仕事

上司が怖くてストレスの時どうする?報告が怖くてできない時は?

「上司が怖くて委縮してしまう」「上司が怖くて話せない‥」

 

そんな時ってありますよね。

 

でも上司である以上、全く話さないわけにもいきません。

 

このように、上司が怖くてストレスの時ってどうしたらいいでしょうか?また、上司が怖くて仕事の報告ができない時に使えるいい方法はないでしょうか?

 

これらについて調査しましたので、経験も踏まえてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

上司が怖くて委縮してしまう

上司が怖いと本当にストレスですよね。委縮してしまって仕事の報告や質問ができないし、上司を見るだけで手が震えてしまう、なんて事もあるかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司とは話す機会が多いので、上司が怖いとつらい場面って多いです。

 

それに上司が怖いと、仕事に行くのがしんどくて「いっそ辞めてしまいたい」と、思ってしまう事もあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

上司が怖くてストレス、どうしたらいい?

でも転職をするのって大変ですし、上司へのストレスがなくなるなら、その方がいいですよね。

 

そこで、上司が怖くてストレスを感じる時はどうしたらいいか?を調査しましたので、私の経験も含めてお伝えします。

 

プライベートな一面を知ってみる

職場では怖い上司も、プライベートでは優しい人かもしれません。

 

例えば上司に子供がいるなら、家では良いお父さん・お母さんかもしれませんよね。

 

このように、怖いと感じる上司のプライベートな一面を聞くと、怖いイメージが少し和らぐことがあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
例えば怖いと思っていた上司が、奥さんには頭が上がらない、なんて聞いたら怖いイメージが少し崩れますよね。

 

上司の怒った姿ばかり見ているとそのイメージが定着してしまいますが、それ以外の一面を見ると案外「委縮するほどではないな」と思えるかもしれませんよ。

 

上司が怒鳴る理由を考えてみる

上司が部下を委縮させるような態度を取る理由は、もしかしたら、もっと上の立場の人からプレッシャーを掛けられて焦っているからかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司は上司で、上の立場の人が怖くて委縮しているのかも…。

 

そう思うと、上司がついイライラしてしまう気持ちも分からなくはありませんよね。

 

だから上司に怒鳴られても、上司はプレッシャーで焦っていて「八つ当たりしているだけ」と考えるのも一案です。

 

そうすると、自分が悪いわけではないので、「上司が怖い」という気持ちが和らぐのではと思います。

 

結局は話さないのが1番

ただ、そうとはいえ上司の人を委縮させる態度は、部下としてはつらいですよね。

 

そんな時は、できる限り上司との接触を避けるのが1番です。

 

例えば、上司と仲良くなって怖い気持ちを無くそうと思っても、実際のところは難しいですよね。

 

もちろん、上司と仲良くなって怖い気持ちがなくなれば1番いいですが、無理して上司に歩み寄っても仲が良くなるとは限りませんし、無理をすると後々しんどくなってしまうかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
人間関係で無理をすると、後々しんどくなる事が多いです。

 

だから、上司が怖いと思っているなら、自分の心を守る為に距離を置く方がいいです。

 

無理をせず、何かのきっかけで上司と喋ってみたいと思う日が来たら、その時に歩み寄ればいいと思いますよ。

 

上司と部下も相性次第

上司と部下にも相性ってありますよね。

 

どれだけ評判がいい上司でも、自分と気が合うかはわかりません。

 

ぷーこ
ぷーこ
実は私は、評判がいい上司と気が合わず辛い思いをしたことがあります。

 

でも、その上司のことは「いい上司」と思っていたんですよね。とても指示や説明が分かりやすいし、人としての優しさも感じていました。

 

ただ、部下に見せる顔とウラの顔が違っていて、とっても怖かったんです。

 

それに、人として価値観が違っていて、「気が合わないな」と思っていました。

 

ぷーこ
ぷーこ
おそらく上司の方も、私とは気が合わないと思っていたと思います。

 

ただその上司には、「お気に入りの部下」もいて、その部下とは楽しそうに喋っていたんですよね。

 

だから、結局のところ、上司と部下も相性次第なんだと思います。

 

相性がいい上司と部下なら、怒られてもそれほど委縮しないし、それ以外の時は喋っていて楽しいです。

 

でも相性が悪ければ、怒られたら怖いし、それ以外の時も話すのは苦痛なんですよね。

 

だから、上司の事を怖いと思ってしまうのは、上司との相性の問題がけっこうあると思います。

 

でも、相性ってどうにもならないですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
無理して相手に合わせてもしんどいだけです。

 

だから、上司との相性が良くなければ、適度に距離を保つのが1番いいのかなと思います。

 

上司が怖くて報告できない時は?

ただ、上司が怖くてストレスでできるだけ避けるようにしても、話さなければいけない場面ってありますよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
上司には、いろいろと報告をしなければならない時があります。

 

そんな時はどうしたらいいでしょうか?

 

ぷーこ
ぷーこ
委縮して上手く話せそうにありません。

 

そうなんですよね、上司が怖いと委縮してうまく報告ができる気がしないんですよね。

 

そんな時は、いっそのことメールや書面で報告をするのも1つの手です。

 

言葉で報告すると上手く説明できないのなら、メールや書面に分かりやすくまとめた方が上司にとってもいいはずです。

 

それにその方が、上司にとって都合のいいタイミングで書面やメールを確認することができるので、お互いにとってメリットですよね。

 

また、メールや書面で報告をすると、「○○の件について書面(メール)でまとめましたので、お時間がある時に見てください」と伝えるだけでいいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
これくらいなら、上司が怖くても言えそうです。

 

このように、上司が怖くて委縮してしまい上手く話せない場合は、どうにか上手く話せるように工夫するのもいいですが、「上司にきちんと報告をすること」が大事なので、別の方法を探すのもいいかなと思います。

 

上司が怖くてストレスだとつらいですが、もうそれは相性の問題だと割り切って、上司と無理のない距離感で接するのがいいですね。

 

上司が怖くてストレスの時どうする?報告が怖くてできない時は?―おわりに―

私の勝手な意見ですが、よく怒鳴る上司って、ちょっと人見知りで人とコミュニケーションを取るのが苦手な人が多いように思います。

 

部下の立場から見ると、上司は怒鳴ってばかりで怖いと思いますが、上司からしたらコミュニケーションが苦手でつい怒鳴ってしまう、という事もあるのかもしれません。

 

確かにコミュニケーション能力が高い上司なら、怒鳴るよりも部下に言葉で説明しますよね。

 

上司にストレスを感じてしまうのは、上司のコミュニケーション能力の問題で、実は上司も悩んでいるかも…なんて思うと、少しは気が楽になるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

   仕事   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村