ママ友

見栄を張るのをやめた!節約しながら劣等感から逃れた主婦の私の買い物の工夫

見栄を張るのって疲れますよね。

 

周りへの劣等感から、私も見栄を張りたくなったことがあります。

 

でも自分の暮らしに目を向けることで、見栄を張ることをやめました。

 

実のところ、私の今の生活は、見栄を張るどころが節約をしなければならない苦しいものです。

 

でも、そんな状態でも、あまりお金を掛けずに買い方の工夫をすることで、劣等感から逃れることができました。

 

そこで、私が実践した「節約をしながらも劣等感から逃れた具体的な買い物の方法」についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

見栄を張るのは惨めに思われたくないから

そもそも見栄を張るのって、まわりから「羨ましい」とか「素敵だな」なんて思われたいからです。

 

そこまでは思わなくても、「惨めに思われたくないから」ですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「みすぼらしい」とか「惨め」など思われたくないですよね。

 

使い古したカバンや服などを着て惨めに思われるより、誰だっておしゃれで素敵に思われたいです。

 

それにプライドもあるから、まわりから「お金がない人」なんて思われたら、けっこう傷つきます。

 

ぷーこ
ぷーこ
ゆとりがあって幸せに暮らしてるって思われたいですよね。

 

お金を掛けずに劣等感から逃れた主婦の私の方法

ただそうとは言っても、節約生活をしていたら、あれもこれも買うことはできません。

 

独身の時に買っていたような高価な服は買えないし、一枚何千円もするようなお皿も買えません。

 

でも、ちょっと買い方の工夫をするだけで、あまりお金を掛けずに、劣等感から逃れることができました。

 

ぷーこ
ぷーこ
その買い方の工夫についてお伝えします。

 

定価が安い物より値引き品を買う

例えば、同じ千円の物を買うにしても、定価が千円の物ではなく、値引きされて千円の物を買います。

 

そうすると、定価は二千円だったり千五百円だったりしますよね。

 

やはり定価が千円の物より、値引きされて千円の物の方が質が良いです。

 

ぷーこ
ぷーこ
ちょっとでも質が良いものを安く買う方がお得です。

 

だから私の場合、特に服はセール品を買うようにしています。

 

服はよく値引きされますし、セール品だと半額になっていることもあるので、今では定価では買いたくないくらいです。

 

シンプルなものを選ぶ

また、服を選ぶ時や食器などを買う時も、できるだけシンプルなものを選ぶようにしています。

 

シンプルなものの方が飽きが来ないですし、流行を気にする必要もありません。

 

だから丁寧に使えば、長く使うことができるんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
デザイン性のあるものは、買った時は良いけれど、使い続けてると飽きてきます。

 

それにシンプルなものだと年齢を気にする必要がないので、使いやすいですよ。

 

使い古した高価なカバンや靴より、新品のお手頃なカバンや靴

またカバンや靴って、ちょっと良いものを使いたいなって思いますよね。

 

でもカバンや靴は、節約をしているとなかなか高価な物は買えません。

 

だから、昔に買った高価なカバンや靴を使い続けていたんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
何年も同じ物を使っていました。

 

でも靴やカバンはよく使う物なので、いくら丁寧に手入れをしても、だんだん使い古されてきます。

 

だから思い切って、セールになったお手頃価格のカバンや靴を買ってみたんです。

 

すると思っていたより使いやすくて、丈夫だなと感じました。

 

ぷーこ
ぷーこ
お値段以上の価値があると感じました。

 

初めは、カバンや靴は安い物はダメだと思っていましたが、全くそんな事はなかったんですよね。

 

むしろ使い古した物を使っていた時より、満たされた気持ちになりましたよ。

 

毎日使う物はちょっとだけ良い物

例えば、コップやお箸、スリッパなど毎日使う物は、ちょっと良い物を買うと毎日が嬉しくなります。

 

さすがに高価な物は買えませんが、値段だけでなく質も考えて買うと、毎日が満たされました。

 

ぷーこ
ぷーこ
毎日使う度に「買って良かった」と思うので、生活の質が上がった気がします。

 

また、朝食の食パンも、何でも良いと思っていましたが、数十円高いものを買ってみたら、満足度が全然違ったんですよね。

 

節約していると、少しでも安い物をと思いますが、メリハリって大事だなと感じました。

 

何でも100均は辞める

今は何でも100均で売っていますよね。

 

可愛いものもオシャレな物もたくさん売っているので便利です。

 

でも、100均ではなくても安く売っているものはありますよね。

 

例えば、靴下。靴下って100均でも売っています。

 

種類も豊富で、100円以上の価値があると感じるものばかりです。

 

ぷーこ
ぷーこ
ただ私の場合、何となく抵抗があったんです。100均で靴下を買うのは、惨めな気持ちになりそうでした。

 

だから、別の洋服屋で、セールになった100円の靴下を買いました。

 

同じ100円の靴下ですが、元々は300円の品だったし、洋服屋で買ったことで、満足度が全然違いました。

 

私は100均をよく利用します。

 

でも、何でもかんでも100均で揃えると、ちょっと虚しくなる時ってあるんですよね。

 

だから、100均で買う物、それ以外のお店で安く買う物と、自分が満足できるように買い分けるといいなと思いました。

 

スポンサーリンク

主婦はおしゃれよりも笑顔と清潔感が好印象

私は今は主婦ですが、いろいろな服を着ておしゃれをしたいって思います。

 

子供がいても素敵な服を着て、かわいい靴やカバンを持ちたいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
そんなママ友は憧れます。

 

でも実のところ、年齢を重ねてくると、オシャレでいることよりも、清潔感を持つ方が印象がいい気がするんですよね。

 

それに、オシャレな人よりも、笑顔で明るい人の方が魅力的です。

 

ぷーこ
ぷーこ
仲良くなりたいなって思います。

 

見栄を張って良い物を身につける人より、清潔感のある服装をして笑顔で明るい人の方が好印象です。

 

その事に気づいてからは、見栄を張るのはやめて、節約しながらも清潔感を保つよう心掛けました。

 

そうすると、惨めな気持ちになりませんでしたし、劣等感を抱くこともありませんでした。

 

ぷーこ
ぷーこ
むしろ無理をせずできる範囲でお金を使ったので、満足感が高かったです。

 

見栄を張ると本当に疲れます。

だから無理をしない。でも最低限の清潔感は保つ。

 

その方が私には合っていたし、心が穏やかに過ごせます。

 

そうすると自然と笑顔も増えて、人間関係も上手くいっています。

 

無理をしない。これって本当に大事なことですね。

 

見栄を張るのをやめた!節約しながら劣等感から逃れる主婦の私の買い物の工夫―おわりに―

私はユニクロで服を買うことが多いです。

 

それはセール品になると、ビックリする値段で売っているからです。

 

この前は、500円でかわいいスカートが売っていました。

 

元の値段は2000円くらいだったと思いますが、500円とは思えない商品で、最後の1点だったこともあり、かなりお得感がありました。

 

今まで買った事がないタイプのスカートでしたが、500円だったらと思い挑戦しました。

 

すると、想像以上に気に入ったんですよね。

 

セール品を買う楽しさは、今まで着たことがない服にも挑戦できる、というとこにもありますよ。

スポンサーリンク

   ママ友   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生きています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。

また「HSPの心の中」や「HSPの物事の感じ方」についても同時にお伝えしています。「HSPの気持ちがわからない」という方にお届けできればうれしいです。

夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族。
フルタイム共働きを経て、今は退職してHSC子育てに奮闘中です。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村