HSP気質の対処法

自分の機嫌を自分でとる簡単なやり方には何がある?

「自分の機嫌を自分で取る」ってどうしたらいいのか?

 

「大人だったら、自分の機嫌ぐらい自分でとって」なんて言いますが、意外と難しいですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
初めは「自分の機嫌を自分でとる」なんて、無理だと思いました。

 

でも、いろいろ試しているうちに、その方法を見つけたんです。

 

そこで、私が見つけた「自分の機嫌を自分でとる簡単な方法」についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

自分の機嫌を自分でとるのは無理なこと?

「自分の機嫌は自分でとる」

 

それって何だか不思議な気もしますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分で自分を元気にするって、ちょっと意味が分からない気も。

 

でも、いろいろ調べていくうちに、自分の機嫌を自分でとることは無理ではないと分かったんです。

 

そして、自分の機嫌を自分で取るのは難しいだろうと思っていましたが、意外と簡単だと気づきました。

 

自分の機嫌を自分でとる方法には何がある?

私が実践している「自分の機嫌を自分でとる方法」は、いくつかあります。

 

不機嫌になった時に、その時にできる「自分がご機嫌になる方法」をおこなうんですよね。

 

そうすると、サッと気分が持ち直しますよ。

 

ぷーこ
ぷーこ
具体的な方法は次のとおりです。

 

気分が上がるものを見つける

まずは、自分にとって気分が上がるものを見つけます。

 

私の場合は、

 

  • 好きな服や髪型にすること
  • お花を飾ること
  • 好きなお菓子を食べること
  • おいしいコーヒーを飲むこと

 

これらを日常生活のなかに取り込むんです。

 

例えば洋服ですが、着古したものを着ていると、それだけで気分が下がります。

 

ぷーこ
ぷーこ
何となく野暮ったい気持ちになります。

 

だから、せめて外に出る時は「一軍の服」を着る。

そうするだけで、些細な不機嫌は防げます。

 

不機嫌になる時って、何か大きなことが起きた時だけでなく、小さな嫌なことが重なって不機嫌になることが多いと思うんです。

 

だから、自分を「ご機嫌な状態」に保っておかないと、すぐに不機嫌になってしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
気分が下がっている時に、小さな嫌なことが重なると不機嫌になりますよね。

 

そのため、自分が「ご機嫌な状態」でいれるように、日常に「気分が上がるもの」を取り入れておきます。

 

部屋をキレイにする

また、部屋をきれいにしておくと、余計な不機嫌を防げます。

 

ちょっと疲れている時や何だか忙しい時。

そういう時に限って、部屋の汚さって気になりませんか?

 

ぷーこ
ぷーこ
部屋の汚さを見て、余計にイライラしてきます。

 

でも反対に、部屋がきれいな状態だと、余計なイライラを呼びません。

 

だから、いらない物は処分して、部屋をきれいな状態で保つ。

そうすると、気持ちがパッと晴れて、ご機嫌な状態でいれます。

 

没頭できるものを見つける

また、何か没頭できるものを見つけるのも方法です。

 

自分が心から楽しいと思えるもの。

 

それを見つけて、没頭する時間を持つと、ストレス発散になりますよね。

 

それに、楽しい時間を持つことで、嫌なこともがんばれたりします。

 

ぷーこ
ぷーこ
嫌なことがあっても、後で楽しみが待っていると思うと、不機嫌にならずにすみます。

 

自分にとって心から楽しいと思えるものを見つける。

 

それって意外と難しいんですよね。

 

私も心から楽しめる趣味は、もったことがないです。

一瞬は楽しめても、没頭できるような趣味っていまだに見つけれていません。

 

でも、「時間を忘れることができる楽しいこと」なら、探せばあると思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
私の場合は、子供とミステリードラマを見ること。好きなブランドの服を見ることです。

 

このように趣味とは言えなくても、「時間を忘れれる楽しいこと」を持っていると、それだけで不機嫌になりにくくなります。

 

体調を整える

また、体調を整えることも重要です。

 

例えば、寝不足だったり体が疲れていると、ちょっと嫌なことがあるだけで不機嫌になりますよね。

 

それに、体調不良だと頭が働かないし、思うように動けなくてイライラします。

 

ぷーこ
ぷーこ
そもそも体調が悪いと、それだけで不機嫌だったりしますよね。

 

だから、栄養や睡眠に気をつけること。適度な運動をすること。

 

当たり前のことで、よく言われることですが、本当に本当に大切です。

 

ぷーこ
ぷーこ
身をもって感じています。

 

それに体調が整っていると、ちょっと嫌なことがあっても気になりません。

 

反対に、体調が悪い時に嫌なことがあると、気持ちがドンと落ちてしまいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
心と身体はつながっているので、体調が悪いと気持ちに影響しやすいです。

 

自分の機嫌を自分でとるには、まずは体調が良いことがベースです。

 

だから、食生活や睡眠時間、そして運動はとても大事です。

 

 


 

このように、私の「自分の機嫌を自分でとる方法」は、

 

  • 自分を不機嫌になりにくい状態にすること
  • 嫌なことがあっても、それに打ち勝つことを用意しておくこと

 

このことを基準におこなっています。

 

スポンサーリンク

何もしなければ不機嫌になっていく

なぜなら、人って何もしなければ、どんどん不機嫌な状態になっていくと思うんです。

 

だって、一歩外に出れば、何かしら嫌なことがありますよね。

 

例えば、暑かったり寒かったりするし、人の声がうるさかったりします。

 

ぷーこ
ぷーこ
小さなストレスがいっぱいです。

 

そのため、自分で自分の機嫌を取らないと、どんどん不機嫌になっていきます。

 

今までは、「自分の機嫌を自分でとる」なんて不思議な感じがしていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
そんなことできるの?と思っていました。

 

でも、今となっては、とても必要なことだったと感じます。

 

そして、自分の機嫌を自分でとれる方が、自分にとっても周りの人にとってもいいですよね。

 

私は繊細すぎる性格で、不機嫌になりやすいです。

 

でも、自分の機嫌を自分で取れるようになってから、少し生きやすくなりました。

 

自分の機嫌を自分でとる簡単なやり方には何がある?―おわりに―

自分の機嫌を自分でとるには、まずは自分を知ることが大事です。

 

自分はどのような時に不機嫌になるのか?反対に、どのような時に気分が上がるのか?

 

それを知っておくと、自分をコントロールしやすくなります。

 

初めは、自分で自分を操るようで難しいですが、だんだん「こういう時はこうしたらいい」と分かってくるようになりますよ。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村