不登校

【不登校の子にかける言葉】先生から言われて繊細な娘が元気になった言葉とその効果は?

うちの小学4年生の娘は、3年生の2学期に不登校になりました。

 

その時、担任だった先生は、とても熱心に娘のことを考えてくださいました。

 

そのおかげで、4年になった今は週に2~3回学校へ行っています。

 

今思えば、あの時先生が娘に掛けて下さった言葉が、今の娘の成長につながったと感じます。

 

そこで、娘が不登校になった時に、担任の先生がどのように声を掛けてくださったか。その言葉にはどのような効果があったか、をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

繊細な性格で不登校になった娘

娘が不登校になった原因は、1つではありません。

 

朝お腹が痛くなったり、起きる上がるのが辛かったり、気持ち的にしんどかったり。

その理由はいろいろあります。

 

ただ、ざっくりと言えば、娘は繊細すぎる性格なので、学校生活が合わなかったのだと思います。

 

ぷーこ
ぷーこ
私は、HSC(繊細すぎる子)だからだと考えています。

 

特に問題はないように見えるのに不登校になった娘。

 

でも、本人としてはずっとしんどい思いをして頑張っていたようです。

 

ぷーこ
ぷーこ
お腹が痛くても我慢して登校したりしていました。

 

そのせいか、娘は不登校になる前から「学校は嫌い」「学校なんて壊れてしまえ」とよく言っていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
夜寝る前になると、何度も言っていたんですよね。

 

だから不登校になってからも、学校のことは嫌いなままで、2ヶ月くらいは何もしない毎日を過ごしていました。

 

先生から言われて繊細な娘が喜んだ言葉は?

そんなある時、担任の先生が私に図工の教材を渡してくれました。

 

ぷーこ
ぷーこ
たまたま学校へ行った時に渡して下さいました。

 

そして、家へ帰って娘に「先生から図工の教材もらったよ」と渡したんですよね。

 

でも娘は全く興味を示しませんでした。

 

娘
いらない。

 

そこで、私は、

 

ぷーこ
ぷーこ
じゃあお母さんが作ってみようかな。楽しそうだし。

 

と言って、作品を作り始めました。

 

そうすると娘も興味を示し出し、結局は一緒に作品を最後まで作りました。

 

そして数日後、その作品を私だけ学校へ行き、先生に渡しました。

 

そうすると先生は、

 

担任の先生
担任の先生
おーすごい。色がきれいですね。

 

と、とても褒めて下さいました。

 

そして家に帰り、その事を娘に報告しました。

 

ぷーこ
ぷーこ
先生が色がキレイだって褒めてたよ。

 

娘
ふーん。

 

ただこの事をきっかけに、先生から図工の教材をもらうようになり、その教材全てを娘は作るようになりました。

 

そして作品を提出する度に先生は、

 

担任の先生
担任の先生
これはすごい!!細かい所まで考えてる!

 

担任の先生
担任の先生
キレイにできてる!!きちんと補強もできてるしすごい!!

 

などなど、たくさん褒めて下さいました。

 

そして、そうしていくうちに、娘はどんどん自信をつけ、先生に褒められるのが嬉しくなったようでした。

 

スポンサーリンク

先生の言葉は繊細な娘にどんな効果があった?

そしてある時、先生から「クラスのお楽しみ会で使うおもちゃを作ってほしい」と言われたんです。

 

それは娘が作るのが得意なおもちゃで、「クラスの為に作ってほしい」と言われました。

 

娘にそのことを伝えると、

 

娘
作る!!

 

と言って、数日の間にたくさんのおもちゃを作り上げました。

 

そして、せっかく娘が頑張って作ったおもちゃだったので、これは一緒に学校へ持って行こうと決心しました。

 

そして無理矢理ではありましたが、娘を連れて学校へ作った物を持って行きました。

 

ぷーこ
ぷーこ
不登校になって以来、初めて学校へ行きました。

 

そうすると担任の先生はとても喜んでくれて、

 

担任の先生
担任の先生
すごい!!もう作ってくれたの!?持って来てくれてありがとう。このおもちゃすごいよ!!

 

と何度も何度も褒めてくれました。

 

ぷーこ
ぷーこ
とても笑顔で、本当に心から喜んでくれている様子でした。

 

そして、この日以来、図工の作品を持って行く時は、娘も一緒に学校へ行くようになりました。

 

さらに、図工の作品がない時は、自分で何か作品を作り、それを先生に見てもらいに放課後に学校へ行くようになりました。

 

ぷーこ
ぷーこ
2ヶ月ほど、ほぼ毎日放課後に学校へ行きました。

 

そして先生は、学校へ行く度に笑顔で迎えてくれて、いつもいつも子供を褒めて下さいました。

 

また褒めるだけでなく、クラスのお仕事を与えてくれて、娘に「クラスの一員であること」「誰かの役に立っていること」を感じさせて下さいました。

 

ぷーこ
ぷーこ
娘はクラスのお仕事をとても喜んでしていました。

 

そうして放課後に学校へ行くことが習慣になり、少し勉強もするようになりました。

 

そんな毎日を過ごしていて、放課後に学校へ行くことに慣れてきた頃、娘がこう言いました。

 

娘
月曜に学校へ行ってみる。

 

娘は、放課後ではなく、昼間の授業に行きたいと言ったんです。

 

数ヶ月前までは、「学校は嫌い」「学校なんて壊れろ」と言っていたのに、「学校に行きたい」という気持ちが芽生えたようでした。

 

ぷーこ
ぷーこ
学校へ行けなくても、学校の事は嫌いにならないでほしかったので、本当に良かったと思いました。

 

このように、娘が学校へ行かなくなってから、「学校へ行きたい」と思えるようになったのは、担任の先生が愛情深く娘に接してくださったおかげです。

 

そして、娘をたくさん褒め、クラスの一員として役割を与えて、人の役に立つ嬉しさを与えて下さったからです。

 

ぷーこ
ぷーこ
本当に本当に先生には感謝しています。

 

私もそばで見ていて、娘がどんどん元気になっていくのを感じました。

 

そして、先生が本心から娘を心配し、娘の為にどうしたらいいか?を考えて下さっていることも伝わりました。

 

おそらく娘にも、そのことが伝わったんだと思います。

 

だから自然と「学校へ行きたい」という気持ちが芽生えたんじゃないかと思うんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
先生の優しい心が娘を元気にしてくれました。

 

当時の先生には心から感謝しています。

 

学年が変わった今も、まだ毎日は登校していませんが、この時のことが基盤にあるので、娘は毎日元気に過ごしています。

 

【不登校の子にかける言葉】先生から言われて繊細な娘が元気になった言葉とその効果は?―おわりに―

当時を振り返ると、娘だけでなく、母親である私も先生に支えられていたと感じます。

 

娘がどんどん元気になり、私も嬉しかったですし、頼りになる先生でとても安心できました。

 

子供が不登校になると、戸惑うことが多かったですが、先生のクラスになれたことは本当に良かったと思います。

 

スポンサーリンク

    不登校   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村