未分類

夏はエアコンを何度からつける?設定温度はどうする?

私は今、在宅で仕事をしています。

 

だから、夫と子供を送り出したら、家で一人になります。

 

そうなると、自分の為だけにエアコンをつけるのって、もったいない気がするんですよね。

 

さすがに真夏の暑い日はエアコンをつけますが、5月末~6月頃の微妙な季節の時、「暑いけど我慢できなくもない、でも暑い…」と迷うんです。

 

そこで、夏にエアコンをつける場合、何度からつけるのが良いか、またエアコンの設定温度についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

室温が何度からエアコンをつける?

私は家で仕事をしているので、暑いと感じたらエアコンをつけたら良い、そう思います。

 

でも、在宅の仕事からの収入がほとんどないので、エアコンをつけて電気代がかかってしまう事が心苦しく感じます。

 

ぷーこ
ぷーこ
ほとんど収入がないのだから、せめて支出を減らす為にエアコンは我慢しなさい、ともう一人の自分が言います。

 

でも、暑いと仕事がはかどらないし、家事をすると暑さでグッタリ疲れてしまいます。

 

そこで、「これくらいの気温だったら、エアコンつけても良い」という、基準のようなものがないか調べてみました。

 

すると、

 

  • 室温30℃、湿度70%

 

これを超えると不快に感じる、という記事を見つけました。

 

ぷーこ
ぷーこ
確かに、家の温度計も、30℃を超えてくると暑さを感じてきます。

何となく、30℃であれば、扇風機などで暑さをしのげるだろう、と思っていましたが、実際にはけっこう暑いんですよね。

 

赤ちゃんや高齢者がいれば、もっと早くエアコンをつけても良いかと思いますが、自分一人だと、どうしても無理をしてしまいます。

 

でも、室温30℃、湿度70%を超えると体感的に暑さを感じてくると分かり、

 

ぷーこ
ぷーこ
我慢をせず、これを基準にしよう、と思いました。

 

スポンサーリンク

エアコンの設定温度は?

エアコンをつける室温の基準は決めましたが、次に、エアコンの設定温度はどれくらいが良いのだろう?と迷いました。

 

ぷーこ
ぷーこ
自分の体感に合わせて温度設定をしたら良いと思いますが、どれくらいが適切なのか知りたいです。

 

エアコンの設定温度については、何となく「28℃」と言われている気もしたのですが、これはなぜなのか…?調べてみると、

 

環境省が、「室温が28℃」でも快適に過ごせるような軽装を促す「クールビズ」からきていると分かりました。

 

ただ、エアコンの「設定温度」が28℃ではなく、「室温」が28℃ということなので、日差しの入り具合などによって、エアコンの設定温度は28℃ではなくても良いようです。

 

ぷーこ
ぷーこ
これからは、エアコンの設定温度は、初めは28度にして、室温を見て上げ下げしようと思いました。

 

 

会社ではなく、家のエアコンなので、自由に使ったら良いと思うのですが、何となく「贅沢」な使い方をするのはダメな気がしてしまうんですよね。

 

ぷーこ
ぷーこ
「罪悪感を抱きやすい」という私の性格からきています。

 

でも、

 

  • 気温30℃、湿度70%を超えると不快に感じてくるのでエアコンをつける
  • エアコンの設定温度は、室温28℃くらいになるように設定する

 

という、だいたいの目安があると、罪悪感なくエアコンが使えます。

 

そんな事で罪悪感を覚えるのか、と思われるかもしれませんが、あれこれ気にしてしまう気質なので、どうしてもそう思ってしまうんですよね。

 

どんなことでもそうですが、「根拠」があると、安心して行動ができます。

 

たかがエアコンで…と自分でも思いますが、一つ問題が解消して良かったと思います。

 

夏はエアコンを何度からつける?設定温度はどうする?―おわりに―

会社勤めをしていた時、エアコンの設定温度が28℃になっていました。

 

でも、その温度設定では、皆とても暑がっていて、仕事どころではありませんでした。おそらく、室温は28℃以上あったと思います。

 

クールビズを推進していて、ネクタイはつけなくても良かったのですが、男性もみんな暑そうでした。

 

やはり暑いと仕事に集中できないですよね。

 

エアコンの設定温度って意外と重要だなと思いました。

スポンサーリンク

   未分類   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変な事がありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小3・HSC)の3人家族です。
地獄のワーママ歴8年、今は退職し、PTA本部役員をしています。
関西の勢いに押されながら、日々何とか生きています。
詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村