積むほど、いろいろなパターンのミスを知るので、怖くなっていきます。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
そして、仕事の確認作業が増えて、仕事が遅くなっていきます。

 

 

そうすると、「いつまでたっても仕事に慣れない」

 

 

そう感じて、苦しくなってきますよね。

 

 

繊細な人がいつまでも仕事に慣れない時はどうしたらいい?

私は繊細すぎる性格のせいか、仕事でミスをすることが極端に怖いです。

 

だから、できるだけミスをしないように、万全の準備をします。

 

でも経験を積んでくると、その「準備の量」が増えるんですよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
「絶対にミスをしないように」と思うと、いろいろと準備が必要になります。

 

 

ただ、このように万全の準備をしても、心のどこかで不安なんですよね。

 

 

準備を忘れている事はないか?また予想外の事が起こるのではないか?

 

 

ぷーこ
ぷーこ
繊細すぎる性格の影響で、不安な気持ちは拭えません。

 

 

だから、ますます準備や確認作業に、力を入れてしまうんですよね。

 

 

でもそうすると、毎回のように準備や確認作業に力を入れないと、不安が増してしまいます。

 

 

それに、今まで確認作業を2回して安心していても、次は3回しないと安心できなくなってきます。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
だんだん回数が増えていきます。

 

 

そうすると、ますます仕事に慣れないんですよね。むしろ、どんどん大変になっていきます。

 

 

 

そんな時はどうしたらいいか?

 

 

ぷーこ
ぷーこ
難しいですよね。

 

 

それは、物事をシンプルに考える といいです。

 

 

いろんな予想外のことや、いろいろな最悪のパターンのことは抜きにして、基本的にはどうなのか?

 

 

そのことを考えるようにします。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
1年に1回起こるかどうか?くらいの事は、気にしすぎないようにします。

 

 

そうすると、今まで難しく考え過ぎていたことに気づくと思います。

 

 

経験を積んで、いろいろなパターンのミスを知ると、「ミスを起こさない為にどうしたらいいか?」と深く考え過ぎてしまうんですよね。

 

 

でも、そんな時は基本に立ち返り、基本的にはどうしたらいいか?を考えるといいです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
シンプルに考えるといいです。

 

 

そして、今まで起きたミスは、どのような仕組みを取り入れたら起きなかったか?を考えるんです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
ミスが起きないように確認作業を増やすのではなく、「ミスが起きない仕組み」を考えます。

 

 

例えば、

 

  • 確認作業を1人ではなく2人でおこなう
  • ファイリングの仕方を工夫する
  • 申込書を工夫する

 

など、いろいろな方法があるはずです。

 

 

そうすると、経験を積めば積むほど、「ミスが起きない仕組み」が強化されていきますよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
確認作業が増えることもありません。

 

 

それに、そうしてミスが起こる回数が減っていくと、だんだん自信にもつながってくると思います。

 

 

そうすると、「いつまでたっても仕事に慣れない」という気持ちが、なくなってくるんじゃないかと思うんです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
「ミスが起きない仕組みが強化される」⇒「ミスが減る」⇒「安心して仕事ができる」。このようになってくるはずです。

 

 

スポンサーリンク

いつまでたっても仕事に慣れないのが辛いときは?

ただそうとはいっても、繊細すぎる性格の人は、不安な気持ちからすぐには逃れられませんよね。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
なかなか不安は消えません。

 

 

そんな時は思い出してもらいたいです。

 

 

繊細すぎる人は、人より細かいことに気がつきますよね。

 

 

だから、そのおかげで、人の役に立った事があると思います。

 

 

それに、「ミスを起こさないように」と頑張ってきたおかげで、実際にミスを防げた経験もあるはずです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
私もそんな経験があります。

 

 

それに、仕事に責任感がない人より、ミスを防ぐために責任を持って仕事している人の方が信頼できます。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
きっと、そんな姿勢を評価してくれる人もいるはずです。

 

 

確かに、いつまでたっても仕事に慣れないのは辛いです。

 

 

でも、自分が思っている以上に、周囲の人は信頼してくれていると思います。

 

 

だから、そんな自分を、まずは自分が褒めてほしいです。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
自分を大切にしてほしいです。

 

 

仕事に慣れないのは辛いですよね。

 

 

でもきっと、自分が思っている以上に、周囲の人は頼りに思ってくれていると思いますよ。

 

 

ぷーこ
ぷーこ
繊細すぎる自分だからこそ、できたこともありますよね。

 

 

そんな自分を、まずは自分で信じてほしいです。

 

 

そして、そんな自分には優しくしてほしいです。

 

 

不安で辛いことも多いと思いますが、繊細すぎる人はきっと自分で思っている以上に、周囲から信頼されていると思いますよ。

 

 

繊細な人がいつまでたっても仕事に慣れないのはなぜ?慣れるにはどうしたらいい?―おわりに―

私は仕事において、繊細すぎる性格の人をけっこう頼りにしています。

 

自分と同じだからわかるんですよね。

 

繊細すぎて心配性だから、仕事はきっちりしているはず。

 

そう思うので、信頼することができるんです。

 

繊細すぎると辛いことも多い。でも周囲からは信頼されていると感じます。

スポンサーリンク

   HSP気質   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村