ママ友

ママ友と疲れない距離感で付き合う為に内気な私が気をつけている事は?

私には小学生の娘がいます。

 

そして娘も私も内気で人見知りです。

 

だから、できるだけ人付き合いは避けたいと思っているのですが、特にママ友との付き合いは、ある程度の距離を保とう、と思っています。

 

ぷーこ
ぷーこ
トラブルが起こるのが怖いのです。

 

そうなんです、何よりトラブルが起きると、本当に本当に大変なので、ママ友とは「程良い距離感」が大事だと思っています。

 

それにママ友って、妙に気を遣ってしまうんですよね。

 

だから、一定の距離感を保たないと疲れてしまいます。

 

ただ、人により距離感はいろいろなので、ママ友との距離感が近い人もいます。

 

内向的で人見知りの私は、「トラブルを避けるため」「疲れてしまうため」、どのような人であっても、ママ友とは距離を近づけすぎないように気を付けています。

 

では、具体的にどのような事をしているのか?お話します。

 

スポンサーリンク

 

ママ友に深入りをしない

例えば、休日に頻繁に一緒に出掛けるとか、参観日の前に一緒にランチに行くとか、そのような事はしません。

 

なぜなら、そのように一緒の時間を過ごすと、子供の事やそれ以外の事もいろいろと話をすると思います。

 

そうすると、お互いの認識の違いや価値観の違いに気づいたり、子供同士のトラブルが起こったり、トラブルの種が生まれると思うんです。

 

ぷーこ
ぷーこ
休日は家族で過ごしたいし、参観って意外と疲れるので、その前にランチに行くのはしんどい、という理由も大きいです。

 

もしトラブルが起きると、お互いに冷静になれなかったり、価値観の違いが大きく出たりして、元の関係に戻るのは難しい場合があると思うんですよね。

 

もちろん、気の合うママ友と楽しく過ごすのは良いと思います。お互いに助け合って、良い関係をずっと続けている人もいます。

 

ただ、私はもともと気が弱くて、1人でいる方が気楽なので、ママ友との「疲れない距離感」となると、わざわざ約束をして会うのはしんどいです。

 

だから、

  • ママ友とランチなどお出掛けはしない

 

しゃべる機会は、

  • 参観日や行事などで会った時

 

そしてその時は、

  • 仕事や家庭のことなど、プライベートな質問はしない
  • 人の悪口や噂話はしない

 

このようにしています。

 

ママ友を下の名前で呼ぶことはしない

ママ友と仲良くなってくると、下の名前で呼び合う人もいると思います。

 

また、距離を縮めるために、あえて初めから「下の名前で呼んでいい?」と言う人もいます。

 

ぷーこ
ぷーこ
正直なところ、下の名前で呼び合うのは苦手です。

 

「何となく気恥ずかしくて呼ぶのは苦手」、という事もありますが、ママ友と下の名前で呼び合う距離感はしんどく感じてしまいます。

 

だから、「○○ちゃんのお母さん」や「○○さん」と名字で呼ぶことが多いです。

 

ぷーこ
ぷーこ
名字で呼ぶ人は、私のまわりではあまりいないので、他人行儀に感じる人もいるかもしれませんが…

 

実は以前、娘と同級生の子のお母さんから、「下の名前何て言うの?」と聞かれ、答えると「じゃあ○○ちゃんって呼ぶね」と言われた事があります。

 

その方はとても良い方だったので、声を掛けてくれたのは嬉しく思いました。でも、

 

ぷーこ
ぷーこ
下の名前で呼び合う程の仲になるのは、しんどく感じてしまいました。

 

だから、参観などで見かけた時は挨拶をしたり、少し話したりはしますが、それ以上に話すことはありません。

 

そして、恥ずかしさもあるので、できるだけ下の名前で呼ぶのを避けて、「ねぇねぇ」などと言って話し掛けています。

 

ぷーこ
ぷーこ
下の名前で呼んだのは今までに1,2回くらいです。

 

せっかく声を掛けてくれたのに失礼かな、とも思いますが、他のママ友たちが、下の名前で呼び合って仲良さそうにしているのを見ると、

 

ぷーこ
ぷーこ
やっぱり私にはあの距離感は無理だ…

 

と思います。

 

スポンサーリンク

ママ友には敬語を使う

そして、私は基本的に、ママ友としゃべる時は敬語を使います。

 

年上のママや先輩ママばかりなので、自然とそうなった面もありますが、敬語を使うくらいの距離感が丁度良いです。

 

もちろん話しているうちに、相手がタメ口なら、タメ口になる時はあります。でも、職場で仲が良い先輩と話している時のように、基本的には敬語です。

 

子供同士が仲が良く、何年も付き合いがある人は、私に対して、「敬語でしか話してくれないな~」と思っているかもしれません。

 

ぷーこ
ぷーこ
でも、無理をしてタメ口で話すのはしんどいし、
年上だとはっきり分かっている方には敬語の方が落ち着きます。

 

ママ友と疲れない距離感を保って困ることは?

ただ私のように、ママ友には深入りをせず、下の名前で呼ぶこともなく、しゃべる時は敬語だと、「ママ友と距離を取りすぎている」と思う人もいるかもしれません。

 

でも正直なところ、ママ友とこのような距離感でも、困ったことってないんですよね。

 

むしろ内気で人見知りの私には、無理なく過ごすことができて快適です。

 

ぷーこ
ぷーこ
決してママ友が嫌いなわけではありません。

 

ただ、嫌いだから距離を取るのではなく、「自分が快適に過ごせる距離感」を保ちたいんです。

 

無理をしてママ友との距離を縮めると、それこそママ友の事を苦手に思ってしまいそうです。だから、無理をしない事が大事だと思っています。

 

ただ、ママ友とは距離を保ちますが、子供同士は別です。

 

娘の友達がうちに遊びに来ることはよくありますし、一緒に習い事に行くこともあります。

 

ぷーこ
ぷーこ
子供同士は、とても仲良くしています。

 

だから、ママ友に「いつもありがとうございます。」と挨拶はしますし、子供がお世話になったら、次はうちが何かをするようにしています。

 

その事が良かったからかは分かりませんが、今まで、トラブルが起きたことはないし、ママ友の事で悩んだ事はありません。

 

ママ友って、なぜか独特の人間関係があるな、と感じます。

 

それに子供が関わってくるので、トラブルが起きやすいです。

 

ぷーこ
ぷーこ
もしトラブルが起きたら、心配性の私は、夜も寝れないくらい悩んでしまいそうです。

 

だから、ママ友と「疲れない距離感」を保つことは、私にとっては「心の安定」を保つために、とても大事なことです。

 

ママ友と疲れない距離感で付き合う為に内気な私が気をつけている事は?―おわりに―

さっき、「トラブルが起きたことはない」と書きましたが、間接的には1度だけあります。

 

私は直接的には関わっていなかったのですが、トラブル対応は私がしました。

 

その時は本当に大変で、これでもかというくらい悩みました。

 

そしてその時に、「ママ友トラブルは想像以上に大変だ」と知ったので、よりママ友との距離感を保つようになりました。

 

とはいえ、人見知りの私は、もともとそれほどママ友との距離は近くなかったので、あまり変わりはなかったのですが、心持ちが変わりました。

 

あまり気にし過ぎるのは良くないですが、「自分にとっての心地いい距離感」を保つことって大事だなと思います。

スポンサーリンク

   ママ友   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

プロフィール

こんにちは、ぷーこです。
HSP(Highly sensitive person、とても繊細な人)という気質で、生きづらさを感じながらも、何とか生き延びています。HSPだと、学生時代、仕事、結婚・出産、PTA役員、ママ友など、いろいろと大変なことがありますよね。
ママ友などまわりの人には聞けない「HSPならではの生きづらさ」について、HSPの視点で発信しています。
夫(HSP)と娘(小学生・HSC)の3人家族です。
フルタイム共働きを経て、今は退職して子どもの不登校と向き合っています。

詳しいプロフィールはこちら

  最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログランキングに参加中!

★ 応援していただけたら嬉しいです!


HSPランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村